こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

名ソプラノ初の録音集成!シュザンヌ・ダンコ~デッカ・リサイタル(8枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2020年06月25日 00:00

没後20周年記念、20世紀の名ソプラノ歌手の偉業を集大成、CD8枚組BOX限定盤
シュザンヌ・ダンコ~デッカ・リサイタル

ベルギー生まれのスイスのソプラノ歌手シュザンヌ・ダンコ(1911-2000)が今年8月10日に没後20周年を迎えます。それを記念して、オペラと歌曲のデッカ・リサイタルすべてと、オペラ録音からの抜粋を収めたCD8枚組BOXが発売されます。
20世紀における最高のモーツァルト・ソプラノ歌手と称えられたシュザンヌ・ダンコは、1941年イタリア、ジェノバで行われたモーツァルトの『コジ・ファン・トゥッテ』の公演でフィオルディリージ役でオペラ・デビュー、そして1947年7月ミラノでモーツァルトのアリア集をデッカに初めて録音しました。最初のオペラ録音は1952年4月、エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団とのドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』でした。アンセルメはダンコを理想のメリザンドとし、彼女の才能を見出したエーリヒ・クライバーと同じく、ダンコの芸術性を高く評価していました。
ダンコの録音はそれほど多くはありませんが、モーツァルト作品とフランス歌曲に特にその才能を現しています。フランス歌曲の歌唱においては彼女の右に出るものはいないと言っても過言ではありません。とりわけ、ドビュッシーの『艶やかな宴』、フォーレの『優しい歌』、ラヴェルの『シェエラザード』では心に残る正確な解釈を伝えています。長年のリサイタルのパートナー、グイド・アゴスティと録音したデッカ・アルバムのシリーズの中でもドビュッシーとフォーレは特に注目に値するものです。
多数のCD化となる曲、さらにテープの中から発見され初めて収録されたフーゴ・ヴォルフの『妖精の歌』が含まれています。
新規リマスタリング。オリジナル・ジャケット仕様。限定盤。

