こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check
タワレコオンライン 2014年ヒット商品大集合!

2014年アーティスト

〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉木暮栄一(the band apart)編

1998年に東京にて結成された4人組のエモコア/オルタナティヴ・バンド。メンバーは荒井岳史(vo、g)、川崎亘一(g)、原昌和(b)、木暮栄一(ds)。1年9カ月ぶり、通算7枚目のフル・アルバム『謎のオープンワールド』を1月21日にリリース。

2015/01/14 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉木田龍良(トレモノ)編

2009年に結成された、沖縄県石垣島出身のバンド。ソウル、ファンク、レゲエ、ラテン、サーフなどさまざまなジャンルを独特なセンスで“チャンプルー”し、独自のポップ・サウンドを構築。2013年、タワーレコード主催オーディションにてグランプリ獲得。同7月、初の全国流通盤『TropiCarnival』をリリース。

2015/01/14 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉小林 "Bobsan" 直一(Mountain Mocha Kilimanjaro)編

2003年頃結成、2007年より現在の6人編成となる。2008年、1stアルバム『Mountain Mocha Kilimanjaro』をリリース。発売直後に話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL’08に異例の緊急出演。2014年3月には4thアルバム『壱弐参四伍録』を発表。全国各地のクラブシーンからライブハウス、野外フェスに至るまで幅広いパフォーマンスを続けている。

2015/01/14 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉中田亮(オーサカ=モノレール)編

1992年の結成以来、一貫して「68~72年のFUNKサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、国内外を問わずシーンの第一線を走り続けてきた。ジェイムズ・ブラウン・スタイルを基本として、ソウル/ファンク、そして1960~70年代の魅力に最も真摯に取り組むグループを目指している。2014年8月、通算8枚目となる最新作『RIPTIDE』発表。

2015/01/14 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉西脇友美(The nonnon)編

2012年The nonnon結成。西脇友美(Vo.&Gt.)、ナオ(Dr.) によるガールズユニット。その折れない女子っぷりを発揮したライブパフォーマンスやYOUTUBE上の動画が各方面で話題を呼ぶ中、待望のミニ・アルバムがリリース。

2015/01/13 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉LEF!!! CREW!!!編

3人同時の多発テロ的DJスタイルで、ありとあらゆる音という音を自分たちのストーリー(DJ)のピース(欠片)として繋ぎ合わせてドラマを作り出し、現場を盛り上げる、煽り立てるDJクルー : LEF!!! CREW!!!(レフクルー)。

2015/01/13 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉竹内朋康編

マボロシ/元SUPER BUTTER DOGのスーパー・ギタリスト、竹内朋康によるキャリア初のソロ・アルバム。フジテレビ『テラスハウス』の挿入歌に使用された話題曲「Step by Step feat.Full Of Harmony」他収録。

2015/01/13 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉伊東真一(HINTO)編

安部コウセイ(Vo,Gt)率いるロック・バンド、HINTOの2年ぶりとなるセカンド・フル・アルバム。先行シングル「アットホームダンサー」、group_inouとのスプリット・シングルに収録された「マジックタイム」他を収録。

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉猪爪東風(ayU tokiO)編

猪爪東風(イツメアユ)のリーダー・プロジェクト、ayU tokiO(アユ・トーキョー)による初のCD作品。惜しまれつつ解散したMAHOΩというマジカル・ポップバンドのソングライターとして活動してきた彼の、ノスタルジックでポップな世界観を閉じ込めた粒ぞろいの一枚。

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉岩崎愛編

大阪出身。アコースティックを基調にしたサウンド、彼女の肉眼を通して描き出される歌詞、温かくも芯の強い歌声の三位一体が織りなす音楽性が高く評価される気鋭のシンガーソングライター。

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉吉田ヨウヘイ(吉田ヨウヘイgroup)編

2012年4月に結成、1stアルバム「From Now On」を2013年3月にリリース。2014年6月にPヴァインより森は生きている、ROTH BART BARON参加の2ndアルバム「Smart Citizen」をリリース。

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉入江陽編

シンガー・ソングライター/映画音楽家、入江陽のセカンド・アルバム。シュールでアンビバレント、異端なソング・ライティングのセンスを持つ彼の世界観を、大谷能生が大胆に再構築&プロデュース。

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉FEBB&CENJU編

それぞれ、2014年にソロアルバムを発売した注目のラッパーFEBBとCENJUが選ぶ2014年のお気にいりの1枚!

