こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

関西フィル創立50周年記念!藤岡幸夫&関西フィル~シベリウス:交響曲全集&ヴァイオリン協奏曲

厳然たる理論と思考による絶対音楽として作曲されたシベリウスの独創的な交響曲たち。その根底には厳しい自己批判精神を持ち続けた作曲家の「強烈な感情がある」と藤岡幸夫は語る。この激しく、優しく、虚飾の無い音楽を重要なレパートリーとして20年余を共に歩んだ藤岡と関西フィルによる、魂を込めた決定版ライヴを余すところ無く収録。2020年の関西フィル創立50周年を経た今、満を持して4枚組BOXリリース!
(2020/07/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

飯森範親&日本センチュリー響によるハイドン:交響曲集 Vol.12~第83番「めんどり」、第79番、第75番(SACDハイブリッド)

日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共にスタートした「ハイドンマラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト。当盤は第22回コンサートのライヴ収録です。幾度の公演を重ね、信頼関係を築いてきた飯森と日本センチュリー響は、精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏でています。柔和で晴々とした優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえるでしょう
(2021/07/30)

クラシック 国内クラシック 交響曲・管弦楽曲

北の空の絵模様が幾重にも変化する…舘野泉 / シサスク:エイヴェレの星たち(SACDハイブリッド)

エストニアの作曲家ウルマス・シサスク(1960年生)が、2012年から14年にかけて作曲した組曲で、かねてから親交を結ぶ舘野泉に献呈されています。シサスクは幼少時代から天体観測に興味を示し、そこから独自の音階を創出、ミニマル的書法による幻想的な作風を生み出しています。舘野のピアノは、北の空の絵模様が、幾重にも変化していくような夢幻的な世界へ誘ってくれます。エイヴェレはエストニアの首都タリンから80キロに位置する土地で、ここの歴史的施設のベーゼンドルファーを使用しての収録です
(2021/07/06)

クラシック 国内クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

清塚信也が贈る癒しのアルバム!『眠るためのピアノアルバム~beautiful sleep~』

クラシック・ピアニストにとどまらない多彩な活躍を続ける清塚信也の待望の新作!クラシックの名曲やカバー曲、そして初録音を含む自身のオリジナル曲を収録。聴く人を安らかな眠りに誘うためのアレンジを施した、癒しのアルバムとなっています。初回限定盤に付属のDVDには2020年12月27日にオーチャードホールにて行われた『47都道府県ツアー2020「名曲宅配便」~ピアノが奏でる特別な時間~』昼公演の映像を収録
(2021/07/30)

クラシック 国内クラシック クラシック オムニバス

多彩な活動を繰り広げるチェリスト 海野幹雄が奏でる『白鳥 - 珠玉のチェロ小品集』

音楽一家に生まれ(父は元N響コンサートマスター海野義雄、母は元都響首席チェリスト土田由紀子、祖父は元N響ヴァイオリニスト海野次郎、伯父は元札響首席チェリスト土田英順)、桐朋学園大学アンサンブル・ディプロマコース修了、洗足学園大学付属ソリストコース修了後、ソリスト、アンサンブル、オーケストラのゲスト首席奏者として多彩な活動を繰り広げるチェロ奏者、海野幹雄による珠玉のチェロ小品集です!
(2021/07/29)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

実力派ヴィオラ奏者 安達真理が贈る、バッハの無伴奏作品との魂の対話『J.S.BACH Suites & Partita』

インスブルック響で副首席ヴィオラ奏者を務めたのち、帰国後もパーヴォ・ヤルヴィ氏率いるエストニア祝祭菅に参加するなど海外でも活躍を続け、今年度より日本フィルハーモニー交響楽団の客演首席奏者に就任した実力派の安達真理。2枚目のアルバムは、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番、そして無伴奏チェロ組曲第6番を収録。特典として192KHz / 24bitハイレゾ音源2曲が楽しめるダウンロード用QRコード付き!
(2021/07/29)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック 国内クラシック

初出ライヴ!田中希代子/1952年ジュネーヴでのベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番第1楽章

驚愕の録音がフランス国立視聴覚研究所(INA)に残っていました。1952年に行われた第14回ジュネーヴ国際コンクールのピアノ部門で田中希代子が日本人初の最高位(1位なしの2位)に入賞、そのガラコンサートのライヴ。ジュネーヴの5年後、フランスの放送用に収録されたスカルラッティのニ短調のソナタと平尾貴四男のピアノ・ソナタの第1、3楽章も非常に貴重。ニッポン放送所蔵の超お宝音源、かつて田中希代子の夫君だった宍戸睦郎のピアノ協奏曲をカップリング
(2021/07/27)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽 国内クラシック

