こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ロシア・ナショナル管弦楽団のショスタコーヴィチ交響曲シリーズ最新作は、キリル・カラビツの指揮で“交響曲第13番「バビ・ヤール」”を録音!(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2020年06月02日 00:00

カラビツ

カラビツがショスタコーヴィチの交響曲「バビ・ヤール」に挑戦!
ペンタトーンの名録音で迫力の男声合唱をあますところなく収録!!

ロシア・ナショナル管弦楽団はペンタトーン・レーベルとショスタコーヴィチの交響曲シリーズを続けていて、これまでにプレトニョフで第4、10、11番、パーヴォ・ヤルヴィと第7番、ユロフスキと第1、6番をリリースしましたが、今回はキリル・カラビツの指揮で第13番「バビ・ヤール」が登場となります。

「バビ・ヤール」は1941年にキエフ郊外で大勢のユダヤ人がドイツ軍に殺害された事件。これをソ連の詩人エフトシェンコが抗議を込めた詩作にしたものを歌詞に1962年に交響曲が作曲されました。しかし「バビ・ヤール」は第1楽章のみで、残りの4つの楽章はエフトシェンコの警句的な詩に基づきます。

カラビツはaudite レーベルでプロコフィエフのキテレツな「革命20周年のためのカンタータ」(AU 97754)を見事な統率力と激しいエネルギーの爆発をもって演じましたが、「バビ・ヤール」でも巧さ発揮。熱血でテンポは速くコンドラシンを思わせますが、21世紀的な客観性も光りまさに理想的な演奏を繰り広げています。

バス独唱はモルドヴァ出身のオレグ・ツィブルコ。オペラ歌手で、カナディアン・オペラ・カンパニーをはじめ世界中の歌劇場で活躍中。堂々たる歌唱と容姿で今後スターになりそうな可能性を秘めています。男声合唱とともに、迫力の世界をSACDであますところなくとらえています。
(キングインターナショナル)

【曲目】
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番 変ロ短調 Op.113「バビ・ヤール」

【演奏】
キリル・カラビツ(指揮)
ロシア・ナショナル管弦楽団
オレグ・ツィブルコ(バス)
ポポフ国立モスクワ・アカデミー合唱団
コジェヴニコフ合唱団

【録音】
2017年11月、DZZスタジオ5(モスクワ)
セッション録音