こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

掲載: 2019年12月02日 12:00

10年ぶりのソロ・ピアノ作となった上原ひろみ、新たな方向性による音楽性でアピールしたノラ・ジョーンズ、録音から35年を経て世に出たファンクな貴重音源のマイルス・デイヴィスというトップ3作がジャズ・シーンの“旬”を伝え、fox capture plan、ADAM at、SANOVAらの気鋭のJ-JAZZアーティストがシーンの“今”を作り上げ、AOR/フュージョン系のベスト、高音質盤等オリジナル企画盤がタワー・ジャズの“キーストーン”となった2019年、でした。

【1位】上原ひろみ『Spectrum』

 

【2位】Norah Jones『Begin Again』

 

【3位】Miles Davis『Rubberband』

 

【4位】fox capture plan『completeplan』

 

【5位】ADAM at『トワイライトシンドローム』

 

【6位】George Benson『URBAN WEEKEND WITH GEORGE BENSON』

 

【7位】SANOVA『ZIPANG』

 

【8位】Various Artists『AWESOME FUSION! The Best Fusion of Universal Music Gems』

 

【9位】Bill Evans (Piano)『Some Other Time: The Lost Session from The Black Forest』

 

【10位】Various Artists『NO MATTER WHAT FUSION! The Best Fusion of KING RECORDS Treasures』

 

【11位】Bill Evans (Piano)『Evans in England』

 

【12位】Bill Evans (Piano)『Another Time: The Hilversum Concert』

 

【13位】Al Jarreau『URBAN VIBRATION of AL JARREAU』

 

【14位】Various Artists『Amazing Jazz Chorus…Sometimes Scat』

 

【15位】John Coltrane『Blue World』

 

【16位】WONK『Moon Dance』

 

【17位】Miles Davis/Bill Evans (Piano)『Complete Studio & Live Masters』

 

【18位】bohemianvoodoo『MOMENTS』

 

【19位】山中千尋『プリマ・デル・トラモント』

 

【20位】Michael Franks『URBAN FASCINATION of MICHAEL FRANKS』