こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

SHIHOがFried Pride(フライド・プライド)解散以来、初となる待望のソロアルバム『A Vocalist』をリリース

福岡で毎年開催される中洲ジャズの公式テーマ曲「HAPPY SONG」も初CD化。「HIT THAT JIVE JACK」では、盟友SHANTIとのデュエットも披露
(2019/06/10)

ジャズ J-Pop

ADAM at ニュー・アルバム『トワイライトシンドローム』6月19日リリース

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマー、伊地知潔、メロディック・パンク・バンド、SECRET 7 LINEやシルク・ドゥ・ソレイユのバイオリニストなど多彩なゲストを迎えて奏でるピアノ・インストゥルメンタル・アルバム
(2019/06/07)

ジャズ J-Pop

けもの(KEMONO)ニューEP『美しい傷』を6月12日にリリース

シンガーソングライター青羊のソロ・プロジェクト。菊地成孔をプロデューサーに迎えたジャズ色の強いポップス『ル・ケモノ・アントクシーク』(2013)、ヒットを記録したシティ・ポップアルバム『めたもるシティ』(2017)から2年、ロックとダブを基調に新境地を開いた新作が完成
(2019/06/03)

ジャズ J-Pop

The Hey Song(ザ・ヘイ・ソング)ファースト・ミニアルバム『seed』タワレコ限定発売

日常生活の一コマを映画のワンシーンに!名古屋発信のインストゥルメンタル・ミュージック・ユニット、The Hey Songのファースト・ミニアルバム
(2019/05/28)

ジャズ

石若駿(Shun Ishiwaka)4年振りとなるCLNUP Quartet(クリーンナップカルテット)でのアルバムをリリース

日本のミュージックシーンにとって重要なプレイヤーに成長した石若駿が、ニラン・ダシカ、井上銘、須川崇志とともに編成したカルテットでリーダー・アルバムをリリース
(2019/05/15)

ジャズ

小沼ようすけ、〈MOCLOUD〉より最新作『Jam Ka 2.5 The Tokyo Session』をリリース

フレンチ・カリビアンのミュージシャンとのコラボレーション・シリーズ「ジャム・カ」。NY (「Jam Ka」2010 )、パリ (「Jam Ka Deux」2016 )に続き最新作は東京録音。世界規模でアップデートされる小沼ようすけ流クレオール・ジャズ
(2019/03/22)

ジャズ

T-SQUARE(T-スクエア)ニュー・アルバム『HORIZON』4月24日発売

現メンバーで初のLAレコーディングを敢行、レコーディングエンジニアにSteve Sykes氏、ミックスは前作・前々作に引き続き David Reiztas氏を起用
(2019/03/08)

ジャズ

トランペッター市原ひかり、ヴォーカル・デビューのニュー・アルバム『SINGS & PLAYS』

トランペッター市原ひかり新境地!ヴォーカル・デビュー!細やかなニュアンスがより聴き取れるように、編成はピアノとベースと本人(vo,tp)のみ。
(2019/03/05)

ジャズ

Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)を演奏するピアノ・トリオ、ZEK 3 [Trio](清水くるみ-米木康志-本田珠也)第2弾

Whole Lotta Love( 胸いっぱいの愛を)、Immigrant Song( 移民の歌)を除き、ファーストとは異なった12曲全14トラックを収録
(2019/03/04)

ジャズ

平田王子、渋谷毅のデュオ・ユニット=Luz do Sol(ルース・ド・ソル)第4作『やさしい雨』

豊かな響きあふれるアコースティック楽器と声が織りなす美しい物語。喜怒哀楽に寄り添い、日常の一頁を特別なものと感じさせる音の世界。2人が敬愛する松風鉱一もゲスト参加/ 渋谷毅の絶品ソロも収録した傑作
(2019/03/04)

