こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

INTERVIEW with 石井秀仁(3)――〈俺スタンダード〉な歌詞

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2011年11月16日 18:00

更新: 2011年11月16日 18:00

インタヴュー・文/土田真弓



〈俺スタンダード〉な歌詞



――青さんは曲を作るよりは歌詞を書くほうが大変、時間がかかる、っておっしゃってましたけど、石井さんもそうですか?


「まあそうですね。自分で楽曲を作ってデモを作って、そこで仮の歌詞で歌を乗せるじゃないですか。それで楽曲の正体が、全貌が見えて〈おし!〉ってなるタイミングがね、それがいちばん……自分のなかで達成感のピークっていうか(笑)。その時点では本当に適当な言葉を組み合わせて歌ってたりするから、どこもメロディーに対してハマりがいいわけですよね。そこに改めて、きちんとした言葉を乗せ換えるみたいなのはとてつもなく面倒臭いですよね」


――今回の“暗中浪漫”に関しては?


「実際、その曲っていうのは、トラックを先には録っていたけれども、ヴォーカル・パートに関してはいちばん最後に回したいぐらいだったんですよ。アルバムって考えたときにですけど、歌入れはいちばん最後、歌詞書くのもいちばん最後にしようと思ってて。それはなんか、他の曲の歌詞だったりタイトルだったりと帳尻を合わせていこうと思ってたからで、結構ハードルが高いことは高かったんですよ。だからメロディーも若干、歌が乗るようにいじくって、あと1回目と2回目のサビを同じ歌詞で歌うっていうね。そこはもう、単純に出来なかったっていうだけなんです(苦笑)。ホントはね、これは載るのかわからないけど、例えばですよ? すげえ殺人鬼の歌とか、そういう感じにしたかったんですよね。ああいうメロディーなんだけど、もう血みどろの歌詞で、サビに〈ピー〉って入ってますよ、みたいな(笑)。極端な話ね、そんなふうに思ってたっていう。あと3日あれば……」


――血みどろヴァージョンでした?


「いや、血みどろヴァージョンではなかったですけど。そのときはもうタイアップもあるし、みたいなのが頭にあったから」


――〈君に咲く〉あたりの歌詞は、ジュエリー・ブランドのCMに合ってますよね。


「でも、その部分だけじゃないですか(笑)? 歌詞なんて、見てもそんなに意味はないですよ。もっとね、俺、ゴミ屑系の歌詞があるんですよね。ゴミ屑シリーズ。それをもうちょっと極めたかったですよね」


――そのゴミ屑シリーズにはどんなものが?


「結構あるけど、最近の、いちばんゴミだなって思う歌詞はあれですね。ミニ・アルバム『≠』に“散影”っていう曲があって。あれは単語だったり文章だったりをバーッてどんどん書いてって、それを単語で区切るんじゃなくて1文字1文字で分けちゃって、それをまたくっつけたりとか、そんな感じで作ったんだけど、まさに〈散影〉って感じで。で、いちばん最後のサビだけは整ってるっていう」


――その“散影”以外で〈これが自分のスタイルだな〉っていう歌詞の書き方はありますか?


「まあ、これなんじゃないですかね」


――“暗中浪漫”?


「うん。自分のその、世界観みたいなのがあるじゃないですか。使う言葉にしてもね。で、俺はそれがほぼ全部同じですから。違うもののほうが少ない。違うものって何個かあるけど、例えば『10』(2009年)の“ハラショー! めくるめく倒錯”は、全然違うわけですよ。読むと、なんのこと言ってんのかわからなかったとしても、文章としては理解できますよ、っていうね。俺はそういうもののほうが珍しいわけですよね。たまにあったりするんだけども、基本的にはこういう〈俺スタンダード〉があって、全部それでいいです、って感じで」



特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!