こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

インタビュー

KEIZOmachine!とJUICYがそっと教えてくれた、HIFANAを、『CHANNEL H』を取り囲むあれこれ!

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2005年09月01日 16:00

更新: 2005年09月15日 19:02

ソース: 『bounce』 268号(2005/8/25)

文/原田 亮

ASALATO:HIFANAのトレードマークともいえる西アフリカの楽器。種の入った木の実ふたつに紐を通した、コンパクトなマラカス。JUICYはTRIBAL CIRCUS時代にアサラトの腕を磨き、グループの中で頭角を現したとのこと。DVDではその実演を確認できる。「これがあれば一生安心」(KEIZOmachine!、以下K)。「僕にとっては、音の出るヌンチャクですね!」(JUICY、以下J)。

ハンサム食堂:西荻窪駅北口近くのタイ料理~屋台居酒屋。HIFANAをはじめ、荻窪、吉祥寺エリアに住む酒好きDJたちが訪れて杯を交わすパワー・スポットになっているとか。「味、空気、人、立地、どれをとってもNo.1のタイ飯屋」(K)。「ブーツっていう店員さんが作る丼がうまい」(J)。

Keyco:ヒップホップ、R&B、レゲエ、ロックなどなど、ジャンルを超えてあらゆるフィールドで活躍するシンガー。2003年には4枚目となるアルバム『SEVEN』(東芝EMI)をリリース。

吉祥寺:HIFANAのホームタウン。前作『FRESH PUSH BREAKIN’』にはDJ KIYOらを迎えて、Star Pine's Cafeをもじった“S.P.C.(StuPidCut)”という曲も収録。また先述した“ASALATO”は、井の頭公園にてフィールド録音されている。「ここしかない!」(K)。「都会のオアシス(笑)」(J)。

KURTIS FLY:巧みな話術で笑いを操る京都のレゲエDJ。2003年にリリースされたコンピ『Oh My Bad!』(Bass Kulcha/ISLAND/ユニバーサル)にも参加。「PRO. CHINNEN君が紹介してくれた人」(J)。

三宅洋平(犬式):犬式のヴォーカル/ギター担当。最近では複数のバンドが転換なしでノンストップ・リレー演奏を行う企画〈nbsa+×÷〉の首謀者としても活躍。今年6月には犬式のファースト・アルバム『Life Is Beatfull』(provincia)をリリース。「洋平君は地元が吉祥寺で、結構ご近所ですね。犬式のメンバーとは前から何かと会っていた仲」(J)。

MPC:説明無用の名サンプラー・シリーズにして、HIFANAのパフォーマンスにおける重要な要素。世界初のリズムマシンといわれる〈リンドラム〉の生みの親、ロジャー・リンも開発に協力したグルーヴ・ギアで、パッドドラムとして演奏が可能。「おとなの……音おもちゃ。ちゃんとやればソッコーで扱えますよ」(K)。「とっつきやすそうで、とっつきにくいヤツ」(J)。

TUCKER:発作感(!?)と熱気溢れるリズムボックス操作、エレクトーン演奏などでお馴染みのアーティスト。2003年にファースト・アルバム『TUCKER IS COMING』(BANGPAK)をリリース。HIFANAの新作には意外にもまったりしたダブ・テイストの“WAIYANDUB”で演奏素材を提供。「ファースト・アルバムを出したときに、スペースシャワーTVの番組〈BBL〉ライヴで初めてセッションして。すごい良かったから、お互い〈いつかやろう〉と言っていましたね」(K)。

TURNTABLE:HIFANAのパフォーマンスにおける重要な要素その2。今回のDVDではCDJを使った2人のスクラッチをチェックできる。「オモロ楽器おもちゃ」(K)、「へけぴゅ~」(J)。

TWIGY:MICROPHONE PAGER~KAMINARI-KAZOKU.でお馴染みの重鎮ラッパー。今年7月にHI-Dとのコラボレーション・アルバム『LOVE or HATE』(東芝EMI)をリリース。なお、HIFANAの新作に収録されているプロモ・クリップでのトリッキーな動きにも注目。

U-zhaan&KEISUKE:今年2月に『みんなのジュンレイ』(キューン2/キューン)をリリースしたASA-CHANG&巡礼にも参加するタブラ奏者のU-zhaanと、シタール奏者の武藤景介ことKEISUKEの2人組。HIFANAの新作にはインタールード曲“NOW PLAYING”で参加し、インド色を注入している。「もともと知り合いで、タブラすっごいから。彼のライヴに行ったらシタールのKEISUKE君がやっていて。それでお願いしました」(K)。

VJ GEC:HIFANA、DJ KENTAROなどのパフォーマンスを映像演出するVJ集団。ライヴで映像をフィーチャーする機会の多いHIFANAにとっては同じ釜の飯を食べた仲とも言える。新作でも2曲のプロモ・クリップを手掛けている。ちなみにもともとはグラフィッカーズの下で腕を磨いたそう。「未来ですね」(K)。「音楽とくっついて、よりパワーアップ!」(J)。

ZAMURAI:HIFANAが主宰する不定期イヴェント。ジャンルを限定せずに多種多様なパフォーマーを招くのが特徴で、今年1月に初のDVD『NATIONAL GEOSCRATCH』(BEAT)をリリースしたDJ KENTAROや、2004年にセカンド・アルバム『DIGITAL BREATH』(W+K東京LAB)をリリースしたAFRAをはじめ、GAGLE、DJ UPPERCUT、Leyona、大道芸人デュオ=がーまるちょばなども過去に出演している。「お得ナイトです!」(K)。「発表会☆」(J)。

記事ナビ

  • HIFANA
    • HIFANA(2)
    • KEIZOmachine!とJUICYがそっと教えてくれた、HIFANAを、『CHANNEL H』を取り囲むあれこれ!

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!