こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

反田恭平、「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール」で日本人として51年ぶりの2位入賞

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2021年10月21日 11:50

反田恭平

1927年より5年ごとに開催されている「第18回ショパン国際ピアノ・コンクール」にて、反田恭平が第2位に入賞した。これまでの日本人の最高位である1970年の内田光子の2位入賞に並び、51年ぶりとなる。

2020年に開催予定だった「第18回コンクール」は、新型コロナウイルス感染症の影響により1年延期、本年7月に予備予選が行われ、予備予選免除者あわせて87名が10月3日からの第1次予選に出場。9日からの第2次予選には45名が通過、14日からの第3次予選には23名が進んだ。

参加者の中には国際的に演奏活動を行っているピアニストも多く、ハイレベルなステージが繰り広げられたなか、18日からは12名が本選へと進出。本選ではアンドレイ・ボレイコ指揮/ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団と共演、反田はピアノ協奏曲第1番を演奏し、ピアノ・パートの最後の一音が終わると、オーケストラが曲を終えるよりも先に会場中からスタンディング・オベーションの拍手喝采を受け、見事2位入賞を果たした。

なお、当コンクールはライヴ配信も行われ、世界中の音楽ファンが視聴。14名の日本人が出場したことから国内でも大きな反響を呼んだ。

反田恭平より以下のコメントも到着している。

 

とても嬉しい結果です。
応援いただきました皆様に感謝しております。
一度はコンクールを受けることに迷いもありましたが、この1ヶ月、とても学ぶことが多く、
今後のピアニストとしてある意味転機となりました。
今はもっと学びたい、 経験を重ねたいと思っています。

―― 反田恭平

 

■第18回コンクール 結果
第1位:Bruce (Xiaoyu) Liu
第2位:反田恭平、Alexander Gadjiev
第3位:Martin Garcia Garcia
第4位:小林愛実、Jakub Kuszlik
第5位:Leonora Armellini
第6位:J J Jun Li Bui

 

▼コンサート情報
「日本のヴィルトゥオーゾたち ~東芝グランドコンサート歴代ソリストによるガラ・コンサート~」
11月20日(土)東京 サントリーホール
出演:清水和音、神尾真由子、萩原麻未、三浦文彰、反田恭平

「反田恭平×小林愛実」
12月3日(金)長野 大賀ホール

「リサイタル・シリーズ反田恭平「VS」小林愛実(ピアノ)」※完売
12月8日(水)東京芸術劇場 コンサートホール

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

TOWER RECORDS MUSIC

  • TOWER RECORDS MUSIC
  • オンライン限定全品ポイント15%還元キャンペーン
  • Mikiki - music review site