こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

Special Thanks

以下のスポットでもintoxicateの配布にご協力いただいております。

コンサートホール/ライブハウス

東京オペラシティ コンサートホール

東京都新宿区西新宿3-20-2


Photo:kisrtian-pohl

《スウェーデン放送合唱団》
11年間続いたダイクストラ音楽監督時代の集大成ともいえる演奏会。シュニトケ、バッハ、ペルト、サンドストレム、更にストラヴィンスキー《詩篇協奏曲》のピアノ伴奏版(ショスタコーヴィチ編)と、さまざまな声の魅力を伝える曲目で希有な音楽体験を!
11/26(火)19:00開演
S席5,000円~B席3,000円

あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

大阪府大阪市北区西天満 4-15-10


《シャロン・シャノン》
~アイルランド、人気・実力No.1 アコーディオン奏者~
アイルランド伝統音楽のシーンを飛び出し、世界的ロックミュージシャンとも共演を重ねるなど、多くの人が愛してやまない天性のアコーディオン奏者シャロン・シャノンがザ・フェニックスホールにやってきます。
12/3(火)19:00開演
全席指定一般5,000円/学生1,500円

すみだトリフォニーホール

東京都墨田区錦糸1-2-3


いま聴かなければ追いつけない。次の時代のピアニスト ヴィキングル・オラフソンが新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。前半は独奏とトーク、後半は新日本フィルを弾き振り。
J.S. バッハ/ゴルトベルク変奏曲よりアリア、モーツァルト/ピアノ協奏曲第24番 K.491、ほか
12/11(水)19:00開演
S席5,500円 A席4,500円

新国立劇場

東京都渋谷区本町1-1-1


撮影:鹿摩隆司

クリスマス・シーズンの定番《くるみ割り人形》。幸せで温かな気持ちになるバレエ作品。チャイコフスキーの音楽も美しく、劇場で至福の時を。
12/14(土)〜22(日)
チケット料金12,960〜3,240円
※消費税率の改定に伴い10/1 以降、料金が変更になる場合があります。

KAAT 神奈川芸術劇場

神奈川県横浜市中区山下町281


《常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)》
戦後代表の劇作家・秋元松代の最高傑作の戯曲が初演から半世紀余を経て復活! 演出は芸術参与就任後初の長塚圭史、音楽は国内外で活躍の田中知之(FPM) が手がける。
【出演】白石加代子、中村ゆり、平埜生成、尾上寛之 ほか
プレビュー公演12/7(土)・8(日)
本公演12/11(水)〜22(日)詳細はHP

東京文化会館

東京都台東区上野公園5-45


《響の森》Vol.45「ニューイヤーコンサート2020」
外山雄三(指揮)、横山幸雄(ピアノ)、東京都交響楽団により、リスト「ピアノ協奏曲第1 番」、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」、外山雄三「管弦楽のためのラプソディー」他を演奏。
2020/1/3(金)15:00開演 大ホール
S席6,600円〜B席2,200円

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

新潟市中央区一番堀通町3-2


左から、森優貴、金森穣

《Noism1 + Noism0 森優貴/金森穣Double Bill》
元ドイツ・レーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督の森優貴がNoism1に新作振付! Noism 芸術監督・金森穣はNoism1とNoism0で新作を創作!
【演出振付】森優貴/金森穣
【出演】Noism1、Noism0
2020/1/17(金)19:00、18(土)17:00、19(日)15:00
彩の国さいたま芸術劇場
一般5,500円、U25 3,500円(全席指定)

水戸芸術館

茨城県水戸市五軒町1-6-8


左から、市原愛©吉田孝之
成田達輝©Marco Borggreve
中野翔太©Yuuji

日本を代表する作曲家・池辺晋一郎の企画・MC でお贈りする「クリスマス・プレゼント・コンサート」。今年は市原愛(S)、成田達輝(vn)、中野翔太(p)という注目の音楽家たちが集い、多彩なプログラムでクリスマス気分を彩ります。
12/22(日)17:00
一般3,500円、25歳以下1,000円

トッパンホール

東京都文京区水道1-3-3


《ジャン= クロード・ペヌティエ》
あたたかく深く、神秘的――“ ペヌティエ体験”とも称されるそのコンサートは、独特にして特別なひととき。現代には得難い個性で聴き手を魅了するピアノの巨匠、ドビュッシーとショパンを組み合わせた今回も完売必至。
11/8(金)19:00開演
全席指定6,000円/学生3,000円

静岡音楽館AOI

静岡県静岡市葵区黒金町1-9


©Marco Borggreve

《アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル》
世界的ピアニストへの階段を着実に登り続けているフランスを代表するピアニスト、アレクサンドル・タローが2012年に続きAOI に再登場する。
11/30(土)18:00開演
静岡音楽館AOI
全指定4,000円、22歳以下1,000円

