こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ザ・シックスティーンの新録音は、2023年に没後400年を迎えるウィリアム・バード:詩篇、歌曲およびソネット集!フレットワークも参加

ハリー・クリストファーズ率いるイギリスの合唱団「ザ・シックスティーン」。新録音はイギリスのルネサンス期を代表するウィリアム・バード(c.1543-1623)の、2023年の没後400周年に向けた記念盤。世界最高のヴィオール・コンソート、フレットワークが参加し収録しました!
(2022/08/16)

クラシック 古楽・バロック

ベスティオン・ド・カンブラ&アンサンブル・レ・シュルプリーズ~ラモー:“アストレの帰還”、“シバリスの住民たち”

フランスの古楽アンサンブル「アンサンブル・レ・シュルプリーズ」の新録音は、ラモーの希少録音となる1幕の歌劇2作品。ポンパドゥール夫人の肝煎りで複数回上演された音楽劇《愛の驚き》から、過去に録音されることのなかったプロローグ(序幕)と、1757年の再演時に新たに挿入された第2幕の原型となった“シバリスの住民たち”を収録
(2022/08/12)

クラシック 古楽・バロック オペラ

ベルナルディーニ率いるゼフィーロの新録音!『ヴェネツィアへのグランド・ツアー』~ドレスデン宮廷楽団におけるヴェネツィア楽派の影響~

アルフレード・ベルナルディーニ率いるゼフィーロの新録音は、18世紀当時ヨーロッパ最高のオーケストラと称されたドレスデン宮廷楽団が、ドレスデン宮廷を訪れたヴェラチーニやロッティらの作品も含め、強く影響を受けたというヴェネツィア楽派の作品をプログラム!
(2022/08/12)

クラシック 古楽・バロック

セバスティアン・ドセが再構成!アンサンブル・コレスポンダンス~マシュー・ロック:歌劇“プシュケ”(2枚組)

イギリスのオペラ史初期における重要な傑作“プシュケ”の登場!フランスでルイ14世の肝いりで制作され大成功をおさめたリュリ作曲の“プシュケ”に影響を受け作曲された英国版“プシュケ”は、演劇、歌、ダンスといった要素のほか、装置や背景といった実際の舞台面もこのうえなく豪華な上演がなされた作品です。楽譜が消失している部分をドセは、リュリとロックの既存の作品から、場面にふさわしいものを注意深く選び、この英国版“プシュケ”を再構成して完成させています
(2022/08/10)

クラシック 古楽・バロック オペラ

クイケン&ラ・プティット・バンドがマリオ・セラッチャを迎えて録音!J.S. バッハ:チェンバロ協奏曲集第1集

2022年に結成50周年を迎えたラ・プティット・バンドが、ついにチェンバロ協奏曲の録音をスタート!メインでソロを弾くマリオ・セラッチャはこれまでもラ・プティット・バンドの奏者としてチェンバロを弾いてきました。全3巻からなる予定で、1台と2台用のチェンバロ協奏曲に、ヴァイオリン協奏曲2曲とヴァイオリンの二重協奏曲を組み合わせて構成されていきます
(2022/08/05)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

フェデリコ・マリア・サルデッリ&モード・アンティクォ~ヴィヴァルディ:3声のセレナータ RV690

フェデリコ・マリア・サルデッリが、自身が創設した古楽オーケストラ「モード・アンティクォ」とともに贈るGlossa(グロッサ)録音第2弾。今回はヴィヴァルディのセレナータのなかでももっとも知られておらず、ある意味でもっとも謎めいた作品とも言われる“3声のセレナータ RV690”を録音
(2022/08/05)

クラシック 古楽・バロック

サルトル&古楽アンサンブル「レゾンブル」~ジェルヴェ:王室礼拝堂のためのグラン・モテ集

ルイ15世の幼少期に摂政を務めたオルレアン公に音楽教師として仕えたシャルル=ユベール・ジェルヴェ(1671-1744)。これまで録音もほとんどありませんでしたが、今回晴れやかな“ユビラーテ・デオ“や悲哀の表現が美しい“ミゼレーレ“、曲中さまざまな箇所で各楽器の味わいが活きる小編成解釈が際立つ“バビロンの流れのほとりで“と、作曲家自身とゆかりの深い礼拝堂で3曲収録されました
(2022/08/05)