収録予定
《CD 1》[オペラ・アリア&歌曲集]1) モーツァルト:歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』より「岩のように動かず」、2) モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より「恋とはどんなものかしら」、3) シャルパンティエ:歌劇『ルイーズ』より「その日から」、4) ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「ああ、そはかの人か?花から花へ」、5) マスネ:歌劇『マノン』より「さようなら、私たちの小さなテーブルよ」、6) ビゼー:歌劇『カルメン』より「何を恐れることがありましょう」[ミカエラのアリア]、7) グルック:歌劇『アルセスト』より「あの世の神々よ」、8) パーセル:歌劇『ディドとエネアス』より「ベリンダ、あなたの手を~私が土の中に横たわるとき」、9-11) ラヴェル:歌曲集『シェエラザード』、12) ボノンチーニ:姿を隠さないでほしい*、13) カッチーニ:麗しのアマリッリ*、14) シューベルト:歌曲集『美しき水車小屋の娘』より第2曲:どこへ?(Take 1)*、15) シューベルト:歌曲集『美しき水車小屋の娘』より第2曲:どこへ?(Take 2)*、16) シューベルト:ますD550*
【演奏】イオネル・ペルネア(指揮)ミラノ・スカラ座管弦楽団(1, 2)、アルベルト・エレーデ(指揮)スイス・ロマンド管弦楽団(3-8)、エルネスト・アンセルメ(指揮)パリ音楽院管弦楽団(9-11)、フィリス・スパー(ピアノ)(12, 13)、グイド・アゴスティ(ピアノ)(14-16)
【録音】1947年7月、ミラノ(1, 2)、1950年4月、ジュネーヴ(3-8)、1948年5月、パリ(9-11)、1947年10月(12, 13)、1949年4月(14-16)、ロンドン
《CD 2》シューマン:1-16) 歌曲集『詩人の恋』Op.48*、17-28) 歌曲集『リーダークライス』Op.39*、シューベルト:29) 岩の上の羊飼いD965、30) ますD550、31) 糸をつむぐグレートヒェンD118、32) あなたは安らぎD776、33) ミューズの子D764
【演奏】ジェルヴァース・ドゥ・ペイエ(クラリネット)(29)、グイド・アゴスティ(ピアノ)
【録音】1949年4月(1-16)、1956年1月(29-33)、ロンドン、1952年4月、ジュネーヴ(17-28)
《CD 3》ブラームス:1) 五月の夜Op.43 No.2*、2) 子守歌Op.49 No.4*、3) セレナードOp.106 No.1*、4) われらはさまよい歩いたOp.96 No.2*、5) わたしの恋は緑にもえOp.63 No.5*、ヴォルフ:6) 隠棲*、7) 花のあいさつ*、8) 似た者どうし*、9) 四季すべて春*、10) アナクレオンの墓*、11) 妖精の歌**、モーツァルト:12) すみれK.476*、13) 夕べの想いK.523*、14) 寂しい森の中でK.308*、15) クローエに寄すK.524*、R.シュトラウス:16) 明日!Op.27 No.4、17) セレナードOp.17 No.2、18) たそがれの夢Op.29 No.1、19) 献呈Op.10 No.1、20) したわしき幻Op.48 No.1、21) グルック:歌劇『パリーデとエレーナ』より「ああ、私のやさしい熱情が」*、22) スカルラッティ:歌劇『女も誠実』より「もしフロリンデが誠実なら」*、23) カルダーラ:陽の光が*、24) ドゥランテ:踊れ、優しい娘よ*、25) カッチーニ:麗しのアマリッリ*
【演奏】グイド・アゴスティ(ピアノ)
【録音】1950年12月、ロンドン(1-11)、1952年10月、ジュネーヴ(12-20)、1952年7月、ローマ(21-25)
《CD 4》ドビュッシー:1-3) ビリティスの3つの歌*、4-6) 2人の恋人たちの散歩道*、7-12) 忘れられたアリエッタ、13-21) フォーレ:歌曲集『優しい歌』Op.61*、ドビュッシー:22-24)『艶やかな宴』第1集*、25-27) フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード*
【演奏】グイド・アゴスティ(ピアノ)
【録音】1950年12月、ロンドン(1-12)、1952年4月(13-21)、1954年5月(22-27)、ジュネーヴ
《CD 5》ラヴェル:1-3) 歌曲集『シェエラザード』、4-5) 2つのヘブライの歌、6-8) マラルメの3つの詩、ベッリーニ:9) 激しい希求*、10) 私のフィッリデの悲しげな姿*、11) お行き、幸せなバラよ*、12) 優雅な月よ*、グノー:13)『6つのメロディ』より「ヴェニス」*、14) ナイチンゲールに*、15) おいで、芝生は緑*、16) グノー/J.S.バッハ:アヴェ・マリア*、17) メンデルスゾーン:歌の翼にOp.34 No.2*、18) ブラームス:子守歌Op.49 No.4*、19) グノー:セレナード*、20) フォーレ:夢のあとに*、21) シューベルト:アヴェ・マリア*
【演奏】グイド・アゴスティ(ピアノ)
