こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

男声ア・カペラ・アンサンブル「ジェズアルド・シックス」の新録音は亡き人を偲ぶ作品や亡き人の魂のための作品の数々!『永遠の光』

無力感を見事に表現したタリスとバードの作品、人生の終わりを迎えようとする人々の安心のため一連の問いかけを提示するタヴナーとモラレスの作品、悲しみに打ちのめされないように人生のすべてを楽しむよう呼びかけるエレナ・デイリとジョアンナ・マーシュの作品など、本作は追悼や喪失の悲しみに対する音楽がテーマとなっています。(東京エムプラス)
(2022/06/23)

クラシック オペラ 古楽・バロック

ドイツ・グラモフォン、デッカ『クラシックDVD名盤セレクション2022』(30タイトル)~史上最安値のDVDキャンペーン第3弾!

2年連続ご好評いただきましたDVDキャンペーンの第3弾!クライバー、ポリーニ、ツィメルマン、ムター、フレミングといった初プライスダウンを含む名演奏家たちの映像を厳選!2022年、生誕110年・没後25年を迎えたショルティの『ワーグナー:楽劇《ニーベルングの指環》メイキング・オブ・レコーディング』もラインナップ。日本語の字幕付きで1枚組1,980円、2枚組2,970円(税込)!
(2022/06/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック

CPO レーベル~2022年7月第2回発売新譜情報(7タイトル)

今回は再案内となるミヒャエル・コルスティックのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全8曲に、ボロヴィチ&ベルリン・ドイツ放送響によるアルヴェーン: 交響的作品集第3集、ガウデンツ&イェナ・フィルによるヴォルフ: 管弦楽伴奏歌曲集と交響詩「ペンテジレア」、シルマー&ミュンヘン放送管によるロルツィングの珍しい歌劇“提督”など、CD7タイトルがリリースされます
(2022/06/22)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 古楽・バロック

若きソプラノ、ファトマ・サイードの2ndアルバム『カレイドスコープ』がCDと180gアナログLPで発売!

1991年エジプト生まれの若きソプラノ、ファトマ・サイード。セカンドアルバム『カレイドスコープ』は、幼い頃からのダンスへの愛情に端を元にしています。クラシック、タンゴ、そしてポピュラー曲まで幅広いジャンルを歌うだけでなく体で表現しているのがわかるような歌唱を示しています。ゲストもジャズやタンゴの大御所から、ワーナークラシックスの海外では既に大人気と実力の新鋭アーティストら参加しています
(2022/06/17)

クラシック オペラ

デセイとプラッソンによる決定的名盤!ドリーブ:歌劇“ラクメ”全曲(2枚組)が廉価盤で復活!

美しい声、完璧な技法、妖艶な歌の魅惑。ラクメを演ずるために生まれたようなデセイがここでは起用され、存在感のあるファン・ダムのニカランタをはじめ共演者にも隙がありません。プラッソンの指揮も冴え渡っており、録音に恵まれなかったこのオペラの決定的な名盤です。多くのリスナーに低価格で音楽をお聴きいただきたく、ブックレットには簡単なあらすじ(欧文のみ)のみとなり、歌詞・対訳は掲載しておりません
(2022/06/17)

クラシック オペラ

生誕150年記念『ヴォーン・ウィリアムズ: ニュー・コレクターズ・エディション』(30枚組)

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)の生誕150年を記念したボックス・セット。交響曲全集のほか、数多くのオーケストラ作品に室内楽作品、そして美しい声楽作品など、主要作といわれる作品すべて網羅したコレクターズ・ボックスです。2008年に旧EMIより発売されていたBOXですが、初回生産でその後入手出来なかったものですが、2022年の生誕150年として、一部権利上収録できない音源を入れ替えての、待望の再発売です
(2022/06/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

クリュイタンス&パリ音楽院管1958年ライヴ『ドビュッシー&ラヴェル: 管弦楽作品集』SACDシングルレイヤー化!