いずみホール

大阪府大阪市中央区城見1-4-70


年間テーマ企画の「古楽最前線!」今年度の第三回はオペラ《ピグマリオン》です。この時代のフランスのオペラは、バレエ(ダンス)と音楽を融合させた総合芸術として発展しました。今回前半はバロックダンスと音楽を、後半はラモーの代表作《ピ グマリオン》をお届けします。優雅なバロックの世界をお楽しみください。
12/14(土)14:00開演
S席12,000円/A席10,000円/B席8,000円

彩の国さいたま芸術劇場

埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1


photo:Marco Borggreve

《佐藤俊介とオランダ・バッハ協会管弦楽団》
国際的な活躍が目覚ましい佐藤俊介が音楽監督をつとめる世界最高峰の古楽演奏団体オランダ・バッハ協会管弦楽団が待望の来日。J. S. バッハ作品はじめバロックの名曲を当劇場の親密 な響きでご堪能ください。
10/5(土)14:00開演
正面席6,000円 バルコニー席5,000円(U-25 3,000円)

横浜みなとみらいホール

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6


《横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート2019 -2020》
今年のカウントダウン曲は『チャイコフスキー:交響曲第5番 第4楽章』。豪華出演者の共演による華やかなコンサートで新年を迎えましょう!!
12 /31(火)21:00 開演 0:20 頃終演予定
全席指定 S席11,000円~C席6,000円

Hakuju Hall

東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5


©ノザワヒロミチ(Capsuleoffice)

岡崎出身の中木健二を中心に、長原幸太、鈴木康浩と結成したアンサンブル天下統一が、《サロン・コンサート》に登場! オペラの名曲を弦楽トリオで奏でる、美しき「歌声」に酔いしれる一夜に皆様をお招きいたします。
出演:長原幸太(ヴァイオリン)鈴木康浩(ヴィオラ)中木健二(チェロ)
12/19(木)19:00 開演
全席指定5,000円

めぐろパーシモンホール

東京都目黒区八雲1-1-1


《THE PIANO ERA 2019》
ピアノ世紀の到来を告げるフェスティバル、4回目の開催。
出演:[11/30] アントニオ・ロウレイロ・トリオ(ブラジル)、ニタイ・ハーシュコヴィッツ(イスラエル)ほか/[12/1]ゴールドムンド(USA)、高木正勝(日本)ほか
11/30(土)17:00、12/1(日)16:30、大ホール
〈指定〉前売6,800円/当日7,800円



武蔵野市民文化会館

武蔵野市中町3-9-11


《ラインホルト・フリードリヒ トランペット・リサイタル》
ドイツ最高のトランペット奏者の一人と名高い名匠の渾身のリサイタル! 弱冠24歳でフランクフルト放送響首席に就任し、その後巨匠アバドの絶対の信を得てルツェルン祝祭管首席などを歴任するなど華々しい経歴を誇る名手によるトランペット芸術の真髄!
11/25(月)19:00開演
2,500 円

武蔵野スイングホール

武蔵野市境2-14-1


《トリオSSP》
ニューヨーク・ジャズ最前線!! ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター等と共演し、ニューヨークの通までうならせるコリン・ストラナハン(ds)、ジュリアン・ショア(p)、ルーカス・ピノ(sax)が、全員リーダーのグループとして集結! 格安で現在進行形のジャズを体感だ!
12/13(金)19:00開演
3,500 円

渋谷区文化総合センター大和田

東京都渋谷区桜丘町23-21


さまざまなジャズのカタチをお楽しみいただく渋谷区主催JAZZ@OWADA“SHIBUYA JAZZ CROSSING4”。season16は、圧倒的な歌唱力で魅せる・聴かせる大野えりSpecial Bandの登場。
出演:大野えり(vo)川嶋哲郎(ts)類家心平(tp)太田朱美(fl)石田衛(p)米木康志(b)原大力 (ds)
12/28(土)16:00開演 伝承ホール
一般3,500円/渋谷区民3,000円 ※10/26チケット発売

モーション・ブルー・ヨコハマ

神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館3F

《小沼ようすけ x 沼澤尚 DUO Mix by 内田直之》
ジャズ・ギタリスト小沼ようすけと、スーパー・ドラマー沼澤尚。多彩な活躍により世界にその名を轟かすトップ・ミュージシャン2人の新プロジェクトが横浜に登場。今回はミックス・エンジニア 内田直之も参戦。圧巻の演奏とダブ・ミックスが融合し生み出される未知のサウンドと心地よいグルーヴを存分に味わってほしい。
11/20(水)
自由席4,800円

渋谷クラブクアトロ

東京都渋谷区宇田川町32-13-4・5F


《エミ・マイヤー デビュー10周年記念! 「Wings」ツアー》
デビュー10周年記念アルバム「Wings」をリリースしたエミ・マイヤー。レオン・ラッセル「A Song For You」のカヴァーを含む新作からと、デビューから10年間にライブでお馴染みとなった曲等を交えてハートウォーミングな歌に期待!
11/25(月)開場18:30/開演19:30
前売5,500円/当日6,000円

UNIT

東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル


6/21にデビュー・アルバム『Schlagenheim』をリリースした、大注目のブラック・ミディ(black midi)。結成からわずか1年であることから未だに謎が多いが、今最もアツい新生バンドという評判を早々に確立した。日本でもコアな音楽ファン達の注目を集める中、初来日ツアーが決定!
9/5(木) 19:00開演 前売り5,500円(ドリンク別)

