こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム

ヤンソンス&バイエルン放送響によるブルックナー:交響曲第8番(SACDハイブリッド)

75歳となった巨匠ヤンソンスが満を持してブルックナーの最高傑作を録音しました。2017年11月13-18日のライヴ録音で、SACDハイブリッド盤と通常CDの2仕様での発売となります。マスタリング・エンジニアがECMのSACDシリーズでも名高いクリストフ・シュティッケルであるのも注目されます
(2018/04/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

初CD化!クリュイタンス~フランク:交響曲ニ短調 1964年ブカレスト・ライヴ!

ベルギー出身の名指揮者アンドレ・クリュイタンスが1964年にジョルジュ・エネスコ国際音楽祭に出演し、同じベルギー出身のフランクの交響曲を振った歴史的ライヴ録音。LP時代にはルーマニアのエレクトレコードから出ただけ(LP番号:EFE 14)という超レア盤でした。モノラルながら音質は良好とのことです
(2018/04/19)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

オークレール門下の才媛!イリーナ・ムレサヌの無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

ムレサヌはルーマニア出身、ボストンでミシェル・オークレールに学んだヴァイオリニスト。この「世界各国の無伴奏ヴァイオリンのための作品」を集めた1枚は、バッハのシャコンヌから現代の世界初録音曲まで、幅広い内容を収めた意欲作です!
(2018/04/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

佐藤久成の最新録音『HISAYA、誘惑のヴァイオリン モーツァルトソナタ集』

満を持して取り組んだモーツァルトだけにその入れ込みは尋常ではなく、とてつもなく高いレベルのモーツァルトが完成。HISAYAにしか表現できない、濃厚な表現、それでいて品位を失わず、モーツァルトから放たれる喜びと悲しみが聴くものに迫ります。エンジニア・豊原隆一郎氏による、5.6メガDSD1ビットによる高品位録音も注目されます
(2018/04/19)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 国内クラシック

ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第11弾!ミルシテイン、カラヤン、アンセルメ

ミルシテインの「ブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・リサイタル」、カラヤン&ウィーン・フィルの「ブラームス: 交響曲第1番、悲劇的序曲」、アンセルメ&ニュー・フィルハーモニアの「ストラヴィンスキー: バレエ《火の鳥》全曲(+リハーサル〔SA-CD層のみ〕)」何れも世界初SA-CDハイブリッド化!
(2018/04/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽

ビエロフラーヴェクの名盤から入手困難な貴重録音まで収録!『RECOLLECTION』(8枚組)

2017年に惜しくも亡くなったチェコを代表する世界的指揮者イルジー・ビエロフラーヴェク。スプラフォン・レーベルが誇る“わが祖国”、“新世界より”といった名盤から入手困難なバルトーク、ラヴェルなどの貴重録音まで収録したBOXが登場します!
(2018/04/18)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

スパーク&シエナ・ウインド・オーケストラの共演第2弾!スパークの名曲を収録!『スパーク2』

2017年6月に文京シビックホールで行われたシエナの定期演奏会のライヴ録音盤で、人気曲“ドラゴンの年”をスパーク自身が一部改訂した2017年版の初演など、大きな話題を集めたコンサートを優秀録音で収録したものです
(2018/04/18)

クラシック ブラス

没後30年!1967年までの管弦楽録音を集成『アンタル・ドラティの芸術』(75枚組)

今回のCD-BOXには1967年以前に発売され、日本でパブリック・ドメインとなった音源のうち、交響曲、管弦楽曲の録音が収められています。つまり、彼が巨匠となる以前の、若手~壮年期の録音にあたります。うち約30枚にバレエ音楽、及びバレエ化された交響曲(いわゆる「シンフォニー・バレエ」)が入っているのもバレエ・ファンには見逃せないところでしょう
(2018/04/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 バレエ

ダニエレ・ポリーニ・デビュー~ショパン、スクリャービン、シュトックハウゼン:ピアノ作品集

2018年2月に発売された父マウリツィオ・ポリーニのドビュッシー・アルバム(4798490)において、ピアノ・デュオ作品「白と黒で」で親子共演を果たしたピアニスト、指揮者のダニエレ・ポリーニ(1978~)が、イタリア・ユニバーサルよりソロ・デビューします
(2018/04/17)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ミヒャエル・ザンデルリンク&ドレスデン・フィルによるベートーヴェン&ショスタコーヴィチの“交響曲第5番”!

ミヒャエル・ザンデルリンクと手兵ドレスデン・フィルの、ソニー・クラシカルへの「ベートーヴェン&ショスタコーヴィチ:交響曲全曲録音プロジェクト」。今回はベートーヴェンとショスタコーヴィチの“第5番”、2人の作曲家の運命を決めた革命的なシンフォニー2曲をカップリング!
(2018/04/17)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

創立45周年記念!浜松交響吹奏楽団『Precious Memories ~愛しき記憶~』(CD+DVD)

7年連続通算16回の全国大会出場を誇る浜松交響吹奏楽団。2011~2016年のライヴ音源に加え、特典DVDとして地元、浜松で初出場した1994年の“ローマの祭り”や2001年の“GR”、2017年の“ラッキードラゴン”を収録!
(2018/04/17)

クラシック ブラス

ららら♪クラシック4月13日放映「解剖!伝説の名演奏家『幻の指揮者ムラヴィンスキー』」が大反響!

