こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第413回 ─ HIP HOP LIVES!

第413回 ─ HIP HOP LIVES!(2)

連載
NEW OPUSコラム
公開
2008/10/02   23:00
更新
2008/12/19   14:58
ソース
『bounce』 303号(2008/9/25)
テキスト
文/bounce編集部

THE GAME ナニ? 誰が引退するんだって? 俺は一歩も退かないぜ!!


  NWAがいた頃のハードコアなウェストコースト・ヒップホップを継承するラッパー、ゲーム。50セント~Gユニットとの仲違い後は、そのビーフを楽しむかのようなパブリシティー・スタントもあって前作『Doctor's Advocate』は大成功を収めた(当然内容も素晴らしい)が、風向きは大きく変わった。引退宣言やその撤回、またGユニットを離脱(クビ?)したヤング・バックとの和解→結束なども、今回はそれほど大きな話題を生むことはなかったのだが、それゆえに新作『LAX』では余計なゴタク抜きに彼のラップに集中でき、単純に堪能できることだろう。

  得意技でもあるネーム・ドロップを駆使した先行曲“Game's Pain”こそカリ・マナーではあるものの、アルバム全体の振り幅は広く、リル・ウェインやリュダクリスとの共演は予測の範囲内とはいえ、コモンやレイクォンの参加は少し意外だ。そのレイクォンとの“Bulletproof Diaries”やアイス・キューブとの“State Of Emergency”あたりはいずれも鬼ストイックで激ハードコア。ゲーム自身が憧れのラッパーとの共演を楽しんでいる感もあって、そこに余計な気負いは微塵も感じられない。ドープなMCに小細工は必要ないってことだな。
(升本 徹)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る