ブルーノート東京

東京都港区南青山6-3-16 ライカビル


《The EXP Series #31 ジョエル・ロス"Good Vibes"》
いまジャズ・シーンで最も注目を浴びる若手ヴィブラフォン奏者、ジョエル・ロスが名門ブルーノート・レーベルからのデビュー作『キングメーカー』を携えて初来日を果たす。新時代の到来を告げるヴァイブ・ヒーロー、ジョエルの雄姿をお見逃しなく。
11/12(火)〜11/13(水)
7,000円(税込)

COTTON CLUB

東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル2F


《ジミー・ヘリング & THE 5 OF 7》
サザン・ロック、ブルース、フュージョン、ジャズ等の分野で才能を発揮してきた超絶ギタリスト、ジミー・ヘリングが最新ユニット“THE 5 OF 7”を率いて、自己名義としては初めてとなる日本公演を開催。
11/26(火)〜 28(木)18:30・21:00 開演(各2ステージ)、各9,000円〜

東京芸術劇場

東京都豊島区西池袋1-8-1


©Kiyotaka Saito

《ミーツ・ベートーヴェン・シリーズ Vol.1 仲道郁代》
ベートーヴェン生誕250年を記念して、第一線で活躍する5人のピアニストたちによる《ミーツ・ベートーヴェン・シリーズ》を年間通して5回、開催します。初回を飾るのは仲道郁代。フォルテピアノとモダンピアノを弾き分けて、ベートーヴェンの神髄に迫ります!
2020/1/10(金)19:00 コンサートホール
S席5,000円 ほか

青葉の森公園芸術文化ホール

千葉市中央区青葉町977-1


《天満敦子 ヴァイオリン・コンサート》 〜名器ストラディヴァリウスの響き〜
【演奏予定曲】ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)、ユモレスク(ドヴォルザーク)、望郷のバラード(ポルムベスク )、雪の降る街を( 中田喜直) ほか
【出演】天満敦子(ヴァイオリン)、勝呂真也(ピアノ)
12/8(日)14:00開演
指定3,500円

Eggman tokyo east

東京都千代田区岩本町2-6-12 曙ビルB1


《John Lennon Forever 2019》
ジョン・レノンが不慮の死を遂げた翌年の1980年からリッキー(写真)の提唱で始まり毎年欠かさず続いてきたジョンの追悼、トリビュート・ライヴ。ベテランから若手までが集いジョンとビートルズのレパートリーだけで構成される一夜です。
12/8(日)18:00開演
前売/当日4,000円(+1 ドリンク)

愛知県芸術劇場

名古屋市東区東桜1-13-2


《グランドオペラ共同制作ビゼー作曲カルメン》
長く愛されている不朽の名作を21世紀版としてアップデート。指揮はジャン・レイサム=ケーニック、演出は「あいちトリエンナーレ2013プロデュースオペラ『蝶々夫人』」で絶賛を博した田尾下哲が務めます。
11/2(土)3(日・祝) 各日14:00開演
全席指定S15,000円/A12,000円/B9,000円/C6,000円/D4,000円/プレミアムシート20,000円ほか

相模湖交流センター

相模原市緑区与瀬259-1


圧巻のテクニックと音楽性が話題の、世界的ハンドベルグループによるコンサート。手のひらサイズ~バケツサイズまで様々なハンドベルを駆使し、演奏を披露。シューベルトのアヴェ・マリア、QUEEN のボヘミアン・ラプソディ他。
12/22(日)14:00開演(13:30開場)
【全席自由】一般:3,500円(友の会・シニア1割引、学生・障がい者半額)

調布市グリーンホール

調布市小島町2-47-1


《Jazz From The City vol.50》
シリーズ50回を祝し、山中千尋(p)、鈴木良雄(b)、増尾好秋(g)、村上寛(ds)、紗理(vo)、纐纈歩美(sax)ほか、国内ジャズの豪華キャストが集結。
12/1(日)17:00開演(16:00からロビーライヴあり)
全席指定5,500円 ※ 22歳以下は3,300円

公益財団法人 東京二期会

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-25-12


不朽の名作《椿姫》
初来日サグリパンティ—をマエストロに迎え、若き宝塚演出家 原田諒の演出、二期会を代表するキャストによる“椿姫らしい”『椿姫』をお楽しみください。
2020/2/19(水)〜23(日) 東京文化会館4日間
S席15,000円(19、20)17,000円(22、23)〜E席2,000円 学生2,000 円

相模原市民会館

相模原市中央区中央3-13-15


《財津和夫コンサート2019with姫野達也~All Izz Well~》
財津和夫と姫野達也、「TULIP」のボーカリストでもあり、二人で織りなすステージはオリジナル曲にとどまらず、洋楽のカバーなど遊び心に満ち溢れた唯一無二のひとときです。「心の旅」等予定。
11/2(土)17:00開演、全席指定7,000円 相模原市民会館窓口にてチケット好評発売中。

