こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

SUITE CHIC(3)

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2003年02月20日 12:00

更新: 2003年03月06日 16:27

ソース: 『bounce』 239号(2002/12/25)

文/猪又 孝

「彼女は……やれると思ってた」(今井)

 ところで、FIRSTKLASが手掛け、ZEEBRAのラップをフィーチャーしたパーティー・チューン“GOOD LIFE”は、安室が初めてラップ・シンギング(ラップのような韻がアクセントになっていつつもメロディーはちゃんとある)に挑戦した一曲。ZEEBRAが書いたライムを、安室は心地良くデリヴァリーしながら、これまでの作品にはなかった低音域でしなやかに歌い紡いでいる。

「ポップであったり、R&Bであったり、ヒップホップであったりというところをいっしょくたに考えたとき、なんとなく頭に思い浮かぶものといったらジェニファー・ロペスだったり、クリスティーナ・アギレラだったり、ブリトニー・スピアーズだったり、ジャネット・ジャクソンだったり。最初に音を作るときはそういうものをイメージしてたね」(ZEEBRA)。

「最初に聴いたときは〈コレ、かっこいい! やりたい、やりたい!〉と思ったんですけど、同時に〈私に歌えるかな?〉っていう不安もあって。なにせ韻を踏むのなんて初めてですしね」(安室)。

「今回のポイントは、彼女の代表作によくある、ハイトーンでバッと歌うっていうのと違うやり方でやる。あらかじめ、そんなに声を張らなくてもOKなキーに設定しておいて、アドリブやフェイクでガッといくみたいな。彼女はそういうUSのR&Bとぜんぜん変わらない手法でやれると思ってたし、そういうものをやってもらいたかったからね」(今井)。

そして、こうした曲に挑戦することで、安室は「私もラップをやってみたい」と思ったという。

「ラップは、やりたくてやりたくてしようがないんですよ。もうホントに。でも思うだけで、無理ですから」(安室)。

「でも、やりたいんだよね? じゃあ、その夢叶えましょうか?(笑)」(今井)。

「あ、アレ!? あのぅ、ここでお願いとかできますかね? ぶっちゃけた話なんだけど、俺、次のアルバムのシングル候補曲でサビを女の子ラッパーと絡みたいところがあるんだけど、その女の子がNGになっちゃって。だから、そこ、空いてるんですけどね(笑)」(ZEEBRA)。

「いや、もう無理無理無理! もう絶対無理ですからっ!!(笑)」(安室)。

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!