こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

『レコード芸術』2018年9月号~特選盤

毎月20日発売の月刊誌「レコード芸術」の2018年9月号における"特選盤"を集めました。輸入盤の取扱いの有るものはあわせてご案内しております。
(2018/08/20)

クラシック

世界最高峰のホルン奏者ラデク・バボラークによるモーツァルト・アルバム第2弾!ヴラトコヴィチとの共演も収録!(2枚組)

ラデク・バボラーク注目の最新盤!断片のみ現存する“ホルン協奏曲 K370b”の補完版やバボラーク自身によるモーツァルトの交響曲からの編曲版、さらには名手ラドヴァン・ヴラトコヴィチとの“12のホルン二重奏曲”など充実のプログラム!
(2018/08/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 ブラス

ホリガー&バーゼル室内管によるシューベルトの交響曲全集録音始動!第1弾は“ザ・グレイト”!

2019年5月に80歳を迎え、音楽家としての存在感をますます増しているハインツ・ホリガー。ついにシューベルトの交響曲全集録音が始動!交響曲のほか、序曲、舞曲、声楽作品の編曲なども含まれる予定です。基本的にモダン楽器を使用しつつ、当時の管弦楽編成や演奏法を採り入れ斬新な響きのバランスや和声の美しさを際出たせています
(2018/08/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

ボロディン弦楽四重奏団の新録音!ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲全集、他(7枚組)

1945年創立のボロディン弦楽四重奏団は、メンバー交代を繰り返しながらも世界のトップ団体として活動を続けています。これは創立70周年を記念して開始されたショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲全曲録音を、第1弾アルバムのリリース以来、一挙に完結するものです。「未完の弦楽四重奏曲楽章」、映画音楽『女友達』の前奏曲といった珍しい作品も含まれています
(2018/08/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ニコラーエワの孫!23歳の新鋭タラセヴィチ=ニコラエフが英デッカよりデビュー

2016年シドニー国際ピアノ・コンクール第2位の実力派、20世紀の偉大なピアニストの一人でバッハの名演奏で知られるタチアナ・ニコラーエワの孫。昨年デッカとの契約を果たし、今回ラフマニノフ、メトネル、スクリャービン、プロコフィエフ、チャイコフスキーに、祖母ニコラーエワの作品も含むオール・ロシア作品でデビューします!
(2018/08/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヴァッレ・ディトリア音楽祭2017で上演!ファソリス&イ・バロッキスティ~ヴィヴァルディ“歌劇「狂えるオルランド」”

1975年からイタリアで開催されているオペラの祭典「ヴァッレ・ディトリア音楽祭」で2017年に上演されたヴィヴァルディのオペラ“狂えるオルランド”の映像が登場。大がかりな装置と美しい衣装をふんだんに用い、陰謀と魔法が渦巻く世界を絢爛豪華に表現した話題作!日本語字幕付き
(2018/08/17)

クラシック 古楽・バロック オペラ

振付家アレクサンダー・エクマンが初めてパリ・オペラ座バレエを振付した話題作!《プレイ》

人気振付家アレクサンダー・エクマンが初めてパリ・オペラ座バレエ団とコラボレーションした映像が登場。空間に吊り下げられた金属のオブジェや床に敷き詰められたボールと共に舞うダンサー…バレエの殿堂ガルニエ宮に新風を吹き込みました
(2018/08/17)

クラシック バレエ

今週の入荷、発売新譜タイトルをご紹介〈8月第3週分〉

2018年8月第3週に、入荷、発売されましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2018/08/17)

クラシック

これから発売予定の新譜タイトルをご紹介〈8月第3週分〉

2018年8月第3週分に、新規にサイトにアップいたしましたクラシック・ジャンルのタイトルをまとめてご紹介いたします
(2018/08/17)

クラシック

ボルトン&マドリード王立歌劇場2017年上演!ブリテン“歌劇「ビリー・バッド」”

軍艦を舞台に出演者すべてが男性という異色のオペラ“ビリー・バッド”。この上演では軍艦の艦上をリアルに再現しています。2018年“インターナショナル・オペラ・アワード”「ベスト・ニュー・プロダクション賞」受賞!日本語字幕付き
(2018/08/16)

クラシック オペラ

バードン、ドゥ・ニース出演!ヘンゲルブロック&バルタザール・ノイマン・アンサンブルによるヘンデル“歌劇「アグリッピーナ」”