オーボエ奏者、広田智之とギタリスト大萩康司のデュオ・アルバム!『カンティレーヌ』(SACDハイブリッド)

日本を代表するソロ・オーボエ奏者として活躍する広田智之と、名ギタリスト大萩康司のデュオ・アルバムです。今作では美しいメロディが溢れるロマン派を中心とする作品集となりました。注目はシューマンの“3つのロマンス”のギター伴奏版。その他、オーボエとギターのオリジナルのコストの作品や、ソルによるモーツァルトのオペラ・アリアなど収録
(2021/07/27)

クラシック 国内クラシック ブラス

スーパー・ブラス・アンサンブル「ARK BRASS」がついにデビュー!『イージー・ウィナーズ~PJBEへのオマージュ』(SACDハイブリッド)

金管楽器界の名手たちが集結した「ARK BRASS」。佐藤友紀(トランペット)、福川伸陽(ホルン)、青木昂(トロンボーン)、次田心平(テューバ)の4人がコアメンバーとなり、さらにアソシエイトプレイヤーが参加し金管五重奏から大型のブラス・アンサンブルまで演奏。このデビュー・アルバムでは、フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの偉業を称え、彼らの得意としたレパートリーを取り上げました!
(2021/07/27)

クラシック ブラス 国内クラシック

ロー磨秀『Melange』~パリ音楽院首席の多才なピアニストが放つ初のクラシック・アルバム

Melangeはフランス語で“ミックスしたもの"という意味を持ち、日本とイギリスの血を引き、POPSとクラシックを行き来し、フランスものを基点として様々な作風の曲が入っているクラシックのアルバムとなった今作を象徴するタイトル。配信済みの楽曲に加え、ガーシュウィンの「Summertime」をヴォーカル入りで収録し、両面を見せられるアルバムとしてCD化する。(日本コロムビア)
(2021/07/22)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

『黛敏郎の雅楽 昭和天平楽』~47年ぶりの蘇演に導いた音楽評論家 片山杜秀氏のお話と共に初CD化!

《昭和天平楽》は通常の雅楽では使用されない古楽器が必要なことなどから、長く音源を聴くことができませんでした。ここでは公益財団法人サントリー芸術財団より提供された、初演から47年ぶりに「サントリー芸術財団 サマーフェスティバル2017」で演奏された音源を用い、さらに同音楽祭の総合プロデューサーを務めたた音楽評論家 片山杜秀氏による「作曲家 黛敏郎と昭和天平楽」についての語り下ろし音声を加えた特別盤として初のCD化を実現しています
(2021/07/22)

クラシック 現代音楽 国内クラシック

天衣無縫のピアニスト、紀平凱成による初のフル・アルバム!『FLYING』

感性溢れる異才ピアニスト、紀平凱成の初となるフル・アルバムが遂にリリース!コンサートでも人気の“Winds Send Love”をはじめコロナ禍に祈りを込めて書き上げた“No Tears Forever""Songs Over Words”といった自作曲のほか、カイルが愛してやまないカプースチンのピアノ曲を収録
(2021/07/21)

クラシック 国内クラシック

音の料理人TSUKEMENが放つ最新作!『HAPPYキッチン』

結成12年目を迎えるTSUKEMEN。クラシックあり、ダンスミュージックあり、映画音楽あり! 古今東西世界の名曲を変幻自在にクッキング。TSUKEMEN流音楽のごちそうをお楽しみください。クラシックとポップス、映画音楽のミックスのほか、TSUKEMENオリジナル、NHK「きょうの料理」とのコラボ曲“HAPPYキッチン”やテレビ信州タイアップ曲“天竜川”など楽しさいっぱいの一枚です。(キングレコード)
(2021/07/28)

クラシック 国内クラシック クラシック オムニバス

広瀬悦子がブルガリアの近代作曲家パンチョ・ヴラディゲロフのピアノ作品を録音!

