こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第106回 ─ 鈴木惣一朗が語る!ビートルズへの『Love』と〈りんごの子守唄〉

実験精神と普遍的な音世界が融合した新作!

連載
360°
公開
2006/12/07   15:00
更新
2006/12/07   22:26
ソース
『bounce』 282号(2006/11/25)
テキスト
文/牛島 絢也

 日本で「ドラリオン」を公演中のシルク・ドゥ・ソレイユによる、ビートルズの楽曲をモチーフとした「Love」。そんなショウのサントラとして、ジョージ・マーティンとその息子=ジャイルズがビートルズの全楽曲を聴き直して、ヴォーカルやオケをパーツごとに分解、再構築して作り上げた『Love』は、ジョージのビートルズ・サウンドに対する愛情と、エディット&コラージュがあたりまえの手法となった現代を生きるジャイルズの感性が見事に合致した一枚です。“Sun King”を逆回しにした、その名も“Gnik Nus”、オノ・ヨーコが提供したデモからスタジオ録音版へと展開していく“Strawberry Fields Forever”、さらに“While My Guitar Gently Weeps”では、マーティン親子によるストリングスが新たに加えられたりと、思わずニンマリの仕掛けも満載の本作。磨き上げられた音粒の瑞々しい輝きにも〈いまを生きる〉ビートルズの新たな魅力が凝縮されています。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る