こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

パールマンの弟子、ランドル・グーズビーがデッカ・クラシックスよりデビュー!『ルーツ』

デッカ・クラシックスは、パールマンに師事し、スフィンクス・コンクールのジュニア部門において最年少で優勝したヴァイオリニスト、ランドル・グーズビーと契約!アフリカ系アメリカ人の父と、日本で育った韓国人の母の間に生まれたグーズビー。このデビュー・アルバムではランドルが自らのルーツを辿り、アフリカ系アメリカ人作曲家による音楽とその文化に影響を受けた作品を取り上げています
(2021/05/10)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

大井健、待望のニューアルバム!『reBUILD』

2015年のソロメジャーデビュー以来、熱狂的な支持を集めるピアニスト大井健。2020年独立を経て初のリリースとなる新作の発売が決定。コンサートで繰り返し演奏し磨いたクラシックの名曲を中心に、新たなアレンジ楽曲や自作曲も収録。今の大井健を存分に表現する1枚!(キングレコード)
(2021/05/10)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

小山実稚恵によるベートーヴェンのソナタ・アルバム第2弾!ピアノ・ソナタ第30番~第32番(SACDハイブリッド)

日本を代表するピアニスト、小山実稚恵の最新アルバムは、2020年にリリースされた初のベートーヴェン:ソナタ・アルバムに続く待望の第2弾!今回は後期3大ソナタ(第30番~第32番)集。2021年2月に軽井沢大賀ホールで収録
(2021/05/10)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

リアルキアンサンブル~モーツァルト:レクイエム(ペーター・リヒテンタールの弦楽四重奏編曲に基づく弦楽アンサンブル版)

モーツァルトの音楽のよき理解者、編曲者としてもその名を知られたペーター・リヒテンタール(1780-1853)。彼が弦楽四重奏に編曲した“レクイエム”を、リアルキアンサンブルが弦楽アンサンブル版へと拡大して録音!
(2021/05/10)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

Naxos~2021年6月第1回発売新譜情報(7タイトル)

今回は、マルク・スーストロとマルメ交響楽団によるサン=サーンス:交響曲全集がBOX化!“オリンピック賛歌”の作曲家サマラスによるデュマの戯曲に基づく歌劇《ベル=イル嬢》が世界初録音。ペンデレツキの弦楽四重奏曲第1番-第4番、現代中国の作曲家イェ・シャオガンの作品集など、世界初録音を含むCD7タイトルがリリースされます
(2021/05/10)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 オペラ 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

ホリガー&バーゼル室内管/シューベルト・ツィクルス完結編!交響曲第7番“未完成”

2018年の『グレート』から開始されたバーゼル室内管弦楽団とのシューベルトの交響曲全集録音の第5弾にして完結編です。これまでの4作品は、FONOFORUM誌、GRAMOPHONE誌などで演奏・録音ともに最高得点を獲得し絶賛されています。今回は名曲『未完成』にシューベルトが16歳の時に書いた九重奏曲『小葬送音楽』、さらに、この若書きの九重奏曲をもとにスイスの作曲家ローランド・モーザー(1943-)が書いた『エコーラウム(響きの部屋)』を組み合わせています
(2021/05/07)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

〈タワレコ限定・高音質〉Altus x TOWER RECORDS第6弾「知られざるミケランジェリ」全224分を1枚のSACDシングルレイヤーに収録!

ミケランジェリの知られざる貴重なライヴ音源を発掘しベストセラーとなったALTUS盤がタワーレコード限定で初SACD化。ベヒシュタインを弾いた75年の仏グランジュ・ドゥ・メレ・ライヴに、同時期73年のNHKホール・リサイタルと65年初来日時の読響との協奏曲の3枚分、全224分を1枚のシングルレイヤーに収録!
(2021/05/07)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

祝!アルゲリッチ80歳!バレンボイムと共演したドビュッシー:ピアノと管弦楽のための幻想曲

6月5日に80歳を迎えるアルゲリッチのアニバーサリーを祝うリリース。1年違いでブエノスアイレスで生まれ共に名教師スカラムッツァの許で学んだ二人の神童は、1949年(アルゲリッチ8歳、バレンボイム7歳)に初めて出会いました。ドビュッシーの幻想曲はアルゲリッチ初録音。ヴァイオリン・ソナタはバレンボイムの親子共演、チェロ・ソナタは気鋭の若手チェリスト、ソルターニとバレンボイム、そして交響詩《海》のカップリング
(2021/05/07)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 交響曲・管弦楽曲

イル・ディーヴォ、待望の最新アルバムはダンサンブルでポップな魅惑のモータウン・セレブレーション!『フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ』

イル・ディーヴォ、3年ぶり待望の最新アルバムは、1959年アメリカのデトロイトで設立されて以来、数々のトップ・アーティストを輩出したソウル・ミュージックの金字塔モータウン・レコーズのヒット曲の数々をカバー。ロマンティックでエモーショナルなパフォーマンスで、モータウン・サウンドに新たな光を当てます。マーヴィン・ゲイ、スモーキー・ロビンソン、ボーイズIIメンとのデュエット・トラックも収録
(2021/05/07)

