こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール優勝!トマシュ・リッテルのライヴ・レコーディング!

2018年9月に記念すべき第1回が開催されたショパン国際ピリオド楽器コンクール。待望のライヴ・レコーディング・シリーズ第1弾は、見事優勝を飾ったポーランドの新星トマシュ・リッテル!今回のコンクールでブッフホルツ、プレイエル、エラールの3種のピリオド・ピアノで演奏
(2019/03/20)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

カウンターテナー、イェスティン・デイヴィスがフレットワークと共演したナイマンとパーセルの歌曲集!『If~ナイマン&パーセル』

イギリスが誇る現代最高峰のカウンターテナー、イェスティン・デイヴィス。ヴィオール・コンソート「フレットワーク」と共演する新録音はマイケル・ナイマンとヘンリー・パーセルという異色の組み合わせ!パーセルの歌曲を基にした器楽曲“ミュージック・アフター・ア・ホワイル”は、フレットワークによるナイマンへの委嘱作品!
(2019/03/20)

クラシック オペラ 現代音楽 古楽・バロック

ヴィオール・コンソート「フレットワーク」の新録音はジョン・アムナーのコンソート音楽全集!

森川麻子やリチャード・ブースビーらのヴィオラ・ダ・ガンバ奏者達によって1986年に創設された世界最高峰のヴィオール・コンソート「フレットワーク」。イギリスの音楽家ジョン・アムナー(1579-1641)の現存する限られたコンソート・ミュージックをすべて収録
(2019/03/20)

クラシック 古楽・バロック

ヴィニツカヤの新録音は師コロリオフ夫妻とのJ.S.バッハ“ピアノ協奏曲集”!(2枚組)

洗練された解釈と思慮深い語り口で人々を魅了するピアニスト、エフゲニー・コロリオフと、夫婦デュオでの録音も多い妻のリュプカ・ハジ=ゲオルギエヴァ、そしてハンブルクでコロリオフに師事したアンナ・ヴィニツカヤという、3人のピアニストによるバッハの協奏曲集
(2019/03/20)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ビョークのアルバム「ヴェスパイスタイン」をなんとオペラ化!

2001年に発表されたビョーク4枚目のオリジナル・アルバム「ヴェスパタイン」。このアルバムにギリシャ神話のウラノスの逸話を絡ませ、オペラとして仕上げたものもので、2018年にマンハイムで上演され独特の神秘的な舞台で話題となりました。ボーナストラックを除くアルバムの曲全てが収録順に使用されています
(2019/03/20)

クラシック オペラ ロック/ポップス

『レコード芸術』2019年4月号~特選盤

毎月20日発売の月刊誌「レコード芸術」の2019年4月号における"特選盤"を集めました。輸入盤の取扱いの有るものはあわせてご案内しております。
(2019/03/20)

クラシック

【MEMBRAN】『イーゴリ・オイストラフ(ヴァイオリン)名演集』(10枚組)

イーゴリ・オイストラフの西側デビュー当時、父のダヴィドとともに活躍し「キング・ダヴィド、プリンス・イーゴリ」と讃えられていた頃の録音が集められています。協奏曲でのスケールの大きな演奏から、技巧的小品での素晴らしいテクニックの冴え、そして父ダヴィドとの共演と、幅広い選曲により、彼のデビュー時代の魅力を存分に味わうことができます
(2019/03/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

【MEMBRAN】『エマヌエル・フォイアマン(チェロ)名演集』(10枚組)

20世紀前半を代表する名チェリスト、フォイアマン(1902~1942)全盛期の1928~1941年の録音が、協奏曲、室内楽、小品とバランス良く収められているうえ、録音場所もベルリン、ロンドン、東京(!)、ニューヨーク、ハリウッドと多岐にわたり、彼の芸術だけでなく、その後半生も捉えた貴重なドキュメントとなっています!
(2019/03/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

豪エロクアンス~2019年4月新譜!マリナー、ロイビン三兄弟、レッパード、ルイス、ハーフォード

DG、Decca、Philipsの名盤復刻シリーズとして絶大なる人気を誇る「オーストラリア・エロクアンス」シリーズ。2019年4月はハレル&マリナーのハーバート、トランペットのロイビン三兄弟によるバロック物、レッパード指揮のカヴァッリのオペラ全曲盤2種など、かなりマニアックなセレクションとなっています!
(2019/03/19)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ ブラス

古今東西の有名協奏曲や協奏的作品を、これでもか!とばかりに100枚に詰め込んだ豪華セット

リヒテル(P)、ハイフェッツ(Vn)、カザルス(Vc)、ルービンシュタイン(P)等の名だたるソリストとフルトヴェングラーやカラヤンをはじめとする巨匠指揮者による名演が一堂に会します!ちょっとマニア心をくすぐる作品も散りばめてあり、いろいろな作品を聴き込んできた方にもお楽しみいただけるラインナップとなっています
(2019/03/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

歌曲1,061トラックを収録!往年の名歌手をラウハイゼンが伴奏した66枚組BOXが復活!

