こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

オンナの私にも言わせて!

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2002年11月07日 12:00

更新: 2003年02月12日 16:35

ソース: 『bounce』 237号(2002/10/25)

文/bounce編集部

そのルックスはもとより、ライヴや作品でもただならぬ〈オトコ臭〉を放っているモーサム・トーンベンダーの3人。そこで、いや、だからこそ〈オンナ〉の感想を聞いてみたい! 〈モーサム臭〉に惹かれる3人の女性ミュージシャンに直撃!

フミ(POLYSICS)

いっしょにライヴをしたときにTシャツをあげたら、裏返しにして着だした百々ちゃん。普段も何度か裏返しにして着てるのを見かけたことがある。なんで?って訊いたら、〈とっておきのオシャレ!〉だと。それにしてもヘンだよって思いそうなんだけど、百々ちゃんがしてるとなぜだか違和感がない。素直に〈そっか〉って納得できちゃうんだな。私はこんな瞬間にモーサムの〈唯一感〉を感じたりしてます。

中納良恵(EGO-WRAPPIN')

モーサム・トーンベンダーを初めて知ったのは“HigH”のプロモ・クリップでした。絶頂時の、目が光って、ウルトラ炸裂のシーンなんかを観て、私のなかの宇宙が回転した。男子3ピース。火の玉ロック。絡み。詩人……ひとりひとりの〈物語〉と〈俺の背中〉と〈心〉と〈両手に花〉なんか持って、差し出されたような気にさせられる色気。タフでタイトで、型にはまらないアナーキー。どういうわけか、口が開きます。

原田郁子(クラムボン、福岡出身)

モーサムのライヴ観よったら、えらいヒリヒリするったいね。なんかいな、ぐわぁーっち振り切れとぉけん。正気なんか狂気なんか驚喜なんか知らんけど。モーサムは、人が〈ROCK〉やけんが。やりようこと云々やなくてね。誰々っぽいなんとかやなくてね。こん人らが〈ROCK〉やけんが。つべこべ言わんで、それで良かろうもん?

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!