INA所有音源をライセンスしCD化して話題となったディスクのSACD化。限定数生産です。クリュイタンスとパリ音楽院による1日のコンサートを収録。ドビュッシーの2曲はクリュイタンスにとって正規録音がなく、特に《選ばれた乙女》はレパートリーとしても初音盤化と思われる貴重音源!ソプラノのジャニーヌ・ミショーは楽曲の勘所を見事に押さえた美しい歌唱が聴けます。通常CD版(ALT-501/2)はレコード芸術2022年3月号で特選盤に選ばれています
(2022/06/14)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ

ALTUS渾身のマスタリングで蘇るゴロワノフの芸術!モーツァルト:レクイエム〈ピッチ修正版〉

これまでトラック毎に音の高さが変わるという不完全なピッチの音盤ばかり世に出ていたため、真の凄まじさが伝わり切らず今ひとつ人気の奮わなかったゴロワノフのモツレク。おそらく初の〈ピッチ修正版〉としてこの究極演奏を世に問いなおさんとするのが当盤です。本来のテンポ・音響バランスが蘇ることで逆にさらに明白になった異形さ、恐ろしいまでの音塊となって迫り来る声楽と管弦楽の大エネルギー。聴く者を異界へといざなう空前の怪演です
(2022/06/13)

クラシック オペラ

メイキング映像付き!ブーレーズ/ワーグナー:楽劇『ニーベルングの指環』(ブルーレイ5枚組)

ブーレーズとシェローの『指環』全曲がBD5枚組BOXセット化。HDリマスタリング、DTS-HDマスター・オーディオ、サラウンド5.1、24-bitステレオPCM。英語、フランス語、スペイン語、日本語、ドイツ語字幕付き。メイキング映像は初ブルーレイ・ディスク化(BD 5)。音声は英語。フランス語、スペイン語、日本語、ドイツ語字幕付き。60ページのブックレットには全トラック・リスト、英語とドイツ語の歌詞、ブーレーズの音楽を徹底的に分析した解説も掲載
(2022/06/10)

クラシック オペラ

ガーディナーの大プロジェクト、モンテヴェルディ歌劇3部作ツィクルス「Monteverdi450」の映像収録から第三弾“ポッペアの戴冠”登場!

2017年、モンテヴェルディ生誕450周年にあたり、ガーディナーは「Monteverdi450」と銘打った一大プロジェクトを立ち上げ、2017年4月から10月にかけて世界16都市を巡る演奏ツアーを行いました。本作の歌劇“ポッペアの戴冠”は、2017年6月ヴェネツィアのフェニーチェ歌劇場での上演からの収録です。題名役ポッペアを歌うのはハナ・ブラシコヴァ!日本語字幕付き
(2022/06/10)

クラシック オペラ 古楽・バロック

ガーディナー指揮、フィレンツェ五月音楽祭2021年上演!ヴェルディ: 歌劇“ファルスタッフ”

ガーディナーがフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団を振った、2021年11月23日フィレンツェ五月音楽祭でのヴェルディの歌劇“ファルスタッフ”の映像が登場。このスヴェン=エリク・ベヒトルフ演出による“ファルスタッフ”新演出版上演時には、終演後に拍手が鳴りやまず、最後のフーガを繰り返したとのこと。日本語字幕付き
(2022/06/10)

クラシック オペラ

2021年2月、グラーツ歌劇場で上演!クルティヒ&グラーツ・フィル~ヴァインベルク:歌劇“パサジェルカ(女旅行者)”

この映像は2021年にグラーツ歌劇場での上演を収録したもの。ナジャ・ロシュキーの演出は舞台全体を暗い灰色に設定し、ブラジルへと向かう定期船上で巻き起こる元アウシュビッツの看守リーザとポーランド人の囚人マルタの胸中にわきあがる激しい感情とその葛藤を丁寧に描いていきます。日本語字幕付き
(2022/06/10)

クラシック オペラ

ジョイス・ディドナート『エデン』~CD未収録曲を追加した180g2枚組アナログLP!