ジャズ

TOKU、オリジナルソングのみをコンパイルしたベスト盤『ORIGINAL SONGBOOK』をリリース

日本で唯一のヴォーカル&フリューゲルホーン・プレイヤーTOKUのオリジナルソングのみをコンパイルしたベスト盤。今までにリリースした12枚のアルバムの中から、オリジナルソング(TOKUが自ら作詞・作曲いづれかを手がけた曲)を1枚のアルバムにコンパイル
(2019/02/22)

ジャズ

「ECM派サウンドエンジニア」が起用され統一した音響美を持つ「transheart」レーベル、菊地雅章、富樫雅彦による5作品の再発

1970年代初期のトリオ・レコード時代から現在まで長期にわたり数多くの国内、海外のジャズの作品を制作したプロデューサー稲岡邦弥氏の「硬派の美学」に基づくレーベルtransheart(トランスハート)の代表作が紙ジャケット仕様で復刻
(2019/02/14)

ジャズ

bohemianvoodoo(ボヘミアンヴードゥー)4年ぶりのオリジナルアルバム『MOMENTS』

前作でライブ録音された「石の教会」が初正式音源化。「Gypsy Funk」のようなファンキーでクールな楽曲から、ハービー・ハンコック「I Thought It Was You」を彷彿させる「A Seaside Hut」のような軽快かつ情熱的な楽曲まで―様々な展開を繰り広げる全11曲入り
(2019/01/31)

ジャズ

TRISPACE(トライスペース)ニュー・アルバム『The Circle』をリリース

透明感あるしなやかで躍動感に満ちた美しいタッチのピアノ、繊細ながらも力強いみずみずしい感性が溢れた会心作。リーダー林の色彩感溢れるオリジナル曲を録音。長年共に経験を積んできたバンドならではの息のあった演奏が詰まっている
(2018/12/17)

ジャズ

YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライブ・プロジェクト「YoYo the "Pianoman"」デビューアルバムが〈Playwright〉レーベルより発売

活動6年にして待望のデビューアルバム!現代のアーティストとして故き良きジャズへのオマージュを散りばめた録音やサウンド・フォーマットに、ポップなメロディとの融合を目指した今冬大注目作
(2018/12/12)

ジャズ

JABBERLOOP(ジャバループ)ニュー・アルバム『JAZZ目線2』2018年12月19日発売

今作の為に書き下ろした新曲「Will」他、「ATMOSPHERE ENTRY」のニュー・ヴァージョンなど注目楽曲が満載
(2018/11/27)

ジャズ

〈universounds presents DEEP JAZZ REALITY〉日野皓正『ジャーニー・トゥ・エアー』他、和ジャズ傑作6アルバムが紙ジャケット化

日本を代表するジャズ・ミュージシャン、日野皓正の幻の初期カタログ(通称:キャニオン4部作)が世界初のオリジナルジャケットのA式W紙ジャケットで完全復刻
(2018/11/14)

ジャズ

WONKのドラマー/リーダー荒田洸(Hikaru Arata)ソロデビューEP『Persona.』を発表

自身によるトラックメイク、そして歌唱により、現行のJ-R&Bの一歩先をいく、Daniel CaesarやFrank Oceanを思わせるチルなアンビエントR&Bが展開する5曲入りEP作品
(2018/11/14)

ジャズ J-Pop

松風鉱一トリオ(KOICHI MATSUKAZE TRIO)+大徳俊幸(TOSHIYUKI DAITOKU)『EARTH MOTHER』がBBEよりCD/アナログで復刻

特異なフレージングから日本のエリック・ドルフィーとも呼ばれ、日本のアヴァンギャルド・ジャズを牽引してきたサックス奏者松風鉱一のトリオによる激レア盤『Earth Mother』(78年コジマ)リイシュー
(2018/11/05)

ジャズ

森山威男(TAKEO MORIYAMA)『EAST PLANTS』がBBEよりCD/アナログで復刻

至極のモーダル・ワルツ「風」、各々が火花を散らすソロ合戦が映える熱いポスト・バップ・チューン「Fields」、後半のドラム・ソロが超絶な「かげろう」など。和ジャズ・ファンは勿論、全ジャズ・ファン必聴の激レア盤、ついに再発
(2018/11/05)

ジャズ