こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2010年05月26日 17:59

更新: 2010年05月27日 15:09

インタヴュー・文/土田真弓

 

どうエモーションを伝えるか

 

――今回は初めて重ねてみたわけですよね? やってみていかがでした?

hiro「重ねたっていうよりは、重なっちゃった、感じかな? うまく言えないですけど」

kono「自分たちのやりたいことを〈余分だったら消せばいっか〉って全部押し込んでみて、1曲のなかでバランスを整えていった、みたいな感じですかね。どっちかと言うと」

――だからですかね、今作を聴いて思ったのは、転調なんかは複雑ですけども、リフの効かせ方をはじめとして、作りがわかりやすくなっている。意外とミニマルだし。

kono「うん。それはホントに、詰めて、無駄なものを省いていって、行き着いたところがそういう感じだった、っていう。やっぱり曲はわかりやすく伝えたいな、っていうのがあるしね。複雑なことって、たぶん僕ら、できるんですよ。超変拍子で超ロングな、転調しまくりの曲とかもやろうと思えばできるんですよね。でも、別にそれはやりたくない、みたいな(笑)。それよりはもっとお客さんが喜んでくれてちゃんと伝わる楽曲のほうがいいんじゃないかな、っていうのはやっぱりあるんですよね」

――それはエモーションとかそういう?

kono「そうですね。まあホント、クールでも伝わるものもあるし、エモーショナルでも伝わるものもあるけど、ただ基本、すぐ熱くなるんですよ、みんな(笑)。このバンドは(笑)。なんだろ? みんな喧嘩っ早いからかな(笑)?」

hiro「体育会系だからね(笑)。でもやっぱり日本人特有のキレ方というか、日本人特有の怒り方ってあるじゃないですか。なんだろ? 細かいニュアンスで泣いたり笑ったり悲しんだりっていうのを、日本人特有の細かさをteは音にできてるんじゃないかな、って」

 

te_live2

 

――喜怒哀楽を?

hiro「まあ簡単に言えばそうなのかもしれないけど、喜と楽とか、喜と哀とか、その中間。そういう小難しい日本人らしさのバンドというか、そこの気持ちのフレーズとか、っていうのをteでは出してるな、って。今回は特に出せたなって思ってます」

tachibana「伝わらないエモーションよりも、どういうふうにエモーションを伝えるかっていうところで冷静に曲作りをして、今回のアルバムが出来たかなって感じはありますね。余計なものを削ぎ落してきた」

――だから、ひとつひとつ鳴ってる音がよく聴こえるという。その交わり方も……ライヴではカオスになっているところも音源だとすごくわかるというか。

kono「ああ、そうですね。ライヴで再現するのが大変な曲にはなったかな、って感じはしますけどね。それはこれからの作業なんですけど」

tachibana「難しいよね」

――テクニック的にも?

kono「そうですね。それもあるし、CDでしかできないようなことをやってしまったので。いままではライヴで再現できることをテーマでやってたんですけど、今回はより作品性みたいなところを追求しよう、みたいに作ったんで、ライヴでどのように再現されるか、それはそれで逆に楽しみにしてもらえればおもしろいのかなっていう」

――別物として楽しめるということですよね。

kono「そうですね。ギターならhiroが弾いたフレーズを俺が弾いたりとか、そういうことがもしかしたらあるかもしれないし。ライヴ観て、〈ああ、こういうふうに弾いてるんだ〉っていうところも楽しんでもらえればいいなと思いますね」

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!