こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

タワレコ企画・選曲。名ピアニストたちがサイドメンとして参加した音源を集めた3枚組コンピレーション『THE SIDEMEN : JAZZ PIANO』

カテゴリ : タワーレコード オリジナル企画 タワー限定

掲載: 2022年08月02日 12:00

更新: 2022年08月30日 12:00

SDM

名ピアニストはサイドメンとしても超一流。
数々のジャズ・ピアニストたちがサイドメンとして参加した音源を集めた3枚組コンピレーション『THE SIDEMEN : JAZZ PIANO』。タワーレコード限定販売。

編成はカルテット、クインテットと様々、曲はまずピアノから始まる。そんな楽曲をメインにチョイスした全36曲。
「ビル・エヴァンスはマイルス・デイヴィスのバンドではどんな演奏をしているんだろう」「キャノンボールの『サムシン・エルス』やコルトレーンの『ブルー・トレイン』のピアノって誰だっけ?」と、ピアニストの立場になって“サイド目線”で聴いていくと、どんなバッキングで主役を引き立てているか、どんなソロで曲を盛り上げているか、バイプレイヤーとしてのアプローチの巧みさに驚かされ、有名曲や普段聴きなれた曲ではジャズ・コンポでのピアノの機能性や重要性をあらためて再認識。
ブルーノート、プレスティッジ、ヴァ―ヴなどの名レーベルを中心とした音源からピックアップ。

休日にジャズ好きが集まってこのCDかけて、「ピアニスト当てクイズ」(ブラインド・フォールド・テスト?)に講じるのも良し。
エンジョイ、THE SIDEMEN !

『THE SIDEMEN : JAZZ PIANO』収録内容
※曲名/サイドメンのピアニスト

DISC1:

01.If I Were A Bell / Red Garland ※♪キン・コン・カン・コン~の名イントロ!
02.Love For Sale / Hank Jones ※エレガントなイントロから曲に入るとラテン調に!
03.Undecided / Tommy Flanagan ※小粋なイントロ、名人芸!
04.Candy / Sonny Clark ※テーマ後最初にピアノ・ソロ!
05.There Will Never Be Another You / Norman Simmons ※的確なバッキングが光る!
06.Hush / Herbie Hancock ※ブルージーな響きでコール&レスポンス!
07.Indiana / Bengt Hallberg ※スウェーデンの名ピアニストによる好サポート!
08.Claude / Claude Williamson ※小躍りしたくなるラグ風イントロ!
09.Swingin' Kilts / Ray Bryant ※ワン・コードでひっぱるイントロが印象的!
10.Webb City / Carl Perkins ※軽快なスイングの好バッキング!
11.The Man I Love (Take 1) / Thelonious Monk ※逸話も残るマイルスとモンク

DSIC2:

01.Freddie Freeloader / Wynton Kelly ※クールなビートに寄り添うピアノが最高!
02.Bouncing With Bud / Barry Harris ※バップ・ピアノここにあり!
03.Lazy Bird / Kenny Drew ※イントロのピアノのクレバーなアプローチ!
04.Mosaic / Ceder Walton ※ラテンのビートに跳ねる!
05.Blue Moon / Charles "Dolo" Coker ※小粋なイントロに引き込まれる!
06.It's You Or No One / Horace Parlan ※ワン・コードのイントロから弾ける!
07.This Can't Be Love / Joe Zawinul ※ウェザー・リポート以前のスタイル!
08.Tough Touff / Eddie Higgins ※きらめきのイントロです!
09.Oleo / Horace Silver ※テーマ中間部のピアノは存在感あり!
10.Greasy / Walter Davis Jr. ※ブギウギ・イントロ?!
11.Walkie Talkie / Vince Guaraldi ※スヌーピーも振り返るピアノ?!
12.Surf Ride / Hampton Hawes ※西海岸風軽快なバッキング!

