こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

INTERVIEW(4)――ライヴに自信があるからやれた合唱曲

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2010年05月26日 17:59

更新: 2010年05月27日 15:09

インタヴュー・文/土田真弓

 

ライヴに自信があるからやれた合唱曲

 

――ちなみに、新作のなかで、これは新しいことができたな、っていう曲はあります?

kono「1曲目はわりと新しいことができたかな、っていう。これはじゃあ、masaさん」

masa「はい。1曲目はいま言ってた作り方と全然違ってですね、僕がエンジニアといっしょにブースに入って、〈ワン・ツー・スリー・フォー〉って言ったら〈ジャージャッ!〉だけください、はい、オッケーです、って言って、次は、〈ズッズッズッズッ〉だけください、はい、オッケーです、っ言って。で、それをエンジニアさんと二人で組んでった曲です」

――コラージュみたいに。

masa「はい。素材をいっぱい録ったのを、ペタペタペタペタッって貼ってって、最後にトオルさんに、〈合わせてドラム叩いてください〉って(笑)」

tachibana「だから僕が録ってる時、(他の三人は)M-1観てましたから(笑)」

masa「笑ってたら〈できたよー〉って(笑)」

tachibana「〈終わったよー〉って言って、聴くかなー?って思ったら、〈ちょっと決勝だけ観さして〉って(笑)」

――決勝のほうが大事なんだ(笑)。

kono「大事だったっていう」

――それは本当にもう、今回ならではの作り方ですよね。

kono「そうですね。プロツールスも、ただRecボタンだけ押して録るのもおもしろくないから、じゃあそれを使って遊ぼうぜ、みたいな。だからそもそもメインの曲にするつもりはなかったんですよね」

masa「俺が変拍子だらけの曲をやりたいっつって(笑)」

kono「ボーナスぐらいの感覚でいたら」

masa「出来たらわりとカッコいいな、って(笑)」

kono「〈個性的じゃない?〉って、こういう曲、なかなかないよね、って感じで出来たんで」

――本当に変拍子だらけのリード・トラックで(笑)。

masa「はい(笑)。普通の拍子がほぼないっていう(笑)」

――あと、最後の3曲って、繋がり方が凄まじいですよね。

masa「合唱からギター2本の、あれか」

――その合唱の部分というか、そもそも人の声が入っているところが新鮮でしたね。

kono「それに関しては、〈合唱してる曲を入れたいね〉っていうのがコンセプトにあって」

――最初の段階で。

Kono「そうなんですよ。お客さんは、基本的には歌のないバンドを観に来てるわけじゃないですか。で、そのバンドの曲で、お客さんが合唱してるってシーンが思い浮かんだんですよね。そういうインスト・バンドっていないじゃないですか。そういうことを俺たちがやれたらいいな、っていうコンセプトで、合唱ができる曲をやりたいなって思って」

tachibana「これは実際ライヴでやってみないと完成形が見えないというか」

kono「だからみんなも歌ってくださいよ、っていう」

masa「ライヴに自信があるからやるんですよ。インスト・バンドだけど客が歌い出したらおもしろいよね、って基本的には無理じゃないですか。ただ、〈あ、歌わせられるわ、きっと〉っていうところから始めたので」

hiro「おっと~」

――カッコ良いですね。

masa「はい(笑)」

kono「ミュージシャンっぽい、なんか(笑)。で、最初ね、男4人でやってみたわけですよ、合唱を」

――おお(笑)。

masa「すごくて。重低音が効いて(笑)。低音の魅力はあったんですけど、ちょっと、24~5歳あたり(のリスナー)には渋すぎるかな、って(笑)」

kono「まあ、女性の声のほうがいいんじゃないか、っていうので、残響のバンドたちのなかで女性ヴォーカル集めて。で、その10曲目で1回、アルバムは終わってるんですよ、ホントは」

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!