こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2010年10月20日 17:59

インタヴュー・文/一ノ木裕之

 

俺が作られた過程

 

――LEGENDオブ伝説としての始まりは?

「18、19ぐらいの頃、自分たちでイヴェントやってたときに〈DJが足んないから、やろうよ〉みたいな。横浜にあったトランスのちゃらいハコの人たちが、自分たちのイメージするヒップホップのハコを作って。そこではずっと〈The Up In Smoke Tour〉のビデオが流れてたんですけど(笑)、みんな結構バイトやってたからタダで借りてて、FILLMOREくんとかTHUG FAMILYとかみんなブチこまれてた。いま思うと相当カオスなハコですね」

――当時は洋モノをかけることが多かった?

「そん時はそうですね。けど、好きな日本語ラップはかけてた。それから〈建設的〉で日本語ラップのセットをちゃんとやるようになったっていう」

――それから10年越し以上で今回初のオフィシャル・リリースとなるわけだけど。

「そうすね……っていうか、まさかの(笑)」

――ファイル・レコード音源のミックスということについては?

「嬉しかったっすね、普通に。ファイル音源で何を最初に買ったかは微妙なんですけど、キミドリとかもそうだし、スチャダラパーを聴きはじめてその周りをいろいろ買って、レコ屋のインディーズ・コーナー行って〈イ〉のとこでECD見つけて、そういえばスチャダラの〈スペシャル・サンクス〉のとこに載ってたなあ、MAJOR FORCEって書いてあるから間違いなんだろうな、みたいな感じでレーベル買いしてたり」

――選曲はどのように進めたの?

「とりあえず曲が膨大すぎて、一枚にとても入りきんないんですよ。で、一発目だし、せっかくミックスするなら、聴いてきて〈おもしれえな〉と思ってた曲、自分がちゃんと通ってきたとこを全部詰めて、俺がやったからこうなったみたいなのを出したかった」

――収録された曲然り、このあたりのアーティストからラッパーとして受けた影響もやっぱり大きいでしょ?

「相当あるし、俺が作られた過程はこういうことだったんだろうなって思う。バーベキューした時にこのミックスを聴いてたんですけど、同じラップ・グループだった奴が〈このミックス超良くね?〉みたいに言ってくれたから、同じ感覚だったんだなって思ったし、イントロの繰り返しとか聴いても〈くだらねえ〉って反応してくれた。それはすごい嬉しかったですね」

インタヴュー(2)へ

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!