こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

intoxicate 特集

『オーケストラがやって来た』稀代の天才音楽家、山本直純が甦る 2014/03/13 [ Exotic Grammar ]

昨年12月11日。東京・錦糸町のすみだトリフォニー大ホールで「『オーケストラがやって来た』が帰って来た!」という風変わりな題名の演奏会が開かれた。翌朝フェイスブックに書き込んだ私の感想文が、当日の雰囲気を伝える。

想像の調教 2014/03/07 [ スペシャル ]

冨田勲の声の音楽

小泉文夫とNONESUCH EXPLORER 2013/12/10 [ Exotic Grammar ]

西洋中心の音楽地図を書き直すこと。各地の民族音楽をエキゾチシズムではなく、足元と地続きのものとして捉え直すこと。その延長線上にあるものとしてポピュラー・ミュージックを聴き直すこと。

GRAVITY OF JAZZ, TO COME 2013/11/19

GRAVITY OF JAZZ, TO COME

Claudio Abbado――類ない「Horizontal Maestro」 2013/09/09 [ BLACK OR WHITE ]

~ライバル?たちとの比較で語る~

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2013【パリ、至福の時】 2013/04/22

19世紀後半から現代まで、パリを彩ったフランス、スペインの作曲家たち。色彩あふれ、情熱みなぎる150年にわたる音楽のパノラマ。日本ではかつてない規模のフランス音楽の祭典!ビゼー、ドビュッシー、ラヴェルから、サティ、ブーレーズまで、様々な作曲家の名曲が集結。この150年間パリを彩った美味しい音楽の数々を、ご堪能ください。

大島渚―「罵り合い」の「論理」と「ポエジー」 2013/03/07

大島渚の偉大さを、僕らはまだ知り尽くしてはいない

粟津潔と山下洋輔 2013/02/14 [ Exotic Grammar ]

東京の夏、現代音楽の夏 2012/06/20 [ BLACK OR WHITE ]

サントリーはなぜクラシック音楽、とりわけ現代音楽にお金を使ってくれるのか……

  
ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.