TheGLEE

東京都新宿区神楽坂3-4 AYビルB1F


《田ノ岡三郎”Island tour”リリース記念 神楽坂独奏会》
「神楽坂独奏会」シリーズのライブ音源を含むニューアルバムの発売記念コンサート! 旅気分満載のアコーディオン・ソロを、秋深まる神楽坂で存分にお楽しみください。
10/22(火)開場/開演12:00/13:00
予約3,500円 当日4,000円【ご飲食代別途/予約制/先着順自由席

戸塚区民文化センターさくらプラザ ホール

横浜市戸塚区戸塚町16-17戸塚区総合庁舎4F


©Wataru NISHIDA

《鈴木理恵子 室内楽シリーズ Vol.11 至高のデュオ ブラームス ヴァイオリン・ソナタ全曲集》
ブラームスが遺した全3曲のヴァイオリン・ソナタを心ゆくまで味わうコンサート。
出演:鈴木理恵子(vn)若林顕(p)
12/21 (土)14:00 開演
全席指定 一般3,000円/ペア5,000円/学生1,500円



江戸川区総合文化センター

東京都江戸川区中央4-14-1


左から、髙木凜々子、實川風

《フレッシュ名曲コンサート 協奏曲×コンチェルト》
若き俊英2人が贈る、ブルッフとチャイコフスキーの協奏曲第1番!
【出演】水戸博之(指揮)、髙木凜々子(vn)、實川風(p)、東京フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)
11/30(土)16:00開演 大ホール
全席指定 S席4,000円/A席3,000円/学生券1,000円

ミューザ川崎シンフォニーホール

神奈川県川崎市幸区大宮町1310


大木麻理©草刈麻里

《MUZA パイプオルガン・クリスマス・コンサート2019 ~世界のクリスマスを聴く~》
ミューザのホールオルガニスト大木麻理と世界的ハンドベル奏者・大坪泰子率いるきりく・ハンドベルアンサンブルがお贈りする聖夜にぴったりのコンサート。「くるみ割り人形」やクリスマスソングを清澄かつ荘厳な響きとともにお楽しみください。
12/21(土)14:00開演
全席指定3,500円/U25 1,000円(小学生~ 25歳)

世田谷パブリックシアター

東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3F


《シアタートラム ネクスト・ジェネレーション vol.12 悪い芝居 vol.25『ミー・アット・ザ・ズー』【作・演出】山崎彬【音楽】岡田太郎》
若い才能の発掘と育成を目指す事業“シアタートラム ネクスト・ジェネレーション” に、今年は「悪い芝居」が登場。バンドの生演奏と共にエネルギッシュな舞台をお届けします!
会場:シアタートラム 12月上演予定

Tokyo Concerts Lab.

東京都新宿区西早稲田2-3-18


《映像と音楽のコントラプンクトゥス》
古楽器からMAXMSP まで、古今東西の楽器と技術を用いて、最先端の視聴覚体験を味わえる企画「映像と音楽のコントラプンクトゥス」が令和元年に始動! 圧倒的な音圧で繰り広げられる音楽と共に脳髄を刺激する映像をお楽しみ下さい。
出演:黒田鈴尊(尺八)、宮本MAX、有吉達弘(映像)、Asano5(direction)、須賀麻里江(vn)、伊藤美恵(hrp)、氏家厚文(ティバー&パイプ)
11/17(日)17:00開演
2,500円(当日3,000円)+1ドリンクオーダー(500円)

文京シビックホール

東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター1F


左から、須川展也/渡辺香津美©Yosuke Komatsu

《BUNKYO SIENA POPS 2019 わが青春のポピュラーミュージック!》〜今も 色あせない思い出のヒットナンバー〜
【出演】須川展也(指揮・sax)、渡辺香津美(g)、シエナ・ウインド・オーケストラ
【曲目】ライムライト、慕情、エデンの東、“007”メドレー ほか
11/23(土・祝) 15:00開演 大ホール
全席指定S席5,000円/A席4,000円/B席完売(S・A席 学生割引あり)

札幌コンサートホールKitara

北海道札幌市中央区中島公園1-15


©Marco Borggreve

《ルーカス・ユッセン&アルトゥール・ユッセン ピアノデュオリサイタル》
母国オランダで高い人気を誇るユッセン兄弟。それぞれがソリストとしても高い実力を持つ二人によるモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」など華麗な演奏をご堪能ください。
11/16(土)13:30開場 14:00開演
全席指定(税込) 一般4,000円 U25 2,000円

荻窪ベルベットサン

東京都杉並区荻窪3-47-21 サンライズ ビル1F

《スガダイロートリオ》
力強いグルーヴと透明感のある美しいサウンドは、ミニマルミュージック、ヒップホップ、ダブ、ロック、現代音楽など、メンバーそれぞれの個性がクロスオーバーし、あなたの五感を全方位から刺激します。アーバン でいて扇動的、ミニマルなのにダイナミック。エンターテインメント最後のフロンティアへようこそ。5年ぶりの新作「公爵月へ行く」をリリース。11/28(木)

