こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第26回 ─ ミクスチャー・パーティー・ロック

第26回 ─ ミクスチャー・パーティー・ロック(2)

連載
Discographic  
公開
2004/03/25   17:00
更新
2004/03/25   19:16
ソース
『bounce』 252号(2004/3/25)
テキスト
文/武山 英丈、宮原 亜矢、渡辺 貴仁

ミクスチャー・パーティー・ロックなアーティストをご紹介!--KOTTONMOUTH

〈オレンジカウンティーの暴れん坊将軍〉ことコットンマウス・キングスが、オリジナルとしては実に6作目となるニュー・アルバム『Fire It Up』をドロップ! 94年の結成以来、パンクとヒップホップに共通項と可能性を見い出し、〈楽しければなんでもアリ〉的精神に乗っ取りそれらを融合させてきた彼らは、〈前人未踏のパーティー・サウンド〉を完成させ、広く世界に発信してきた。日々ツアーと遊びに明け暮れ、アルコール&イケナイものの大量摂取→病院送りを繰り返す破天荒ぶりもさることながら、約1年おきにアルバムを発表するという、軽薄そうな外見とは裏腹の勤勉ぶりもまた魅力の一つとなっている。(渡辺)

ミクスチャー・パーティー・ロックなアーティストをご紹介!--BORIALIS

 多彩な人種が集う街、ニュージャージーはネプチューン出身の6人組によるデビュー作『What You Thought, You Heard』が登場だ! キーボードとターンテーブルを加えた編成で、インタールードやサンプルの使い方はヒップホップ色が濃厚。ラップ・パートとメロディー・パートの絶妙なクロス加減やアレンジの斬新さで、たしかにこのシーンも時代と共に進化していることを確認できる。ビースティー・ボーイズの92年作『Check Your Head』の21世紀盤てな趣か!? 2002年には〈Warped Tour〉も経験済みの彼ら、ブレイクポイントはすぐそこまで来ているぞ!(武山)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る