こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第106回 ─ 鈴木惣一朗が語る!ビートルズへの『Love』と〈りんごの子守唄〉

第106回 ─ 鈴木惣一朗が語る!ビートルズへの『Love』と〈りんごの子守唄〉(2)

連載
360°
公開
2006/12/07   15:00
更新
2006/12/07   22:26
ソース
『bounce』 282号(2006/11/25)
テキスト
文/桑原 シロー

愛が大きければ、サウンドは多少ラウドでも人は眠くなる

――さて、そんな『Love』の一方で、惣一朗さんによる〈りんごの子守唄〉は、それと対極にあるような素朴な手触りの作品集だと思うのですが。

「あぁ……(笑)。僕はビートルズをイジれないんです。ビートルズの血縁以外の人がイジったものっておもしろくない。だからオーガニックに、シンプルに仕上げました。今回は僕が甘えられる人たちを呼んだ、って言うとおかしいけど、細野(晴臣)さんや曽我部(恵一)くんとか、何か大きな愛を持ってる人。僕が彼らの父性の中に入っていきたいって気持ちがあって……。〈抱いてください〉っていうことなんです、気持ち悪いけど(笑)。僕ね、高校の頃に“Helter Skelter”をかけてよく寝てたんですよ。キング・クリムゾンの〈宮殿〉でも、気持ち良くて寝られてた(笑)。これは僕の性癖なんですけどね」

――スゴイですね……(苦笑)。

「〈赤盤〉のときは、ミニマムに楽器を削ぎ落として作って、静けさを出そうという意識があった。でも今回は、そういうのはやめよう、音楽の中の〈愛〉が大きければ、サウンドが多少ラウドになっても人は眠くなるはずだ、と。それに愛が大きくないと、ビートルズじゃないでしょ? ちなみに初めて『Love』ってタイトルを聞いたとき、あまりにベタで一瞬〈え~〉って思ったけど、やっぱりこれしかないといまは思い直してる。やっぱり愛のバンドなんですよ、ビートルズは。ジャイルズはこれから台頭してくるんでしょうね。この親子はビートルズを解体/再構築するために生まれてきた、と僕のなかで確信しました。でも、ジャイルズはビートルズに対して意外とクールだったりして。考えてみれば、好きすぎたらできないもん、こんなこと(笑)。もしやストーンズ派(笑)? 会ってみたいな」

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る