クラシック 古楽・バロック

2021年パリ・オペラ=コミック座で上演!サヴァール&ル・コンセール・デ・ナシオンによるモンテヴェルディ:歌劇“オルフェオ”

古楽界の巨匠ジョルディ・サヴァールが、ル・コンセール・デ・ナシオンを率いて2021年6月にパリのオペラ=コミック座でライブ収録した歌劇“オルフェオ”の映像が登場!エウリディーチェ役にルチアーナ・マンチーニ、オルフェオ役にマルク・モイヨン。ポリーヌ・ベール演出による舞台は、何もない空間に、歌手・ダンサーらによって持ち込まれる深紅の花々で地上の世界を、モノクロームの舞台美術で地下の世界を表わすという簡素ながら印象的なもの。日本語字幕付き
(2022/08/04)

クラシック 古楽・バロック オペラ

アグニュー&レザール・フロリサンによるヴィヴァルディ:ヴェネツィアの「大ミサ曲」

アグニュー率いるレザール・フロリサンの新録音。ヴィヴァルディの現存する完成された宗教曲「グローリア」などと、ヴィヴァルディのほかの楽曲に、旋律を変えずにミサ通常文のテキストをあてはめ(コントラファクトゥム)たものを組み合わせて、ひとつの完成した「ミサ曲」を作り上げました
(2022/08/04)

クラシック 古楽・バロック

ラ・セレニッシマが描く、ピエタ院のためのヴィヴァルディ作品集!『ヴィヴァルディの女性たち ~ ピエタ院の女性奏者&歌手のための器楽&宗教的声楽作品』

ヴィヴァルディが教師を務めたピエタ院の女性奏者や歌手のための貴重な作品集。ヘ長調のヴァイオリン協奏曲は世界初録音になります。また、ストラディバリウスが設計したヴィオラ・ダモーレや、ヴィヴァルディ自身が発明したトロンバ・マリーナ風ヴァイオリンといった今では珍しい古楽器の協奏曲も併せて収録されており、当時の演奏会の様子を窺い知ることが出来る貴重なアルバムに仕上がっています
(2022/08/02)

クラシック 古楽・バロック

ジュリアン・ショヴァン&コンセール・ド・ラ・ローグによる『ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集~ピゼンデルとその周辺』

Naiveレーベルのヴィヴァルディ・エディションの最新盤は、ヴァイオリン協奏曲第10巻目となる「ピゼンデルとその周辺」。タイトルが示すとおり、ヴィヴァルディと同時代にドレスデンで活躍した当時最高峰のヴァイオリン奏者、ピゼンデルに捧げられた、あるいは彼にまつわる作品が収録されています
(2022/08/02)

クラシック 古楽・バロック

ブラム・ファン・サムベークによるオール・バッハ・プログラム!『バッハ・オン・ザ・バスーン』(SACDハイブリッド)

ファゴット(バスーン)奏者ブラム・ファン・サムベークの新録音は、オール・バッハ・プログラム!鍵盤、フルート、チェロに書かれた独奏作品をファゴットで演奏しました。注目は“パルティータ第2番”で、自身の編曲でなんと8重奏版で多重録音!
(2022/08/02)

クラシック ブラス 古楽・バロック

DG、デッカの名盤を厳選した究極のカタログシリーズ『クラシック百貨店』から「クロニクル(年代記)」シリーズがリリース!(100タイトル)

グレゴリオ聖歌からマックス・リヒターまで、これだけは聴いておきたい王道のクラシック名曲を「ルネサンス」「バロック」「古典派」「ロマン派」「近現代」と音楽史に沿って分類、それぞれの時代の名曲名盤を、ドイツ・グラモフォン、デッカの名盤から100タイトルをセレクト!4回に分けてリリースされます
(2022/08/02)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック 現代音楽

クリストフ・ルセ&レ・タラン・リリク、シリル・デュボワがクープランの新たな側面を明らかに!『クープラン:親密の領域』

フランソワ・クープランといえばフランス・バロックならではの美しさあふれるクラヴサン曲で知られますが、彼の最初の出版楽譜には「スタンケルク」をはじめとするいくつかのソナタのほか多くのエール・セリュー(愛や牧歌的場面を扱った歌)が含まれていました。ルセとシリル・デュボワがこれらクープランの作品中あまり知られていない部分をまとめ、新たな側面を明らかにする画期的な試み。(キングインターナショナル)
(2022/07/29)

