こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

USのキーボード奏者/プロデューサー、ジョージ・デュークが死去

カテゴリ : ニュース | タグ : 訃報

掲載: 2013年08月07日 15:31

 


『DreamWeaver』 ジャケット画像

ジャズ/フュージョンをはじめ、ソウル、R&B、ファンクなどさまざまなジャンルで活躍したUSのキーボード奏者/プロデューサー、ジョージ・デュークが8月5日にLAの病院で亡くなったことがあきらかとなった。享年67歳。彼は慢性リンパ性白血病を患っていたという。

47年にカリフォルニア州のサン・ラファエルで生まれたデュークは、10代のころからバンド活動を行い、大学卒業後にプロのキーボーディストとしてのキャリアをスタート。70年代にはキャノンボール・アダレイやフランク・ザッパ、クインシー・ジョーンズ、ドン・エリスなどのグループに参加、その後スタンリー・クラークと結成した〈クラーク/デューク・プロジェクト〉での活躍も知られている。マイケル・ジャクソンのアルバム『Off The Wall』にもキーボードで参加しており、マイルス・デイヴィスやスモーキー・ロビンソンらのプロデュースも担当。ソロ・アーティストとしても、全編ブラジルで録音された79年作『A Brazilian Love Affair』を含む30以上のアルバムを発表してきた。

なお、デュークは昨年7月に妻のコリーヌをガンで亡くしており、彼女への素直な気持ちを曲にしたというアルバム『DreamWeaver』を先月に発表したばかりだった。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!

インタビュー