こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第184回 ─ デバージ・ファミリーの栄光と没落、そして……

ふたたびの挫折からカムバックしてきたチコ・デバージ

連載
360°
公開
2009/08/26   18:00
更新
2009/08/26   18:09
ソース
『bounce』 313号(2009/8/25)
テキスト
文/林 剛


  ご無沙汰です……と、6年近くの服役生活からシャバに復帰し、チコ・デバージがキダー・マッセンバーグの庇護のもと『Long Time No See』でふたたびファンの前に姿を現したのは97年のことだった。その後、キダーがモータウンの社長に就任するとチコも同社に移籍し、99年には『The Game』を発表。裏方としてもプロファイルやグレニークの作品に関与した。が、音楽面で意見が衝突したのか、チコはキダーの下を離れ、2003年には自身のレーベル=オリーヴから自由な環境のもとで制作した『Free』を出す。その後はふたたび麻薬所持容疑で逮捕されてしまうチコだが、晴れて無罪となると、キダーと再会。そうして、完全独立体制となったキダーのレーベルから6年ぶりに発表したのが今回の新作『Addiction: Reality Music』である。

 『Long Time No See』で打ち出したディアンジェロ風のオーガニックなスタイルは、“Oh No!”“I'm Okay”を聴いてもわかるようにいまも健在。マーヴィン・ゲイへの愛もこれまで通り打ち出している。キダーとの再会で迷いなくネオ・ソウルに取り組んだであろうことは、過日筆者が本国で観た盟友ジョーとのジョイント・ライヴで悩ましげにキーボードを弾き語る姿からも伝わってきたものだが、今回はジャズの雰囲気も強まった。また、メインの地声に加え、ファルセットのパートも増えている。タリブ・クウェリを招いたり、オートチューンをさりげなく効かせたりと、外界との対話ももちろん忘れていない。麻薬に依存(addiction)した過去を音楽に溺れることで償おうとするいまのチコは、いつになく清々しい表情だ。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る