シューベルト 257曲、ヴォルフ 176曲、ブラームス 116曲、レーヴェ 102曲、シューマン 70曲、R.シュトラウス 61曲、ベートーヴェン 53曲…。歌手陣はベルガー(S)110曲、ホッター(Br)93曲、アンダース(T)91曲、ライズナー(A)79曲、シュミット=ワルター(Br)72曲、シュヴァルツコップ(S)60曲…そしてベームの妻テアの録音も10曲収録されています!
(2019/03/19)

クラシック オペラ

カペラ・ガベッタ~ピリオド楽器による『タンゴ・シーズンズ~ヴィヴァルディ&ピアソラ』

ソル・ガベッタの兄でヴァイオリニストのアンドレス・ガベッタが結成したピリオド楽器アンサンブル「カペラ・ガベッタ」。クレーメルの録音でも有名なヴィヴァルディとピアソラの“四季”を交互に奏する組み合わせを、今回はチェンバロを含むピリオド楽器で演奏!ピアソラはバンドネオン、ヴァイオリンと室内オケ版に編曲
(2019/03/19)

クラシック 古楽・バロック 協奏曲・室内楽・器楽

ドロテー・オーバーリンガー&ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカの夜の魅惑的な音楽の旅『ナイト・ミュージック』

女流リコーダー奏者ドロテー・オーバーリンガーの新作!「夜の魅惑的な音楽の旅」と題されたバロック音楽を集めたもので、ヴィヴァルディのリコーダー協奏曲を中心に、シェドヴィル、エイク、オトテールを組み合わせ、そこでは、華麗なお祝い、夜行性のドラマや欲望、優しい子守唄などが表現されています
(2019/03/19)

クラシック 古楽・バロック

川瀬賢太郎&神奈川フィル~R.シュトラウス“英雄の生涯”&R=コルサコフ“シェエラザード”(2枚組)

2019年2月に文化庁芸術祭賞新人賞を受賞。4月からは名古屋フィルの正指揮者に就任する川瀬賢太郎。このアルバムは2017年の定期公演から、神奈川フィルが誇る二人のコンサートマスター、石田泰尚、﨑谷直人がソロを奏する“英雄の生涯”と“シェエラザード”を収録
(2019/03/19)

クラシック 国内クラシック

フルート奏者12名で結成されたフルート・アンサンブル「シリンクス フルート アンサンブル」の新録音!『展覧会の絵』

マンハイム歌劇場管弦楽団、ハイデルベルク室内管弦楽団首席を務め、帰国後は大阪フィルの首席を務めたフルート奏者、持田洋。1992年に持田を中心に、フルート奏者12名で結成されました。今作はバロックから現代曲まで幅広いレパートリーを収録し、後半はバスフルートのみの編成も聴きどころです
(2019/03/19)

クラシック ブラス 国内クラシック

英国ロイヤル・バレエによる名作バレエ“マノン”!サラ・ラムとワディム・ムンタギロフ出演

演出・振付をケネス・マクミランが手掛けた英国ロイヤル・バレエの人気演目“マノン”。2018年に収録され、サラ・ラムとワディム・ムンタギロフの人気コンビによる第三幕の感動的なパ・ド・ドゥ、そしてレスコー役で登場する平野亮一の第二幕娼館での酔いどれの演技は大評判となりました
(2019/03/19)

クラシック バレエ

2017年ローレンス・オリヴィエ賞受賞!イングリッシュ・ナショナル・バレエによるアクラム・カーン版バレエ“ジゼル”の映像が登場!

2016年に初演され、2017年のローレンス・オリヴィエ賞を受賞したバレエ“ジゼル”の映像が登場!名作バレエのオリジナルの世界を大胆に読み替え、タマラ・ロホ率いるイングリッシュ・ナショナル・バレエの新境地を切り開いたアクラム・カーン版「ジゼル」!
(2019/03/19)

クラシック バレエ

チョン・ミョンフン&ミラノ・スカラ座、マティアス・ハルトマン演出のウェーバー“歌劇「魔弾の射手」”!

2017年10月に収録されたチョン・ミョンフン&ミラノ・スカラ座のウェーバー“歌劇「魔弾の射手」”。マティアス・ハルトマン演出によるミラノ・スカラ座の新制作の舞台です。ユリア・クライター、ギュンター・グロイスベック、ミヒャエル・ケーニッヒ出演!
(2019/03/19)

クラシック オペラ

ライヴリー&カンビーニ=パリ弦楽四重奏団によるショパン“ピアノ協奏曲第1番&第2番”の弦楽五重奏伴奏版!

ショパンのピアノ協奏曲の室内楽(弦楽五重奏)伴奏版。ピアノは1836年製のエラール、そして弦楽アンサンブルもすべて19世紀の楽器を用いており、オーケストラの弦楽パートを基本的にほぼそのままアンサンブルが担当し、弦楽器以外で演奏される重要な部分は基本的にピアノが演奏しています
(2019/03/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ワーナー・クラシックス「THE HOME OF OPERA~オペラ名盤選」シリーズ(3タイトル)

名盤オペラ録音の宝庫ワーナー・クラシックスから名演・名盤をお得にシリーズ化している「THE HOME OF OPERA」シリーズ。今回もビーチャム&フランス放送管の“カルメン”、ローズクランズ&ハンガリー国立管のチレアの歌劇“アルルの女”、カラヤン&フィルハーモニア管の“ナクソス島のアリアドネ”の3タイトルが復刻されます
(2019/03/18)

クラシック オペラ