こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第14回 ─ シティー・ポップ

第14回 ─ シティー・ポップ(3)

連載
Discographic  
公開
2003/05/29   17:00
更新
2003/06/12   17:42
ソース
『bounce』 243号(2003/5/25)
テキスト
文/小野田 雄

元祖シティー・ポップの名盤たち その2

山下達郎
『RIDE ON TIME』 AIR/BMGファンハウス(1980)
青山純&伊藤広規をパーマネント・クルーに迎えてアンサンブルを研ぎ澄ませた、〈夏だ!海だ!達郎だ!〉前夜。街の息吹きや鼓動を鮮やかに描き出していく独特の色彩感がこの人の極意なわけで、ハイウェイ・スポットのようにいつも都市風情を照らしている。タイトル曲は今後もたくさんの〈グッド・ラック〉を呼び起こすはず。(萌木)


杏里
『Timely!!』 フォーライフ(1983)
“CATS EYE”“悲しみがとまらない”のブレイク以上に大きかったのが、角松敏生プロデュースで揺り起こされた彼女本来の陽気な個性。ブラック&アダルト・コンテンポラリーのセオリーを踏まえたメロディックな夏女ダンス・ミュージックはR&B前夜、シティー・ボーイズ&ガールズのT.P.O.としてマストだったっけ。(萌木)

大貫妙子
『Aventure』 BMGファンハウス(1981)
YMOや山下達郎らが参加した、彼女の〈ヨーロッパ3部作〉と呼ばれるアルバムのなかの一枚。自由に恋と戯れ、エンジョイするシティー・ライフを、サンバやボサノヴァ、フランス映画のサントラなどをモチーフにした軽やかなメロウネスに乗せて。タイトルは、女性が躊躇なく好奇を露わにしはじめた時代を象徴させるもの。(久保田)

稲垣潤一
『Shylights』 テイチク(1983)
シンガー兼ドラマーである彼だが、筒美京平から大滝詠一までに至る個性派作家陣の作品も自分のカラーに染め上げてしまうスキルは流石。タイトルのとおり情感ほとばしる名曲“ドラマティック・レイン”から、スロウ・ボッサ“ロング・バージョン”など、真夜中のカー・ステレオや湾岸沿いのカフェ・バーで聴きたい一枚。(栗毛)

寺尾 聰
『Reflections』 東芝EMI(1981)
ドナルド・フェイゲン『The Nightfly』に先駆けること1年、本テーマに沿った名盤でもあり、ジャパニーズAORの金字塔とも讃えられるアルバム。収録曲には、サンバ、ルンバ、ボサノヴァ、レゲエを基調としたアレンジが施され、もともとベーシストであった彼の、リズムへのこだわりが窺える。大ヒット曲“ルビーの指環”収録。(久保田)


角松敏生
『Gold Digger~with true love~』 BMGファンハウス(1985)
スタイル・カウンシルやシンプリー・レッドといったホワイト(メロウ)・ソウルに酔いしれた都会人(になりたい人たち)にとってボディー・コンシャスだった一枚。NY仕込みのファンキーなサウンド、ヒップホップ的アプローチを見せながらも、作品のド真ん中にあるのは、アーバンな香り漂うポップなメロディーライン。(久保田)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る