DSIC3:

01.I Love You / Walter Bishop, Jr. ※ラテン・ダンス風リフが印象的!
02.I Want To Be Happy / Oscar Peterson ※さすが技巧派、バッキングも一流!
03.Blue In Green / Bill Evans ※深い響きがどこまでも広がります。
04.Village Blues / McCoy Tyner ※どっしりとしたイントロのリフ!
05.Dexter Rides Again / Bud Powell ※ビバップ流儀を存分に!
06.So What / John Burch ※マイルスの名曲、名解釈!
07.A Waltz / Steve Kuhn ※ゆったりワルツ、ムーディ。
08.Phil T. McNasty's Blues / Duke Jordan ※ブルージー・ピアノ!
09.To Mickey's Memory / Bobby Timmons ※ラテン・フィーリング!
10.I Cried For You / Junior Mance ※スマート・スイング!
11.Hi Number / Don Friedman ※コードの響きで引き込む快感!
12.Autumn Leaves / Hugh Lawson ※名スタンダード、名プレイ!
13.Misterioso / Horace Silver&Thelonious Monk ※二人そろって参加の貴重音源!

【各曲オリジナル収録アルバム】
※アーティスト/アルバム名/録音年/レーベル名

DISC1:
01.Miles Davis『Relaxin' With The Miles Davis Quintet』1958 Prestige
02.Cannonball Adderley『Somethin' Else』1958 Blue Note
03.Curtis Fuller's Quintet『Blues-ette』1959 Savoy
04.Lee Morgan『Candy』1958 Blue Note
05.Johnny Griffin『Studio Jazz Party』1961 Riverside
06.Donald Byrd『Royal Flush』1961 Blue Note
07.Stan Getz『In Stockholm』1957 Verve
08.Howard Rumsey's Lighthouse All-Stars『In The Solo Spotlight! 』1957 Contemporary
09.Art Blakey『Holiday For Skins Vol. 2』1958 Blue Note
10.The Art Pepper Quartet『The Art Of Pepper』1957 Omegatape
11.Miles Davis『Miles Davis And The Modern Jazz Giants』1959 Prestige

DISC2:
01.Miles Davis『Kind Of Blue』1959 Columbia
02.Hank Mobley『Mobley's Message』1956 Prestige
03.John Coltrane『Blue Train』1957 Blue Note
04.Art Blakey & The Jazz Messengers『Mosaic』1961 Blue Note
05.from Sonny Stitt『37 Minutes And 48 Seconds』1957 Roost
06.Dexter Gordon『Doin' Allright』1961 Blue Note
07.Jimmy Forrest『Out Of The Forrest』1961 Prestige
08.The Cy Touff Quintet『Touff Assignment』1959 Argo
09.Miles Davis『Bags Groove』1957 Prestige
10.Jackie McLean『New Soil』1959 Blue Note
11.Conte Candoli『Conte Candoli Quartet』1957 Mode Records
12.Art Pepper『Surf Ride』1956 Savoy

DISC3:
01.Jackie McLean『Swing, Swang, Swingin'』1960 Blue Note
02.Stan Getz And The Oscar Peterson Trio『Stan Getz And The Oscar Peterson Trio』1957 Verve
03.Miles Davis『Kind Of Blue』1959 Columbia
04.John Coltrane『Coltrane Jazz』1961 Atlantic
05.Dexter Gordon『Dexter Rides Again』1958 Savoy
06.The New Don Rendell Quintet『Roarin'』1961 JAZZLAND
07.Kenny Dorham『Jazz Contemporary』1960 Time
08.Doug Watkins『Watkins At Large』1956 Transition
09.Chet Baker & Crew『Chet Baker & Crew』1956 Pacific Jazz
10.Johnny Griffin Quartet『Johnny Griffin』1958 Argo
11.John Handy『No Coast Jazz』1961 Roulette
12.Jimmy Forrest『Most Much!』1961 Prestige
13.Sonny Rollins『Volume 2』1957 Blue Note