クラシック 古楽・バロック

ドゥース・メモワールによるデュ・ベレーの詩にもとづくルネサンス期の作曲家たちの作品集!『ユリスのごとく旅する者の幸せよ』

フランス・ルネサンスの詩人ジョアシャン・デュ・ベレー(1522-1560)。ドゥース・メモワールは今回、デュ・ベレーの詩にもとづくルネサンス期の作曲家たちの作品を厳選。抜群の古楽歌唱を聴かせる声楽陣、素朴にして妖艶な音色が美しい古楽器奏者たちが織りなす多様な編成で、16世紀フランス声楽の美の真相に迫ります
(2022/07/29)

クラシック 古楽・バロック

デュメストル&ル・ポエム・アルモニークによる『主が建ててくださらなければ』~対抗宗教改革期からバロック期にかけての独唱教会音楽

ヴァンサン・デュメストル率いる古楽器合奏団、ル・ポエム・アルモニーク。対抗宗教改革期からバロック期にかけてのイタリアの独唱教会音楽を収録。主宰者デュメストルはイタリア南部の伝統楽器コラシオーネとバロックギターを適宜持ち替え、時に民俗音楽をも思わせる柔軟な歌唱を聴かせる声楽陣とともに、生々しいイタリア教会音楽の真相に迫ります。ソプラノのエヴァ・ザイシクも参加
(2022/07/29)

クラシック 古楽・バロック

アリーナ・イブラギモヴァ~テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア

バロックから新作委嘱作品までをモダン楽器とピリオド楽器の双方で演奏するロシアのヴァイオリニスト、イブラギモヴァ。バッハ、パガニーニ、イザイなどバロック~近代の無伴奏ヴァイオリンのための録音で高く評価されてきた彼女がついにテレマンの無伴奏を録音。普段使用しているアンセルモ・ベッロシオ1775年頃製のヴァイオリンではなく、Jumpstart Jr. Foundationから貸与されたアンドレア・アマティ1570年製のヴァイオリンを使用している点も大きなポイントです
(2022/07/26)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ルノー・カピュソン&ローザンヌ室内管~ヴィヴァルディ“四季”&サン=ジョルジュ:ヴァイオリン協奏曲

2021年秋、ルノー・カピュソンはローザンヌ室内管弦楽団芸術監督に就任。このコンビによる最初の本格的な録音(ヴァイオリンも演奏)は、アルヴォ・ペルトの空間と時間の概念は超越した演奏で高評価を得ました。その2枚目のアルバムでは名曲中の名曲《ヴィヴァルディ:四季》の録音となります。カップリングには、アフリカ系の母親の血を引いたため褐色の肌色を持ったサン=ジョルジュのヴァイオリン協奏曲
(2022/07/22)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

Et'cetera 創立40周年記念!10~11枚組×4種類の完全限定記念BOXがリリース!『古楽』『バロック音楽』『古典派&ロマン派』『20世紀』

オランダ/ベルギーの老舗レーベル「Et'cetera」の創立40周年を記念して、10枚組×4種類の完全限定記念BOXがリリースされます。創立40周年記念BOXは、レーベルが築いてきた膨大な録音遺産の中から、「古楽」、「バロック」、「古典派&ロマン派」、「20世紀」と時代ごとに10~11枚ずつ厳選した、4種のコレクション・ボックスとなります
(2022/07/22)

クラシック 古楽・バロック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

CPO レーベル~2022年8月発売新譜情報(5タイトル)

今回は歌曲作曲家カール・レーヴェの2曲の交響曲に、ドイツ後期ロマン派の作曲家ハンス・ガルのピアノ四重奏曲、レーガーのオルガン作品集第8集(SACDハイブリッド2枚組)、C.P.E.バッハと親交のあった作曲家E.W.ヴォルフの鍵盤作品集、そしてインスブルック古楽音楽祭で350年ぶりに蘇演されたパスクィーニの歌劇“イダルマ”の、CD5タイトルがリリースされます
(2022/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック