こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ブロムシュテットがライプツィヒ・ゲヴァントハウス管とブラームスの交響曲第1番をライヴ収録!

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管を振ったブロムシュテットの録音といえば、ACCENTUS MUSICレーベルからリリースしているベートーヴェン交響曲全集(KKC 5802 / ACC 80322CD)がベストセラー盤ですが、当録音は「ベートーヴェンの交響曲第10番」とも称されたブラームスの交響曲第1番ということでも注目といえます
(2020/07/31)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ズービン・メータの旧EMI&Teldec音源を全て収録!『ワーナー録音全集(27CD+3DVD)』

27枚のCDに加え、3枚のDVD[ローマ市内での劇の設定した時刻と場所を再現した全世界にライヴ中継された「プッチーニ:トスカ」/1994年のドジャー・スタジアムでの三大テナー・ライヴ/1990年パールマンとのロシア・ツアーからのドキュメンタリー・フィルム部分]も収録されています。初出LPのデザインによる紙ジャケットに収納。ブックレットには、歌詞対訳は付いておりません
(2020/07/31)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

ロト&シエクル~ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》&ゴセック:17声の交響曲

ロトとレ・シエクルは《運命》をベートーヴェンとフランスの特別な関係にテーマの中心を置いています。ロトは交響曲第5番「運命」にフランス革命や革命歌の影響が感じられるとしています。今回の録音は2019年のベーレンライター版楽譜を使用、管楽器はレプリカながら1800年代初頭のドイツ製楽器を用いています。カップリングは《運命》からの影響が指摘されるゴセックの《17声の交響曲》!
(2020/07/30)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ヤーコプス&ビー・ロック・オーケストラのシューベルト第2弾は交響曲第2&3番(SACDハイブリッド)

ルネ・ヤーコプス率いるビー・ロック・オーケストラのシューベルトの交響曲録音全集。好評を博した交響曲第1番&第6番を収録したアルバム(PTC 5186707)に続き、期待の第2弾では第2番と第3番を録音しました。前作に続き音楽家としての経験値と鋭い耳、そして深い知識を持つヤーコプスが満を持して録音しました
(2020/03/06)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

上岡敏之&新日本フィル~ドヴォルザーク:交響曲第9番“新世界より”「すみだ平和祈念音楽祭2019」のライヴ録音!(SACDハイブリッド)

2019年3月11日に行われたすみだトリフォニーホール主催による公演「すみだ平和祈念音楽祭2019」のライヴ録音。終演後にはお客様からCD化を望む声が多く上がりました。故郷への想いが沸き上がるドヴォルザークのノスタルジックな旋律は哀愁と美しさを湛え、祈りの音楽へと昇華していきます
(2020/07/29)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック

クルレンツィス&ムジカエテルナ~ベートーヴェン:交響曲第7番

今やクラシック音楽階を超えた人気を博しているギリシャ出身の指揮者、テオドール・クルレンツィス指揮するムジカエテルナによるベートーヴェン・アルバム第二弾! 4月にリリースした『運命』交響曲に続くチクルス第二弾は、ワーグナーをして「舞踏の聖化」と言わしめた壮大なリズムの祭典とも言うべき「交響曲第7番」の登場です。国内盤のみ高品質Blu-specCD2仕様
(2020/07/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

サヴァール&ル・コンセール・デ・ナシオンによるベートーヴェンの交響曲録音!一挙に“交響曲第1番-第5番”が登場!(3枚組SACDハイブリッド)

2020年はベートーヴェーン生誕250年!注目のジョルディ・サヴァール&ル・コンセール・デ・ナシオンによるベートーヴェンの交響曲録音が一挙に“交響曲第1番-第5番”、3枚組SACDハイブリッドで登場!この録音にあたり、サヴァールは当時使用された楽器、およびそれに近い楽器をそろえ、メンバー数も50-60名と当時なされていたと考えられるのと同じ規模で録音に臨みました
(2020/07/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

レインベルト・デ・レーウが亡くなる数週間前に残した、自らの編曲版マーラー“大地の歌”の録音が登場!

2020年2月14日、81歳で亡くなったピアニスト、指揮者レインベルト・デ・レーウ。亡くなる前の月に、自らが編曲したマーラーの“大地の歌”の録音を残していました。アルト(メゾ・ソプラノ)とテノールという独唱はそのままに、大管弦楽は木管五重奏、弦楽四重奏を基本に、低音楽器、鍵盤楽器、ハープ、打楽器を加えた15名編成のアンサンブルに置き換えられています
(2020/07/28)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

ヴァルト&ケルン・ギュルツェニヒ管~ハンス・ロット:管弦楽作品集第1集

Capriccioレーベルから幻の天才ハンス・ロットの管弦楽作品シリーズ始動!第1集となる今作は、世界初録音となる“「ハムレット」序曲(再構築版)”を含む全6作品が収録されています。師ブルックナーを思わせる厚みのある響きが存分に楽しめるロットの作品をお楽しみください
(2020/07/27)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

フィリップ・ジョルダン&ウィーン交響楽団~ブラームス/交響曲全集(4枚組)

前作、ベートーヴェンの交響曲全集(WS018)で、各曲に斬新な解釈を加えながらスマートな演奏を披露し高く評価されたフィリップ・ジョルダン。2020年にウィーン交響楽団の音楽監督をアンドレス・オロスコ=エストラーダに引き継ぎ、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任する彼が、2019年9月に録音したブラームスの交響曲ツィクルスが登場します
(2020/07/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

マリス・ヤンソンス&バイエルン放送響~ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 2014年ライヴ

