こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第98回 ─ 吾妻光良 & The Swinging Boppersによる特別講座が開講!!

第98回 ─ 吾妻光良 & The Swinging Boppersによる特別講座が開講!!(2)

連載
360°
公開
2006/09/07   19:00
更新
2006/09/07   22:15
ソース
『bounce』 279号(2006/8/25)

1時間目――ジャズ

荒木「『Seven & Bi-decade』を聴かせていただいて〈ジャズ〉がベースになってるのかなぁと。ジャズっていうと大人の音楽ってイメージで」

吾妻「古いからね、音楽自体が。俺らの先輩の団塊の世代には、すごい人気があったんだから。ジュディマリかアート・ブレイキーかってもんだよ(笑)。ただそういうジャズは俺がバッパーズでやっているものよりはるかに後のものだけどね……(しばらく日本での世代別のジャズ観の違いについてのお話が続く)」

荒木「でもお話を伺ってると、どこかで〈ジャズでありたい〉というこだわりを感じるんですが」

吾妻「ホントは心の奥底にちょっとあるのかも……恐ろしいことを訊くね、矢野ちゃんは」

荒木「荒木です。でも、ジャズなのかなぁと思いつつも、大人の音楽って感じはしませんでした」

吾妻「それは子供の音楽だって言いたいのか!(机をひっくり返そうとする)。よし、ジャズだな。この一枚、ということでナット・キング・コールを挙げよう。最初トリオをやっててね、ハーレムの大スターだったわけ。彼の良さはね、歌、サウンド、歌詞が洒落ている。それでいて熱いんだな(歌を交えつつ歌詞の講釈が続く……)」


ナット・キング・コール・トリオの編集盤『The Best Of Nat King Cole Trio -The Vocal Classics(1942-46)』(Blue Note)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る