こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第84回 ─ 新世代のフレンチ女流シンガー・ソングライターが織り成すトリコロール

Marina

連載
360°
公開
2006/03/30   23:00
ソース
『bounce』 274号(2006/3/25)
テキスト
文/Talinha


null

 ジョイ・ディヴィジョンやキュアーなどニューウェイヴ期の名曲群をキッチュにカヴァーし、話題になったユニット=ヌーヴェル・ヴァーグ。それらの原曲を同時代には体験していない世代で、しかも(いい意味で)舌足らずな女性シンガーばかりを起用した同ユニットに参加していたのがこのマリナ。ソングライターとしても類稀な才能を見せる彼女が新作『Cinema Enchante』(Kwaidan/Rambling)で挑んだのは、「男と女」「白い恋人たち」といった往年のフランス映画で使用されたテーマ曲のカヴァー。このロリータ・ヴォイスとフォトジェニックなルックスが、ニューウェイヴ・ボッサ・ファンの欲望を完璧に満たしてくれるはず!

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る