クラシック クラシック オムニバス

周防亮介の最新録音は飯森範親&日本センチュリー響との共演でチャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(SACDハイブリッド)

注目を集める若手実力派ヴァイオリニスト周防亮介による、待望のコンチェルトアルバムはチャイコフスキー&メンデルスゾーン!好サポートで支える飯森範親と日本センチュリー響のアンサンブルも重厚かつ鮮やか。2020年8月、センチュリー・オーケストラハウスにて収録
(2021/05/07)

クラシック 国内クラシック

イリア・グリンゴルツがシャコンヌ(チャッコーナ)にまつわる無伴奏ヴァイオリン作品を録音!(SACDハイブリッド)

近年目覚ましい活躍を見せるイリア・グリンゴルツ。今作ではバッハのチャッコーナ(シャコンヌ)に焦点を当て、この名曲からインスピレーションを得て作曲されたハインツ・ホリガー、ロベルト・ジェラール、ブリス・ポゼ、そしてJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン作品を編んだ内容。グリンゴルツは曲に合わせて楽器と弓も変えて演奏しています
(2021/05/07)

クラシック 古楽・バロック 現代音楽 協奏曲・室内楽・器楽

ピエール=ロラン・エマールによる圧巻のベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番“ハンマークラヴィーア”&“《エロイカ》の主題による15の変奏曲とフーガ”

近現代の作品を得意とし、PENTATONEレーベル第1弾となったメシアンの“鳥のカタログ”もレコード芸術誌特選盤となったピエール=ロラン・エマール。そのエマールがついにベートーヴェンの大曲“ハンマークラヴィーア”を録音!中止となった2020年6月の来日公演でも披露される予定でした。カップリングは“《エロイカ》の主題による15の変奏曲とフーガ”
(2021/05/07)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

大好評、アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭BOXの第2弾が登場!“カルメン”、“ナブッコ”、“セビリアの理髪師”の3作品収録!(3枚組)

毎年夏に開催され、イタリアの夏の風物詩として人気を集めている「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」。このBOXには、巨匠ゼッフィレッリの目にも鮮やかな“カルメン”、アルノー・ベルナールのスカラ座のレプリカがヴェローナの舞台に載るという驚きの“ナブッコ”、ウーゴ・デ・アナによる巨大な迷路庭園がユニークな“セビリアの理髪師”、とアレーナの巨大な舞台を存分に生かした演出が見ものの3演目を収録
(2021/05/07)

クラシック オペラ

ベルギーのダンス・カンパニー「ローザス」最新作!『6つのブランデンブルク協奏曲』

振付家アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルが主催するベルギーのダンス・カンパニー「ローザス」による最新作は"バッハの6つブランデンブルク協奏曲"!バレエの殿堂パリ・オペラ座(ガルニエ宮)で上演され、しなやかなダンスを伴奏のビー・ロック(B'Rock)オーケストラが支える注目の映像です
(2021/05/07)

クラシック バレエ

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈5月第1週分〉

2021年5月第1週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2021/05/07)

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈5月第1週分〉

2021年5月第1週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2021/05/07)

クラシック

5月7日公開:タワー店長によるセレクト・アイテム〈マスターズチョイス〉

今週はUK新世代ジャズ・シーン大注目アーティストAlfa Mistの新作などをご紹介!
(2021/05/07)

J-Pop ロック/ポップス ソウル/クラブ/ラップ ジャズ クラシック

リリアン・フックスのLP初期の名盤!ヴィオラ版バッハ/無伴奏チェロ組曲全曲が初復刻!

名ヴィオラ奏者リリアン・フックス(1903-1995)の米デッカ録音のバッハ/無伴奏チェロ(ヴィオラ版)が初復刻されます。彼女の兄ジョセフはヴァイオリニストで後にクリーヴランド管弦楽団のコンサートマスター、弟ハリーはクリーヴランド管の首席チェロ奏者を務めた音楽一家。兄ジョセフとのデュオも高く評価され、彼らが演奏するモーツァルトの二重奏曲を聞いたマルティヌーは、このCDに収録されている「マドリガル」を作曲して献呈しています
(2021/05/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

名手シュムスキーの米アレグロ録音、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集を初復刻!

ここに復刻されたモーツァルトのソナタ集は、名伯楽アウアーの最後の弟子、シュムスキー唯一のアレグロ・レーベルへの録音(LP2枚分)。ミッシャ・エルマンとの共演で知られる室内楽の名手レオポルド・ミットマンと組んだ演奏は、ヴァイオリン専門家の間で「軽快なテンポと鋭敏・明晰な解釈ながら、深い感情や優しい親密感をも伝える」と称賛されて来たものです
(2021/05/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

アドルフ・ブッシュの1951年録音ベートーヴェン《春》初登場!組み合わせは第1&10番

この録音は1951年秋に、アメリカ・ヴァーモント州ダマーストンのブッシュ宅のスタジオ(古い倉庫を改装した)で行われたもので、このデュオにとって初のテープ録音であり、おそらく最後の録音と見られます。ソナタ第1番と第10番は米コロムビアのための録音でこれが初CD化。第5番「春」は、同じセッションで収録されたものの今日まで未発売であり、遺族が保管していたテスト・プレスのアセテート盤から復刻されています
(2021/05/06)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