ロバート・カーセンの演出は、現代のイタリア風俗を巧みに取り入れながら原作にある政治や風俗に対する風刺性を生かし、ヘンゲルブロックの活気溢れるタクトのもと題名役のパトリシア・バードン、ソプラノ、ドゥ・ニースら名歌手たちが優れた演技歌唱を繰り広げています。日本語字幕付き
(2018/08/16)

クラシック オペラ 古楽・バロック

長縄洋明&ジャパン・ウィンド・プレイヤーズ~『吹奏楽のための交響曲』

2014年に次世代を担う若いプレイヤーによって結成されたジャパン・ウィンド・プレイヤーズ。3枚目となるアルバムは、保科洋の名曲“風紋”、ヒンデミットの“吹奏楽のための交響曲”などがセレクトされています
(2018/08/16)

クラシック ブラス

オラモ&ウィーン・フィルによるデンマーク作曲家作品集第2弾は“ランゴー:交響曲第2番&第6番”&“ゲーゼ:タンゴ・ジェラシー”!

サカリ・オラモとウィーン・フィルによるデンマーク作曲家作品集は第2弾は後期ロマン派の作曲家ランゴーの“交響曲第2番&第6番”!ゲーゼの“タンゴ・ジェラシー”ではオラモ自身がヴァイオリンを演奏するという、貴重であり、聴きどころ満載の1枚です
(2018/08/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

6人の伝説の指揮者とベルリン・フィルによる珠玉の録音を集めたLP6枚組

歴代の6人の伝説の指揮者によるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との演奏を指揮者ごとに6枚のLPにまとめた録音集です。アバドのブラームスとブーレーズのラヴェルの録音は初めてLP化されました。シリアルナンバー入り豪華LP6枚組限定盤
(2018/08/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

〈予約ポイント10倍〉小澤征爾、水戸室内管弦楽団を率いて15年ぶりにベートーヴェン“第九”を録音!

世界的名手が揃った少数精鋭の水戸室内管弦楽団の第100回記念定期演奏会で演奏されたベートーヴェン交響曲シリーズ第4弾“第九”。演奏会では、後半2楽章を小澤征爾が指揮し、前半2楽章はコンサートとは別に小澤征爾指揮でセッション録音!
(2018/08/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

〈予約ポイント10倍〉バッティストーニ「BEYOND THE STANDARD」第2弾!チャイコフスキー“悲愴”と、武満徹“系図”をカップリング!

クラシック王道の名曲と、日本人作曲家による傑作をカップリングしたプロジェクト「BEYOND THE STANDARD」第2弾。武満徹作曲「系図」では、語り手として「この世界の片隅に」での名演が好評を博した女優“のん”が参加。
(2018/08/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 現代音楽

セーゲルスタム&トゥルク・フィルが録音したシベリウスの劇付随音楽シリーズがBOX化!(6枚組)

この6枚組には“ペレアスとメリザンド”“ベルシャザール王の饗宴”など現在も名作として知られるもののほか、“悲しきワルツ”“鶴のいる情景”などの原曲を含む“クオレマ”、隠れた名作としてファンの多い“スカラムーシュ”など、大作から小品までを多数収録
(2018/08/15)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

【予約ポイント10倍】デビュー20周年!川畠成道のバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全曲

川畠成道が、満を持してかねてより“20周年のその年に”と心に決めていた、J.S.バッハ『無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ』の全曲録音に挑みました。いままでバッハの無伴奏作品はパルティータ第2番を2003年に録音していただけでした。心に響く音色と音楽で多くのファンを持つ彼の「無伴奏全曲」に期待が高まります
(2018/08/15)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 古楽・バロック

豪華ゲストとのデュエットも収録!ブリン・ターフェル久々のスタジオ録音!『ドリームズ・アンド・ソングズ』

ウェールズのバス・バリトン、ブリン・ターフェルの新アルバムは、ウェールズの伝承歌や、ミュージカルなどターフェルのお気に入り曲をオーケストラ伴奏で新録音。ミュージカル界の人気者アルフィー・ボーや、イギリスの女優エマ・トンプソン、ソプラノのダニエル・ドゥ・ニースなどスペシャル・ゲストとのデュエットもたっぷり収録!
(2018/08/15)

クラシック オペラ クラシック オムニバス

ウィーン少年合唱団の新録音!『シュトラウス・フォーエヴァー』

現在9歳から14歳までの100人の団員が4つのグループに分かれ、すべて合わせると年間約300回のコンサートを行っているウィーン少年合唱団。シュトラウス一家のワルツやポルカなどウィーン少年合唱団が得意とするレパートリーを新録音!
(2018/08/15)

クラシック オペラ