緑区民文化センター みどりアートパーク

横浜市緑区長津田2-1-3

《Hungarian Rhapsody》
社会に媚びず自由な生活を送る芸術家達のボヘミアニズムというロマの精神を指標とし、ヴァイオリンを通じてその精神を体現し新しい音楽の確立を目指すBohemianist MasahiRoのデビュー10周年スペシャルライブ
11/14(木)14:00開演 みどりワンコインコンサート

福生市民会館

東京都福生市福生2455

©Kiyotaka Saito(SCOPE)

《いま、最強のヴァイオリンを聴く》
千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル(ピアノ:山洞智)
【曲目】J.S. バッハ:主よ、人の望みの喜びよ/ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 Op.12-2/ドビュッシー:月の光/滝廉太郎・千住明編:荒城の月 他
12/20(金)17:00開演
一般4,000円 好評発売中 詳細はHP へ

松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)

長野県松本市島内4351


ブラジル生まれの名チェリスト、アントニオ・メネセスが、故国を代表する作曲家ヴィラ=ロボスの没後60年にちなんで「バッハと南米」をテーマに田村響と共演。スケールの大きな音楽、サンバの国の人ならではの切れのいいリズム感に期待です。今回の来日でソロ・リサイタルは武蔵野と松本だけ。16時開演なので日帰り可です!
11/30( 土)16:00開演
一般4,000円/U-25 2,000円

銀座 王子ホール

東京都中央区銀座4-7-5


三浦一馬©井村重人

《クリスマス・コンサート 三浦一馬 ~バッハの世界~》
バンドネオン奏者、三浦一馬にとって聖域であるバッハ。プログラム前半はソロ、後半はポジティブ・オルガン奏者、山口綾規とのデュオでお届けします。常に真摯に音楽と向き合い、誠実に聴衆と接する三浦一馬が、聖なる季節に皆様に聴いていただきたいバッハの世界がここに。
12/13(金)19:00開演
全席指定5,000円

たましんRISURUホール(立川市市民会館)

東京都立川市錦町3-3-20


超絶技巧と唯一無二のグルーブでジャズを誰もが楽しめる音楽に進化させ続ける、人気爆発中の”笑って踊れる” ピアノトリオ「H ZETTRIO」。子供から大人まで楽しめるエンターテイメント性の高いパフォーマンスをお楽しみください。チケットは残席僅少です。
12/14(土)17:00開演
全席指定5,000円

ソニックシティ

さいたま市大宮区桜木町1-7-5

《ソニックシティ× 西本智実 Vol.2 「カルミナ・ブラーナ」》
演出・指揮/西本智実
振付/安藤美姫
舞踊/畠山愛理
管弦楽/イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
合唱団/イルミナート合唱団
児童合唱/浦和児童合唱団 ほか
好評発売中 S席8,800円/A席6,300円 ホールメンバーズ・県民割引あり

Bunkamuraオーチャードホール

東京都渋谷区道玄坂2-24-1


©Gildas Boclé

《小曽根真 クリスマス・ジャズ・ナイト2019》
今年はフル・オーケストラと共に、モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」ジャズ・アレンジ版などをお届けする豪華企画です!
出演:小曽根 真(p)、中村健吾(b)、高橋信之介(ds)、熊倉 優(指揮)、兵庫芸術文化センター管弦楽団
12/11(水)、12(木)19:00開演
S席8,500円/A席7,500円

Billboard Live TOKYO

東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウンガーデンテラス4F


今年もビルボードライブのクリスマス・シーズンにスタイリスティックスが登場。「ユー・アー・エヴリシング」「誓い」「愛がすべて」などのスウィート&メロウなソウル・クラシックスに酔いしれる夜が到来。
12/18(水)〜20(金)&23(月)〜25(水)18:30・21:30開演(各日2ステージ)
料金等詳細はHP にて

Billboard Live OSAKA

大阪市北区梅田2-2-22ハービスPLAZA ENT B2F


1968年の結成以来、一度も途切れることなく活動を続ける世界最高峰のブラス・ロック/ファンク・バンド、 タワー・オブ・パワーが登場。レジェンド級の大所帯バンドが贈る、ソリッドなブラスとタイトなリズムセクションによる圧巻のグルーヴ。 11/20(水)・21(木)18:30・21:30開演(1日2ステージ)
料金等詳細はHPにて

神奈川県民ホール

横浜市中区山下町3-1


 左から、宮本益光、幸田浩子、ジョン・健・ヌッツォ、上野水香

《神奈川県民ホール年末年越スペシャルファンタスティック・ガラコンサート2019》
オリンピックへのカウントダウン! 豪華アーティストが祝う芸術の祭典!
Cond: 松尾葉子
司会・Bar: 宮本益光
Sop: 幸田浩子
Ten: ジョン・健・ヌッツォ
バレエ: 上野水香(東京バレエ団)
Vn: 荒井里桜/石田泰尚 神奈川フィル 他
12/29(日)15:00
S8,000円〜C3,000円/学生券有り

ギャラクシティ(西新井文化ホール)