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉AKLO編

セカンドアルバム『THE ARRIVAL』を2014年9月に発売したAKLO。1月23日@渋谷CLUB QUATTROにてレコ発ライヴも決定!!

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉DJ HAZIME編

DJ HAZIME×Manhattan Recordsによる「日本語ラップまとめ」ミックスの最新作第4弾が好評発売中のDJ HAZIMEによる2014年のお気に入りの1枚!

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉DJ KOMORI編

Manhattan Records×DJ KOMORIの最強コラボによる、大人気R&Bミックス・シリーズの第6弾好評発売中!

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉 THE MARROWS編

Manhattan Recordsが贈る、ジャパニーズ・レゲエ決定盤第2弾!!! Home GrownもMINMIもRYO the SKYWALKERもMOOMINも!!正真正銘、続コレが最強ジャパニーズレゲエミックス好評発売中!

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉黒田大介(kickin)編

日本のトップ Funk DJとしてレギュラー・パーティー 「WAH WAH」、「IN BUSINESS」、「kickin」を中心に、日々ハードに活動中。そして2015年には、シーンから待望されていた自身のレーベル“kickin”が始動。今後さらに精力的な活動が期待される。

2015/01/15 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉Maika Leboutet編

CMや映画、ドラマ、アニメの音楽を担当する傍ら、自身の音楽と連動した映像の制作も手掛ける上にモデル活動まで行うマルチな才能を持つ。2012年ギタリストのShinyaと結成した2人組ユニットEA(エア)として1stミニアルバム『METEO』をリリース。2013年秋よりソロ活動を開始。

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉Negicco編

2003年、新潟特産“やわ肌ネギ”キャンペーンのために結成されたアイドル・ユニット。同年「恋するねぎっ娘」でCDデビュー。アイドル・フェスでグランプリを獲得し、ローカル・アイドルの頂点を極める。2011年6月、タワーレコード内レーベル〈T-Palette Records〉第1弾アーティストに。

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉バニラビーンズ編

北欧の風にのってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気を持つ“オシャレ系アイドル”。数々のユニークなプロモーションを行なう“実験型アイドル”でもある一方で、ビジュアルとサウンドは一流クリエーター達の手によって徹底的にオシャレに作られており、アーティストや有名クリエーター達からの支持も厚い。2015年2月3日は約2年ぶり4枚目のアルバム「バニラビーンズⅣ」の発売が決定している。

2015/01/09 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉三原健司(フレデリック)編

三原健司(vo、g)、康司(b、cho)の双子兄弟を中心に結成された、神戸出身の4ピース・バンド。あふれるユーモアと幅広い音楽背景から生み出される“忘れさせてくれない楽曲群”とアッパーなパフォーマンスを武器に関西を中心に注目を集め2014年9月に『oddloop』でメジャー・デビューを果たす。

2015/01/07 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉池田智子(Shiggy Jr.)編

4人組バンドShiggy Jr.のセカンド・ミニ・アルバム。前作のバンド・サウンドならではのハイスクール感を維持しつつ打ち込みの多用で、よりダンサブルに、よりキラキラ感を増したShiggy Jr.サウンドを確立。

2015/01/07 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉RYUHEI THE MAN (universounds)編

ファンク・ソウル・レアグルーヴ・ヒップホップなど、ジャンルと年代を超えた幅広い選曲と安定したプレイで絶大な評価があるDJ、RYUHEI THE MAN。高円寺のレコード・ショップuniversoundsも主宰する傍ら、2014年には、『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』シリーズ第5弾&シカゴの名門BRUNSWICKのオフィシャルミックスCDを発売!!