広瀬悦子の最新盤は、数年来ブルガリアの近代作曲家パンチョ・ヴラディゲロフ作品に惹かれ、この企画も彼女の強い希望で実現させたという渾身の一枚。オーケストラ版でも親しまれている“10の印象”と“ブルガリア組曲”に、“前奏曲 Op.15”の3曲を収録。広瀬本人による日本語解説も読み応え満点です
(2021/07/20)

クラシック 国内クラシック 現代音楽

西脇義訓&デア・リング東京オーケストラ/ビゼー: 交響曲、ワーグナー: ジークフリート牧歌、シューベルト: 未完成

デア・リング東京オーケストラは、ワーグナーの聖地バイロイト祝祭劇場の響きを理想として命名したこともあり、創立時よりワーグナー演奏をひとつの目標としてきましたが、まずは「ジークフリート牧歌」でその第一歩を踏み出しました。ビゼーの交響曲と「ジークフリート牧歌」は2021年2月に開催した府中の森芸術劇場「ウィーンホール」での公開録音。「未完成交響曲」は2019年9月に東京オペラシティ コンサートホールで行われた公演の折に収録されています
(2021/07/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

ドイツ音楽の継承者!浮ケ谷孝夫~ブルックナー:交響曲第4番“ロマンティック”

ドイツに浮ケ谷あり!と人に知られたマエストロ浮ケ谷。今やドイツでも見掛けなくなったドイツ的修業で叩き上げた真の巨匠です。今までは珍曲秘曲の録音が多いきらいがありましたが、満を持して登場するのが最新ライヴ録音であるこの「ロマンティック」です。東京21世紀管弦楽団はメンバー表をみればビックリの名手揃いのオーケストラ。流行におもねらない、衒いのない率直で深々とした風情にあふれる大自然が鳴り出すようなブルックナー讃歌
(2021/07/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

北村朋幹/ジョン・ケージ:プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード(SACDハイブリッド)

ケージ作品における北村朋幹の演奏とプリパレーションは、 1956年製造のスタインウェイを「色彩楽器」へ見事に変身させています。また、その後に収録された連続する5度の響きによるグリーグの「鐘」では、作曲家の夢を密やかに呼び覚まします。ケージはピアノ学習時期にグリーグに熱中し、その作品演奏のみに一生を捧げることを夢見ていたのです。鍵盤作品CD史上、特筆すべき作品の登場!!
(2021/07/14)

クラシック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

尾高忠明&大阪フィル/ブルックナー:交響曲第9番二短調(コールス校訂版)

尾高の父尚忠氏はその晩年にこの作品を指揮し、終演後「ブルックナーさん良かったね。天国へ行けて」と涙を浮かべて語ったと伝えられています。10代よりこの作品に傾倒する尾高は、30代前半で初めて指揮して以来、演奏を重ねてきました。そして「嬉しくなるような音が出る」大阪フィルとの共演で、初のCDリリースを決意します。「この縁ある曲に、生涯を掛けて向き合う」尾高。確信に満ちたその演奏は、峻厳、神秘的な響きで彩られ、聴く者を天国の門へと誘います
(2020/10/05)

クラシック 国内クラシック 交響曲・管弦楽曲

ホルン奏者、福川伸陽の新録音は、鈴木優人との共演でモーツァルト:ホルン協奏曲全集!(UHQCD)

今をときめくホルン奏者、福川伸陽と作曲家や指揮者として大活躍の若さ俊英、鈴木優人とコンビを組んだ、モーツァルトのホルン協奏曲全集。カデンツァは世界が認める作曲家、藤倉大、狭間美帆そして、鈴木優人が作曲。最高の仲間たちと奏でる最高のモーツァルトをご堪能ください。(キングレコード)
(2021/07/13)

クラシック 国内クラシック ブラス 協奏曲・室内楽・器楽

〈タワレコ/広島WO/ブレーン共同企画〉下野竜也&広島ウインドオーケストラ/「エルサレム讃歌」-アルフレッド・リード讃!-

吹奏楽の巨匠であるアルフレッド・リードの生誕100年企画盤を、広島WOの音楽監督も務める下野竜也氏指揮の演奏でリリース!今年(2021年)はリードの生誕100年を祝う演奏会が各地で開催されていますが、その中から5月29日に広島で行われた広島WOの定期演奏会での3曲をメインに、過去の定期演奏会からの2曲を加え、リードを讃える記念盤としてリリースいたします。吹奏楽の枠を超えた純粋なクラシック芸術と言えるリードの決定盤をぜひお聴きください
(2021/07/09)

クラシック ブラス 国内クラシック