東京都足立区栗原1-3-1


©AMUSE

FLYING KIDS出演! 昨年、30周年を記念して開催したイカ天イベントが再び西新井に! 前回よりさらにパワーアップした令和初となるイカ天イベントをお見逃しなく!
12/15(日)15:00開演
全席指定(税込)SS席10,000円(オリジナルT シャツ付)/S席6,000 円(オリジナルステッカー付)/A席5,000円

たちかわ創造舎

東京都立川市富士見町6-46-1 旧多摩川小学校


《たちかわキッズ・シアター・フェス》
子どもも大人も楽しめる、演劇とダンスのお祭りを初開催! バルーンアート教室や工作ワークショップなど、つくって遊べるエリアも。
出演:シアターオルト、すこやかクラブ、舞踏団ねねむ、スサイタカコ(ワークショップ)ほか
10/27(日)10:00~15:00 ※予約不要、直接会場にお越しください。詳細はHPで

吉祥寺シアター

武蔵野市吉祥寺本町1-33-22

ART by Kin Shiotani

《キン・シオタニ presents「むさしのんぽライブ #2」》
吉祥寺の街を彩るイラストレーター、キン・シオタニによるトークライブが今年も登場! 第二弾となる今回は「吉祥寺とは何か? むさしのとはどこか?」をテーマに、土地にまつわる不思議を語り尽くします。詳細はHPへ
11/23(土)13:00/18:00 開催

美術館

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階


梅田宏明《kinesis #3 - dissolving field 》 2019年
撮影:木奥恵三
写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

《オープン・スペース 2019 別の見方で》展は、メディア・アート作品をはじめ、現代のメディア環境における多様な表現をとりあげる展覧会。
出品作家:後藤映則、真鍋大度+坂本洋一+石井達哉、細井美裕、梅田宏明、岩井俊雄、 JODI、シンスンベク・キムヨンフン、三上晴子、ローサ・メンクマン他
入場無料
会期:2020/3/1 まで

山口情報芸術センター[YCAM]

山口県山口市中園町7-7


撮影:井上嘉和

《GEIST》
作曲家/ミュージシャンの日野浩志郎が2018 年に発表した、管楽器や打楽器などのいくつかの楽器のグループが、特殊な空間に点在しながら、演奏上のルールを同時に実行していくコンサートピース『GEIST』をもとに、楽曲や構成、舞台装置などの要素を大幅にアップデートした新作を制作、世界で初めて発表します。
12/14(土)・15(日) 各日 14:00開演/19:00開演

金沢21世紀美術館

石川県金沢市広坂1-2-1


「張込み」©1958松竹株式会社

《まるびぃ シネマ・パラダイス! vol.6「脚本家 橋本忍の描く黒い影」》
10 代後半から20 代半ばの学生を中心とする、映画に魅せられた若い世代が趣向を凝らすフィルム映画の上映会。「ゼロの焦点」「張込み」「黒い画集 あるサラリーマンの証言」「悪い奴ほどよく眠る」「白い巨塔」の上映と関連トークを実施。
11/23(土・祝)・24(日)、1回鑑賞券500円

十和田市現代美術館

青森県十和田市西二番町10-9


《やどかりに「やど」をわたしてみる -White Chapel-》2014-2015※参考画像 ©AKI INOMATA/Courtesy of MAHO KUBOTA GALLERY

《AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき》
生物の観察と調査を通して独創的な作品を作り出すAKI INOMATAの、日本の美術館では初となる個展。やどかりに3Dプリンターで制作した各国の都市を提供して住み替えてもらう作品など、他の生きものとの協業を通して人間や社会の本質をユーモアのある表現で問いかけます。
会期:9/14(土)〜1/13 (月) 休:月曜

八戸ポータルミュージアムはっち

青森県八戸市三日町11-1


《はっち市2019》
はっちを全館使った街中クラフト市。約60店舗のクラフト&フードが大集合し、自慢の逸品がずらり。クラフト市のほか、ライブやワークショップ、展示など盛りだくさんの3日間です。
日時:11/22(金)12:00 〜 20:00、11/23(土)10:00 〜18:00、11/24(日)10:00 〜17:00
場所:八戸ポータルミュージアム はっち、八戸まちなか広場 マチニワ

高知県立美術館

高知県高知市高須353-2


青木涼子©Hiroaki Seo

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2019 馬場法子
《Nopera AOI 葵》
全編版日本初演 青木涼子主演
能× 現代音楽× アート 能の概念を飛び越え新しいアートを創造し続ける能声楽家・青木涼子が、作曲家・馬場法子、演出家・佐藤美晴、ファッションデザイナー・山縣良和とのコラボレーションでおくる待望の公演。
11/3(日)開演14:00 一般2,000円、大学生以下1,000円(当日500円増)

長崎県美術館

長崎県長崎市出島町2-1


《アニミタス(チリ)》2014 / ビデオプロジェクション(HD、13時間16秒)、干草、苔、花 / 作家蔵©Christian Boltanski/ ADAGP, P aris, 2019,Photo by Amparo Irarrazaval

《クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime》
1960年代末から現在まで、歴史、記憶、死、不在をテーマとして活動を続けるフランスの代表的作家ボルタンスキーの回顧展。半世紀にわたる活動を紹介するとともに、展覧会全体をひとつの作品として提示する試みです。明滅する光や心と身体を揺さぶる音響などが、私たちを生と死をめぐるエモーショナルな旅に導きます。
10/18(金)~2020/1/5(日)

東京都現代美術館

東京都江東区三好4-1-1


THE COPY TRAVELERS
《机上の空間》2018
Photo: GIM IKHYUN [参考図版]

《MOT アニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影》
イメージ、言語、歴史、素材などすでにある世界と交感しつつ表現を紡ぐ5組の作家たちとともに「なぜ人は作るのか」という根源的な問いに向き合います。詳細はHPへ
【会期】11/16(土)~2020/2/16(日)
【開館時間】10:00-18:00
【休館日】月曜(祝日の場合は翌平日)

学校

京都造形芸術大学

京都市左京区北白川瓜生山2-116


映画学科学生募集!
大学に入ってから何を勉強するかを考える。だから面接や自己推薦でも入学できる! 俳優、監督、撮影、照明、録音、美術、編集、配給、いくつもの専門領域の中で自分に一番合ったスキルを伸ばす! 映画学科は今年も新しい出会いを楽しみにしています!
面接入試:11/13(水)
自己推薦入試:11/14 (木)

映画美学校

東京都渋谷区円山町1-5


現場の息吹の中で、脚本を勉強する映画美学校脚本コース初等科後期 11月開講!
高橋洋(『リング』シリーズ)、宇治田隆史(『私の男』)、金巻兼一(「地獄少女」)など、講師は全員現役の脚本家! シナリオの基礎から応用まで実践的なカリキュラムで脚本家を養成。第一線で活躍する脚本家を招いてのゲスト講義も!

国際アート&デザイン専門学校

福島県郡山市方八町2-4-1


黒澤アキトLIVE情報!
10/23(水) 場所:郡山@PEAK ACTION
10/26(土) 場所:須賀川 Vit Dalarna
11/3(日)〜6(水) 場所:郡山@PEAK ACTION
11/22(金) 場所:郡山#9

ニューシネマワークショップ

東京都新宿区早稲田町73番地 村橋ビル2F


『ミゾロギミツキを探して』
監督・脚本:吉野竜平

映画アクターズワークショップ「吉野竜平監督・映画出演クラス」で制作された『ミゾロギミツキを探して』が、新宿K’s cinemaにて公開されます。11/2(土)から11/8(金)まで連日18:45より、1週間限定ロードショー!
―大震災から7年、オリンピックまで2年。津波に飲み込まれたミツキは今どこに。

Baby Star Entertainment.

栃木県小山市三峯1-10-21 学校法人TBC学院


笹島 優(SASAJIMA YOU)19歳 栃木県出身
全国都道府県eスポーツ選手権2019IBARAKI/ウイニングイレブン2019栃木県代表決定戦のMC等、マルチタレント・MCとして数々のステージに出演中!
出演依頼はinfo@babystar-entertainment.jp まで。

レストラン/カフェ

Restaurant Bar Cay

東京都港区南青山5-6-23(スパイラル B1F)


《s-ken & いとうせいこう presents TokyoNewSource vol.2 〜women’s lib〜》
s-kenといとうせいこうがタッグを組んでプロデュースする二十一世紀版“東京ソイソース”。第2回目は、女性特集。“「草分け」と「新進気鋭」アーティストの 百花繚乱”
11/23(土) 開場17:00/開演18:00
前売・予約4,500円/当日5,000円(ご入場の際に1ドリンク代として600円を頂きます)
席種:着席または立見

サウダーヂな夜

岡山県岡山市北区天神町10-16 城下ビル2F


《残響SWIFT コンサート》
壷井彰久(vn)、佐藤芳明(acc)、伊藤志宏(p)、ファルコン(g)、渡辺庸介(per) による今をトキメク濃厚で贅沢な5人組、残響SWIFT。自由自在ドラマチックに奏でるその音は絶対に聴き逃せない極上のサウンド!
12/6(金)20:00開演
会場:城下公会堂
前売4,000円

フクモリ

東京都千代田区東神田1-2-10泰岳ビル1F


山形が育んだ美味しい食材を中心にした「カフェ兼定食屋 フクモリ」。
夜は秋風が涼しく過ごしやすい季節になりましたね。
こちらの「スプリッツア」と「ソーダティー」は洋梨を楽しめる秋限定のドリンクです。
ぜひ、ふらっと一杯お立ち寄りください。

カフェ モイ



カフェモイは、2019年10月をもちまして閉店致します。2002年のオープン以来、永らくのご愛顧ありがとうございました。
今後は、フィンランドと日本とをつなぐWEB メディアとしてイヴェント含め活動を続けてまいります。これからの「Moi」にも引き続きご注目下さい。