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉DJ KURONEKO編

東京都内を中心に様々な現場で活動してきたDJ KURONEKOの初のオフィシャル・ミックスCD『OVER CAST -19 SITUATIONS IN THE RAW』好評発売中!プロデュースはdj honda。全曲が今作のために制作されたエクスクルーシヴ曲で構成され、BLAHRMY×dj honda、Campanella×jjj、Young drunker×Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY等、今作オンリーのコラボの連続!

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉ISSUGI from MONJU編

2013年11月に発売されたBudaMunkとのコラボアルバムの記憶に新しい、ISSUGIによる2014年に一番聴いたCD&一番気になったアーティストセレクション。2015年には、自身のソロアルバムと16FLIPとしてのアルバムも発売予定だとか!?

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉KOWICHI編

2014年夏のクラブ・ヒット・チューン「Boy Friend ♯2 feat. pulley & DJ TY-KOH」で話題のラッパーKOWICHIが、そのDJ TY-KOHとのタッグで送るオフィシャル・ミックスCDを1月28日に発売!!

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉JAZEE MINOR編

数々のヒップホップ・アーティストと名コラボを生み出してきた"フィーチャリング・キング"ラッパー、JAZEE MINORのデビュー・アルバム『BLACK CRANBERRY』好評発売中!

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉MEISO編

自身のレーベルMeditative RecordsからMEISO and MUZONO『Sunshine and Coconut Water』が好評発売中!さらに2015年はDJ REIZによるMEISOオンリーのミックスCDをMary Joy×Meditativeから発売予定!

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉DJ SOULJAH編

総勢40名以上のアーティストが参加した、ファーストアルバム『BE MY GUEST』好評発売中!2月15日(日)渋谷VISIONにてArtist総動員のリリパも大決定!!

2015/01/08 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉Helsinki Lambda Club編

2013年夏、Vo.橋本薫の前身バンドより幾多のメンバーチェンジを経た後、現体制へ落ち着き、Helsinki Ramadan Clubと改名。その後2014年10月にあらためてHelsinki Lambda Clubと改名。UK PROJECTオーディション「Evolution!Generation!Situation!」最優秀アーティスト受賞。2014年12月、お通し的シングルを888枚限定でリリース。

2015/01/06 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉高橋一(思い出野郎Aチーム)編

2009年多摩美術大学で結成された7人組ファンク・バンド、思い出野郎Aチーム。2月には7インチで先行リリースされたロスト感満載のメロウ・グルーヴ「TIME IS OVER」をはじめ、フロアを暑苦しく揺らす彼らのファンクネスを凝縮したファースト・アルバム『WEEKEND SOUL BAND』をリリース。

2015/01/05 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉柳沢亮太(SUPER BEAVER)編

東京都出身の日本のロック・バンド。メンバーは渋谷龍太(vo)、上杉研太(b)、柳沢亮太(g)、藤原“26才”広明(ds)の4名。2005年に結成。2007年12月、初の全国流通となる1stミニ・アルバム『日常』を発表。2012年には自主レーベル〈I×L×P× RECORDS〉を設立。ライヴを中心にパワフルに活動を展開。2014年2月、フル・アルバム『361°』をリリース。

2015/01/05 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉染谷大陽(Lamp)編

拘り抜いた濃密なポップスで作品ごとに熱心なファンを獲得する男女3人組、Lampの通算7枚目のアルバム。シティ・ポップスやブラジル音楽、ハーモニー・ポップスと形容されるこれまでの様式を引き継ぎつつ、彼らの音楽に対する誠実さ、創作意欲、イマジネーションが見事に結実した一枚。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉YURIKA編

東京三宿生まれ、三宿育ちのフィメール・ラッパー、YURIKAがKEN THE 390主宰"DREAM BOY"よりリリースするフル・アルバム。ダンス・ミュージック・シーンのトレンドをいち早く取り込んだトラック上で、女性らしい繊細さとパワフルさを持ち合わせたラップやメロディアスに歌う要素など、YURIKAならではの天真爛漫で無邪気なMCを披露。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉KLOOZ編

女性との出会いから別れまで、一つのストーリーを紡ぎ出したコンセプト・アルバム。サウンド・プロデューサーには話題のマルチ・アーティストseiho、世界が注目するビートメイカーgrooveman Spot等を起用。KLOOZの新しい魅力が感じられるアーバン・ミュージックを聴かせる一枚。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉OMSB編

SIMI LABのOMSBがBLACK SMOKERからリリースするCD。フィーチャリング・ゲストにはDOWNSHOT RIG(田我流&KILLER-BONG)が参加と怪しい雰囲気満載の一枚。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉CHAN-MIKA編

Rickie-Gバンドのバック・コーラスや、鎮座DOPENESS & DOPING BANDでの活動を通じて注目を集め、2012年にはiTunesレゲエ部門でベスト・ニュー・アーティストに選出、着実に新たなファンを獲得しながら、レゲエ~ヒップホップ・シーンの枠を超えて支持を集めるハスキー・ヴォイスの歌姫、CHAN-MIKA。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉清水郁哉(toconoma)編

2008年に結成された日本のジャム・バンド。インストゥルメンタルのダンス・ミュージックを軸に歌心あふれるメロディを奏でる。メンバーはKotaro Ishibashi(石橋光太郎)、Ray Yako(矢向怜)、Ikuya Shimizu(清水郁哉)、Ryutaro Nishikawa(西川隆太郎)の4名。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉海北大輔(LOST IN TIME)編

前作『(   ) トラスト オーバー サーティー』から半年という短いスパンで発表された本作には全11曲を収録。LUNKHEADの小高芳太朗、元No Regret Lifeの小田和奏、THE YOUTHの中村マサトシといった同世代のアーティストたちとのコラボ曲も収められた力作。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉一色徳保(つばき)編

3人組バンドつばきがVo&G.一色徳保の病気療養による活動休止を経て、4年ぶりにリリースしたアルバム。じっくりと自分と向き合い、探求し、丁寧な言葉で紡いだ歌は、様々な葛藤と心象風景を綴りながらも希望のメッセージが全編を貫く。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉髙橋勇成(paionia)編

スリーピースバンドpaioniaのダイナミズムとロックバンドとしての誇りを感じさせるセッション・ナンバー「boredom」から幕を開けるセカンドミニアルバム。不器用ながらももがき続ける奴らにしか放てない輝きがここにある。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉ウソツキ編

王道"うたもの"バンド、ウソツキの初の全国流通作となるミニ・アルバム。ラブソングでもシリアスな楽曲でも、"開けたメロディ"であることが彼らの最大の強み。堂々たる佇まいと群を抜いたポピュラリティの「金星人に恋をした。」を筆頭に、バンドのスタンダードな魅力が伝わる楽曲を収録。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉トクマルシューゴ編

トクマルシューゴの5枚目のフル・アルバム。これまでのイメージを残しつつ、期待を軽々と越え大きく躍進した大傑作!! 歌もの曲とインスト曲が多彩に配置された今作は、様々な異国の音色やリズムを自由自在に操り、それぞれの曲たちが存分に各々の魅力を発揮したスペシャルなアルバム!

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉CAMPANELLA編

東海の叩き上げラッパー、CAMPANELLAの満を持して届いた初のアルバム『VIVID』は、待たせただけのことはある密度の濃い作品!好評発売中

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉KETTLES編

コイケ(Gt/Vo)、オカヤス(Dr/Vo)による男女2人組ロックンロールデュオによるファーストミニアルバム。最も簡素な編成ながらコイケの鳴らす轟音レスポール、オカヤスの繊細かつパワフルなドラムス、融合する声を武器に日常と戦闘中。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉ZOMBIE-CHANG編

期待されていない新人。だけど、ブライテストホープな18歳女性シンガーソングライターのZOMBIE-CHANG、有馬和樹(おとぎ話)プロデュースによるファーストミニアルバムが完成!。現時点の夢は憧れの峯田和伸とツーマンをすること。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉KEN THE 390編

盟友TARO SOULやKREVA、Mummy-Dらシーンのトップランナーが参加した2年ぶりの7作目となるフルアルバム『#7』大好評発売中!