世界的に大絶賛されているジョイス・ディドナートによる《エデン》が、CDには収録されなかった曲を追加して、180g2枚組アナログLP盤として、数量限定生産!今回のLP発売に当たって、CDには収録されなかった《ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集》からの4曲と、《ウッチェリーニ:5つの器楽によるシンフォニア第3番》の音源が追加で収録されます!
(2022/06/08)

クラシック オペラ

ハーディング&スウェーデン放送響とアンドルー・ステイプルズが共演!ブリテン:イリュミナシオン

ハーディング&スウェーデン放送響が緻密かつ幻想的に響かせるブリテンの独唱と器楽のための歌曲集!歌うのは、イギリスのテノール、アンドルー・ステイプルズ。“イリュミナシオン”、“セレナーデ”、“ノクターン”の3作品を収録
(2022/06/03)

クラシック オペラ

ポップス歌手ローズマリー・スタンドレーが歌うシューベルトがLP化!サンドリーヌ・ピオーとエレル・ベッソンも参加

フランスを中心に活躍し、1930-50年代のポップスを歌うバンド"モリアーティ"のヴォーカリストであるローズマリー・スタンドレーによるシューベルトの作品集。ピアノを担当するグループの中心メンバー、ジョアン・ファルジョによる、原曲のイメージを生かした美しくも物憂いアレンジで収めています。人気ソプラノ、サンドリーヌ・ピオーと女性トランペッター、エレル・ベッソンも参加。2020年発売のアルバムから、器楽のみによる4つのトラックを省いてアナログ化!
(2022/06/01)

クラシック オペラ クラシック オムニバス

バス=バリトン歌手クリスティアン・イムラーが歌うシューマン、ヴィトマン:歌曲集

バッハ・コレギウム・ジャパンとの共演でも知られるドイツのバス=バリトン歌手クリスティアン・イムラーが歌う、シューマンとヴィトマンの歌曲集。持ち前の滑らかな声と豊かな歌唱力で、作品の世界を奥深く表現しています。2018年に初演されたイェルク・ヴィトマンの“DAS HEIßE HERZ”は今回が世界初録音となります
(2022/05/27)

クラシック オペラ

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)とアンナ・プロハスカ(ソプラノ)によるクルターグ:カフカ断章

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)と、アンナ・プロハスカ(ソプラノ)という、今世界の誰しもが認めるふたりの演奏家の共演による録音が実現しました。作品は、「カフカ断章」。1926年ルーマニア生まれのハンガリー人作曲家クルターグが、フランツ・カフカ(1883-1924)の断片的な40のテキスト(クルターグ自身が選んだ)に、ヴァイオリンとソプラノという珍しい編成で作曲した作品です(1987年完成)
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ 現代音楽

〈タワレコ限定・高音質〉Definition Series第46弾 クリュイタンス~“ホフマン物語”、“ヘンゼルとグレーテル”

アンドレ・クリュイタンス(1905.3.26-1967.6.3)の旧EMI音源は2015年発売の第1回にベートーヴェンを復刻して以来、これまで当シリーズでは名盤を何度も取り上げてきました。オペラは指揮活動の初期から取り組んでおり、フランス系指揮者でありながらもドイツ系のオペラも得意としていました。今回の復刻では2度目のセッション録音となった「ホフマン物語」と、珍しくウィーン・フィルと収録を行った「ヘンゼルとグレーテル」をリリースいたします
(2022/05/26)

クラシック オペラ

CPO レーベル~2022年7月第1回発売新譜情報(6タイトル)

今回はボッケリーニの90曲ほどの作品を残した弦楽四重奏曲から、CPOに録音のある24曲をお求めやすい価格でBOX化!ほかに、ドイツ音楽史上最初のオペラとされるシュッツの歌劇“ダフネ”(ローランド・ウィルソンによる再構築版)、ヴォルフェンビュッテル城の音楽集 第6集、クーナウの宗教音楽全集 第8集などCD6タイトルがリリースされます
(2022/05/26)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック オペラ

カルロス・クライバー&エッシェンバッハのシューマン:ピアノ協奏曲1968年チェコ・ステレオ・ライヴが初登場!

チェコ放送の自主レーベル「ラジオサーヴィス」のシリーズ『プラハの春音楽祭ゴールド・エディション』第3弾。遂に!カルロス・クライバー指揮クリストフ・エッシェンバッハをソリストに迎えたシューマンのピアノ協奏曲の1968年ステレオ録音が登場!この録音は、チェコ放送に残されてはいましたが、正式なリリースはされていない貴重な音源です。カップリングはサヴァリッシュ指揮チェコ・フィルによるドヴォルザークの劇的カンタータ「幽霊の花嫁」(1980年録音)
(2022/05/26)

クラシック オペラ 協奏曲・室内楽・器楽