こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

〈NYつながり〉だけじゃ、ストロークスは語れないぞ!!

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2003年10月30日 14:00

更新: 2003年11月20日 16:37

ソース: 『bounce』 248号(2003/10/25)

文/村尾 泰郎

「比べられたくない」って言ってる人たちのルーツ(とおぼしき)アーティストを紹介するというのも恐縮な話なんですが、あくまでここでは私感を交えて。とかくNY派のバンドの文脈で語られる彼ら、その乾いているけど濡れてるギター・サウンドはやはりテレヴィジョンを思い出させる。ただ、そこに秘められたエモーショナルな質感はアフター・グランジを感じさせる熱いものが。メンバーが音楽を聴きはじめた頃、世代的にもグランジ系のバンドを聴いてたらしく(ゴードンは当時、パール・ジャムと交流があったとか)、少なからず因果関係はあるようだ。そんななかストロークスが公にリスペクトしているのが、前作『Is This It』に収録された“Someday”のプロモ・クリップにも登場するガイデッド・バイ・ヴォイセズ。アルバートいわく「彼らは僕らがデビューする前からツアーに連れていってくれたんだ。レコードを作る前からの付き合いで、彼らの大ファンなんだ」とのこと。またガイデッドと共にビルト・トゥ・スピルの名前をフェイヴァリット・バンドとして挙げていたが、90年代USインディー・シーンで大きな注目を集めた両者に共通する真の意味での〈オルタナ感(革新性)〉に、ストロークスは反応しているのかもしれない。

▼文中に登場するバンドの代表作を紹介

記事ナビ

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!