【録音】1954年10月&11月(1-8)、5月(9-15)、ジュネーヴ、1955年8月、フィレンツェ(16-21)
《CD 6》[G.ロッシーニよりルイーズ・キャルリエに捧げられた歌のアルバム]1) ロッシーニ:何も言わずに、2) ベッリーニ:私のフィッリデの悲しげな姿、3) パエール:優しい声の天使、4) ブリュギエール:春の訪れ、5) パンセロン:彼が町から帰ってくる前に、6) タドリーニ:心になんと甘いことか、7) コスタ:私の美しいクローリよ、誰か一人の男でも見つけなさい、8) マルリアーニ:ゴンドラでの散策、9) メルカダンテ:親しき風よ、どうか吹かないで、10) モルラッキ:情熱の薔薇、11) マイアベーア:一瞬のうちに甘く、12) ベルトン:3つの音の歌、13) ベルタン:愛しい子よ、安らかに眠れ、14) ケルビーニ:哀れな嘘、15) スポンティーニ:別れ、16) オンスロウ:楽園のダンテ、17) ゴルディジャーニ:皆が彼の水車小屋に水を引く、18) バッツィーニ:誰が好き?、19-24) 歌曲集『夏の夜』Op.7
【演奏】Ester Orel(メッゾ・ソプラノ)(4)、フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ(ピアノ)(1-18)、ソーア・ジョンソン(指揮)シンシナティ交響楽団(19-24)
【録音】1956年10月、フィレンツェ(1-18)、1951年4月、シンシナティ(19-24)
《CD 7》J.S.バッハ:1-5) カンタータ『全地よ、神に向かいて歓呼せよ』BWV51、6-14) カンタータ『しりぞけ、もの悲しき影』BWV202、15) シュッツ:Eile mich, Gott, zu erretten, SWV282*、J.S.バッハ:16) 御身が共にいるならばBWV508*、17) 何ゆえ悲しむやBWV516*、18) 来たれ、甘き死よBWV478*
【演奏】カール・ミュンヒンガー(指揮)シュトゥットガルト室内管弦楽団(1-14)、ジャンヌ・ドゥメッシュー(オルガン)(15-18)
【録音】1953年9月(1-14)、1952年10月(15-18)、ジュネーヴ
《CD 8》[アリア集]モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』K.492より1)「自分で自分がわからない」、2)「恋とはどんなものかしら」、グルック:歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』(フランス語版)より3)「Viens, viens, Eurydice, suis-moi」、4)「Viens, suis un ?poux qui t’adore」、5)「Mais d’o? vient qu’il persiste ? garder le silence!」、6)「Fortune ennemie」、モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527より7)「何と痛ましいことでしょう」、8)「ドン・オッターヴィオ…私、死んでしまう―今こそお分かりでしょう」、9)「おっしゃらないで、私の敬愛する人よ」、ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』より10)「Vous ne savez pas...C’est au bord d’une fortune」、11)「Mes longs cheveux descendent」、12)「Je les tiens dans les mains」、ラヴェル:13) 歌劇『子供と魔法』より「ああ、あの娘だ!あの娘だ!―薔薇の芯よ」、14) 歌劇『スペインの時』より「情けない運命」、15) オネゲル:交響的詩篇『ダヴィデ王』より「ああ、私に鳩のつばさがあれば」、16) ドビュッシー:神秘劇『聖セバスティアンの殉教』第2幕:魔法の部屋より「Je fauchais l’epi de froment, oublieuse de l’asphodele」、17) フォーレ:レクイエムOp.48より第4曲:ピエ・イエス

【演奏】エーリヒ・クライバー(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1, 2)、レオポルト・シモノー(テノール)(3, 4, 6)、ハンス・ロスバウト(指揮)コンセール・ラムルー管弦楽団(3-6)、アントン・デルモータ(テノール)(7, 8)、ヨーゼフ・クリップス(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(7-9)、ピエール・モレ(バリトン)(10-12)、フローレ・ウェンド(メッゾ・ソプラノ)(13)、エルネスト・アンセルメ(指揮)スイス・ロマンド管弦楽団(10-17)
【録音】1955年6月(1, 2, 7-9)、ウィーン、1956年4月、パリ(3-6)、1952年4月(10-12)、1954年10月&11月(13)、1953年5月&6月(14)、1956年10月(15)、1954年5月(16)、1955年10月(17)、ジュネーヴ

*DECCA初CD化
**初発売
【演奏】シュザンヌ・ダンコ(ソプラノ)