2014年4月から5月にかけて収録されたヤンソンスの指揮によるショスタコーヴィチの交響曲第5番。大成功を収めたミュンヘンでのこのコンサートの直後、ヤンソンスは同曲を携えアメリカ大陸ツアーに出発。ブエノスアイレスを皮切りに行われたコンサートは、各地で大絶賛されました
(2020/07/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

バレエの名指揮者リチャード・ボニング90歳記念『バレエ音楽録音全集』(45枚組)

今年2020年、90歳の誕生日(9月29日)を迎えるオーストラリアの巨匠リチャード・ボニングはバレエの指揮者としても有名です。デッカに行ったバレエ音楽の録音がCD45枚組BOXセットにまとめられました。ボニングはイギリスの花形バレリーナ、アリシア・マルコヴァと協力し、あらゆる時代のバレエを積極的に復活させた一人で、不当に忘れられていた多くのバレエの傑作の唯一の録音を行うなど、熱心な活動を続けてきました
(2020/07/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

オーロラ管弦楽団がDGデビュー!『ミュージック・オブ・スフィアーズ』(天球の音楽)

世界で最もクリエイティヴなオーケストラと話題のオーロラ管弦楽団がDGデビュー!ポスト・クラシカルの最重要人物、マックス・リヒター作曲による委嘱新作“ジャーニー(CP1919)”が収録されたデビュー・アルバムは、暗譜でスタジオ録音されたモーツァルトの“交響曲第41番「ジュピター」”に、ペッカ・クーシストを迎えてアデスの“ヴァイオリン協奏曲「同心の道」”など個性溢れる選曲の意欲作です
(2020/07/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 現代音楽

4手オルガンで聴くドヴォルザークの《新世界より》!!

ただでさえ壮麗なグランド・オルガンを4手で操りレジストレーションも様々に工夫して音色を豊かにしたドヴォルザークの「新世界より」全曲とリスト後期の傑作ピアノ曲でオーケストラ編曲版もある2つの伝説から「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」を収録。宇宙全体が轟くような豊饒なオルガンの響きをお楽しみ下さい
(2020/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

クラシックの王道名曲から映画音楽まで!ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団名演集(10枚組)

このBOXはロイヤル・フィルによるデジタル録音により、世界最大のクラシック音楽の祭典「プロムス」のクライマックスを仮想体験するような選曲がなされています。モーツァルト、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ヴェルディ、ワーグナー、ブラームスなどの名曲から、「ジェームズ・ボンド」や「ゴッドファーザー」のような映画のテーマ音楽まで含まれています
(2020/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

アバドの珍しいライヴ!ウィーン・フィルとのブルックナー交響曲第1番&シカゴ響とのハイドン協奏交響曲

DOREMIのレジェンダリー・トレジャーズ・シリーズより、アバドの珍しいライヴ録音がリリースされます。ブルックナーの交響曲第1番(1972年、ウィーンでのライヴ)はメロディアで出ていたものと同音源のようです。シカゴ響の名手たちをソロにしたハイドンの協奏交響曲(1980年、シカゴでのライヴ)も収録しています
(2019/07/12)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

追悼発売!自作自演の名映像「モリコーネ・コンダクツ・モリコーネ」がブルーレイ化!

2020年7月6日に亡くなった作曲家、モリコーネが2004年にミュンヘン放送管弦楽団とミュンヘンのフィルハーモニー・ガスタイクで行ったコンサートの映像をデジタル・リストアしてブルーレイ化したもの。このコンサートは、モリコーネの息子ジョヴァンニ・モリコーネが監督を務めており、モリコーネの映画音楽人生を振り返るような内容で、途中には映画の場面が映し出されるなど、ファン必見の演出がなされています
(2020/07/21)

クラシック サウンドトラック 交響曲・管弦楽曲 クラシック オムニバス

CPO レーベル~2020年8月27日発売新譜情報(7タイトル)

知られざる名曲の発掘、古楽から現代まで幅広く揃えたコレクション、高品質の録音で人気を誇るドイツのCPOレーベル。今回はスローン&ボーフム響によるシュレーカーの管弦楽作品集第1集に、ダントーネ&アカデミア・ビザンチナによるチェスティの歌劇《ラ・ドーリ》、ドイツの作曲家エミーリエ・マイヤーの交響曲第1番&第2番、カメラータ・ケルンのテレマン:室内協奏曲集第2集などCD7タイトルがリリースされます
(2020/07/21)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック

藤岡幸夫&東京シティ・フィル~伊福部昭:舞踊曲《サロメ》&芥川也寸志:交響曲第1番

このCDは、「日本の傑作を後世に残したい」と活動する指揮者の藤岡幸夫と東京シティ・フィルの熱意に応えたスタッフが集って完成しました。世界中のオーケストラで活躍する指揮者の藤岡幸夫のライフワークは日本の作品を普及することです。その藤岡が、2019年4月から東京シティ・フィルの首席客演指揮者に就任したタイミングでこのCD録音が計画されました。共にオリジナル譜を検証した決定版によるライヴ録音です
(2020/07/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 国内クラシック 現代音楽

タワーレコード×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション第8弾!セル、R.ゼルキン、ミュンシュ

第8弾はジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団のドヴォルザーク&スメタナ、ルドルフ・ゼルキンとセルによるブラームス&モーツァルト/ピアノ協奏曲集、ミュンシュのベルリオーズの3タイトル。門外不出のオリジナル・アナログ・マスターを外部スタジオに持ち出した上で万全の状態で再生し、今回の発売のために新たにDSDリマスタリングを行ないました。長らく発売延期となっておりましたが2020年9月9日(水)発売が決定いたしました
(2020/07/20)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