Eテレ 毎週金曜 午後9時30分の「ららら♪クラシック」、4月13日(金)放映の「解剖!伝説の名演奏家『幻の指揮者ムラヴィンスキー』」が大きな反響を呼んでいます。楽員や夫人の証言のもと、東西冷戦の時代を生きた旧ソ連の名指揮者の芸術的信念を追った内容で、とくに番組中で流れたショスタコーヴィチの交響曲第5番の演奏に注目が集まっています
(2018/04/16)

クラシック 交響曲・管弦楽曲

フランスのチェリスト、クリスチャン=ピエール・ラ・マルカとリーズ・ドゥ・ラ・サールが共演!フランスとロシアのチェロ作品集『パリ=モスクワ』

フランスのチェリスト、クリスチャン=ピエール・ラ・マルカのソニー・クラシカルへの4枚目のソロ・アルバムは、共演を重ねてきたリーズ・ドゥ・ラ・サールとの初録音で、ラフマニノフの“チェロ・ソナタ”をメインにフォーレやサン=サーンス、プロコフィエフなどフランスとロシアの小品を収録!
(2018/04/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

ヤン・フォーグラーによる世界初録音を含むブラームス、リーム、ハービソンの二重協奏曲集!

チェリスト、ヤン・フォーグラーの新録音は、ブラームス、ハービソン、リームという3人の作曲家のヴァイオリンとチェロのための“二重協奏曲”!ハービソンとリームの2曲はフォーグラーが初演者であり、今回が世界初録音。共演は妻でヴァイオリニストのミラ・ワン
(2018/04/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽 現代音楽

ロマンティック・ピアノ・コンチェルト第76巻はラインベルガーとショルツの重厚華麗なドイツのピアノ協奏曲集!

ロマン派の知られざるピアノ協奏曲の発掘、蘇演を行うハイペリオンの人気シリーズ第76弾は、ラインベルガーとショルツ。ともにブラームスと深い親交のあった二人のドイツ・ロマン派の作曲家による、華麗で重厚な知られざるピアノ協奏曲集!
(2018/04/16)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

【予約ポイント10倍】ラトル&ベルリン・フィル/アジア・ツアー2017~ライヴ・フロム・サントリーホール

R・シュトラウス《ドン・ファン》、ブラームス:交響曲第4番、ストラヴィンスキー《ペトルーシュカ》、ラフマニノフ:交響曲第3番、バルトーク:ピアノ協奏曲第2番、アンコールを含む計3時間40分の内容がSACDHybrid盤でリリース。一方ブルーレイには、アジア・ツアーの他の客演地、香港、武漢、ソウルのライヴ映像が収録。ボーナス映像として、アジア・ツアーの舞台裏を活写したドキュメンタリー(約30分)を併録
(2018/04/13)

クラシック 交響曲・管弦楽曲 協奏曲・室内楽・器楽 オペラ

イザベル・ファウストの新録音は豪華共演者陣とピリオド楽器で演奏したシューベルトの“八重奏曲”!

イザベル・ファウスト注目の新録音はピリオド楽器で録音されたシューベルトの“八重奏曲”!弦楽奏者はFBOやオーストラリア室内管のメンバー、管楽器もコッポラ、ズヴァールトといった名手たちと共演しています。カップリングは演奏機会が少ない“5つのメヌエット”より2曲を八重奏版で収録!
(2018/04/13)

クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

4月14日放送のテレビ朝日系《題名のない音楽会》に出演!藤田真央の新アルバム『passage』!

2017年のクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールを制し話題となったピアニスト藤田真央(ふじた・まお)、待望の3rdアルバム。ショパンの“ピアノ・ソナタ第3番”に“バラード第1番”、モーツァルト=ヴォロドスの超絶“トルコ行進曲”などが収録されています
(2018/04/13)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽

今回も話題曲盛りだくさん!東京佼成ウインドオーケストラ『ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2018』

毎年の吹奏楽シーンに大きな影響を与えてきた「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」シリーズ第46弾!東京佼成ウインドオーケストラの演奏で、“欅阪46・メドレー”や“ダンシング・レボリューション”、“ラ・ラ・ランド”など話題の楽曲を収録!
(2018/04/13)

クラシック ブラス

三浦友理枝の新録音はショパンの“バラード”&“スケルツォ”を全曲録音!(2枚組)

三浦友理枝、渾身の一作!6枚目のソロ・アルバムとして選んだのはショパンの“バラード”&“スケルツォ”。万全の準備で臨んだ4日間のセッション録音によって、作品のすべての音を息づかせる圧巻の演奏が誕生しました
(2018/04/13)

クラシック 国内クラシック 協奏曲・室内楽・器楽