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉HAIIRO DE ROSSI編

プロデュースに"教授"ことHIMUKIを迎え、活動休止からの本格復帰となる通算5枚目のアルバム『KING OF CONSCIOUS』が好評発売中!

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティスト一番のお気に入りはCD?〉80KIDZ編

前作『TURBO TOWN』から2年半振り、通算4枚目となるオリジナル・アルバム!国内外から多数ゲストを迎え、カッティングエッジとポップが同居した傑作『FACE』好評発売中!2015年2月4日に『FACE』のセルフ・リクリエイト、リミックスアルバム『FACE : REMODEL 』も発売!

2014/12/24 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉福富優樹(Homecomings)編

2013年6月にミニアルバム『Homecoming with me?』、2014年3月に『I Want You Back EP』をリリースし目覚ましい成長を見せるHomecomingsのファーストフルアルバム!現在のバンドが持つ魅力とみずみずしいアイディアが溢れんばかりに詰まった珠玉の10曲を収録。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉ハンバートハンバート編

男女デュオ、ハンバートハンバートの通算8枚目のフル・アルバム。音楽の聖地、米ナッシュビルでレコーディングした、アメリカン・ルーツ・ミュージックの豊かさがぎっしり詰まった日本語ポップス。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉あーちゃん(きのこ帝国)編

2007年結成の4人組バンド、きのこ帝国のセカンド・アルバム。作品毎に表情を変えるきのこ帝国らしく、本作は今までに無いほどキャッチーな仕上がり。先行シングル「東京」をはじめとする書き下ろしの楽曲はもちろん、過去に作った楽曲も今の気持ちとスキルでアレンジし直して収録。

2014/12/26 [キャンペーン]
〈2014年アーティストの一番のお気に入りCDは?〉sumika編

2013年結成の3人組、sumikaの初の全国流通アルバム。海外の郵便物でも使用されているC/O(care of)という言葉を使い、"聴く人の中にまで、sumikaの音楽を届ける"というメッセージを込めている。

2014/12/25 [キャンペーン]
〈2014年アーティスト一番のお気に入りはCD?〉和田唱 (TRICERATOPS)編

結成18年目に突入したTRICERATOPSによる4年ぶりのオリジナル・アルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』大好評発売中!

2014/12/24 [キャンペーン]

2014年バイヤーが選ぶオススメ

FOREVER FOREVER

FOREVER FOREVER

NONA REEVES
通常価格
¥2,916
まとめてオフ
¥2,479

Sirens

Sirens

Gorgon City
通常価格
¥2,581
セール価格
¥2,271

Pocketknife

Pocketknife

Mr Little Jeans
通常価格
¥1,825
セール価格
¥1,606

Soul Power

Soul Power

Curtis Harding
通常価格
¥2,041
セール価格
¥1,796

My Krazy Life: Deluxe Edition

My Krazy Life: Deluxe Edition

YG
通常価格
¥3,013
セール価格
¥2,651

It's Album Time

It's Album Time

Todd Terje
通常価格
¥2,041
セール価格
¥1,796

Faith in Strangers

Faith in Strangers

Andy Stott
通常価格
¥3,121
セール価格
¥2,746

American Intelligence

American Intelligence

Theo Parrish
通常価格
¥5,821
セール価格
¥5,122

All Rise: A Joyful Elegy For Fats Waller

All Rise: A Joyful Elegy For Fats Waller

Jason Moran
通常価格
¥2,581
セール価格
¥2,271

Lathe of Heaven

Lathe of Heaven

Mark TurnerAvishai Cohen (Trumpet)Joe MartinMarcus Gilmore
通常価格
¥2,797
セール価格
¥2,461

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.