今古今と日日食堂

神奈川県中郡大磯町大磯55


《遊牧民の手仕事展》
遊牧民の遊び心ある模様が織り込まれたキリム、素朴で温かみのあるギャッベ。イランの風土が育む多様性、手仕事の温もりをぜひ感じてみてください。
10/ 9(水)〜20(日)11:30〜18:00  ※月火定休

Le coinbar ル コアンバール

群馬県前橋市新前橋町26-9 八兵衛ビル1階


林檎が出回る季節になってきました。10月から林檎を使ったメニューが登場します。
お料理は“豚ロースと林檎のソテー・ロックフォール添え” “鳥モモ肉と林檎のロティール”。デザートは“タルト・ノルマンド” “タルトタタン” “林檎のシードルコンポート” などなど。どれもシードルやフランス産ワインとよく合うメニューです。
お電話でお問い合わせ下さい。

映画館

アップリンク渋谷

東京都渋谷区宇田川町37-18トツネビル


©2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/Bruno Rizzato/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW Photo by Mayol family archive/Daniele Padovan/Daan Verhoeven/Junji Takasago/Mehgan Heaney-Grier

《ドルフィン・マン〜ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ》
驚異的な記録を残し、手にした栄光。その生涯は波乱に満ちていた。リュック・ベッソン監督『グラン・ブルー』のモデルとなった伝説の素潜りダイバー、ジャック・マイヨールの波瀾万丈の生涯を追ったドキュメンタリー。アップリンク吉祥寺でも公開。
11/29(金)公開

アップリンク吉祥寺

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコ地下2階


©PINTXOS2018 ©Emily Railsback c/o Music

《映画で旅する自然派ワイン》
自然派ワインにまつわるドキュメンタリー映画を特集上映! オーガニック大国フランスの映画《ワイン・コーリング》と、ワイン発祥の地・ジョージアの映画《ジョージア、ワインが生まれたところ》。有機栽培のブドウで真摯にワインを造る生産者たちを追った2本の映画をお届け。
11/1(金)公開

Bunkamuraル・シネマ

東京都渋谷区道玄坂2-24-1


©SKY UK LIMITED 2017.

《スペインは呼んでいる》
あのふたりが帰ってきた!イギリスのショービジネス界で活躍するスティーヴ・クーガンとロブ・ブライトンが、グルメ取材の旅に出る人気シリーズ待望の新作。北はバスク、南はアンダルシアまで、スペインの美食とカルチャーを味わう爆笑ロードムービー。
11/8(金)公開

ヒューマントラストシネマ渋谷

東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル7・8F


©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

《CLIMAX クライマックス》
雪が降る山奥の廃墟に集まった22人のダンサー。彼らは、知らず知らずにLSD入りのサングリアを飲み、集団ドラッグ中毒に陥る。抜け出すことも逃げ出すこともできない—その狂乱とカオスの一晩を、視覚&聴覚を刺激する圧巻の熱量と興奮で描き切った97分間。ギャスパー・ノエが放つ、2019年最も挑発的でスキャンダラスな1作。
11/1(金)全国公開

ユーロスペース

東京都渋谷区円山町1-5


主演に池松壮亮、蒼井優を迎え、新井英樹の同名漫画を真利子哲也監督が映画化した《宮本から君へ》を上映中。熱血営業マン・宮本浩が“絶対に勝たなきゃいけないケンカ” に挑む、究極の人間賛歌。11月からは今年デビュー50周年を迎えた細野晴臣に迫る唯一無二のドキュメンタリー映画《NO SMOKING》も上映。

テアトル梅田

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフトB1F


©2018 (PUPKIN) - VPRO

《マイ・フーリッシュ・ハート》
1988年5月13日午前3時、アムステルダム。宿泊先のホテルで謎の転落死を遂げた伝説的JAZZミュージシャン、チェット・ベイカーの知られざる“最期の日々” を辿る、<真実>の物語。
11/8(金)より全国順次公開

その他

BOOK CAFE/古本茶店 紙月書房

山形県山形市六日町7-53


『中南米音楽』1982年9月号です。
ガル・コスタのインタヴュー、クララ・ヌネス仙台公演の紹介、ピエール・バルーのインタヴュー、アストル・ピアソラの音楽についての座談会など、貴重な記事が満載です。
表紙写真もピアソラ。

古書 音羽館 otowa-kan

東京都杉並区西荻北3-13-7


チャサンポー公式ロゴマーク

いよいよ秋の「西荻茶散歩」 が迫ってまいりました。
11/2(土)〜4(月・祝)の3日間。
駅周辺に点々と広がる70件以上のお店の軒先で、無料のお茶や各店独自の催しが楽しめます。特製マップを片手に「やかんマーク」を探して散歩しましょう♪
http://www.chasampo.com/

雑誌の図書館 大宅壮一文庫

東京都世田谷区八幡山3-10-20


雑誌を約80万冊所蔵している図書館です。のべ676万件の雑誌記事データを自由に検索して頂けます。前号の表紙を飾ったオダギリジョーさんに関する記事は329件ありました。インタヴューや対談、映画評などを、掲載誌そのものを手に取ってご覧頂けます。どうぞご利用ください。