こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

パールマンとウィリアムズによる映画音楽の名盤『シネマ・セレナーデ』が初LP化!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) クラシックLP

掲載: 2019年04月30日 00:00

パールマンのシネマセレナーデ

1996年12月にピッツバーグ、ハインツ・ホールで収録されたパールマン&ウィリアムズの共演による映画音楽集です。両者の共演アルバムはこれが初めてでした。パールマンは「シンドラーのリスト」の映画サントラでもヴァイオリンを弾いていました。ヴァイオリンの巨匠パールマンがウィリアムズの音楽を深く理解した上で演奏にあたったこのアルバムは、1997年8月にCDで初発売されたときから評判を呼び、2000年と2004年に再発売されるなど長く人気を保っていました。

今回はSONY MUSIC KOREAからの世界初LP化となります。ソニーミュージックのオリジナルマスターテープからドイツのオプティマル・メディア社でマスタリング、カッティングされ、同社にて180グラム重量盤にプレスされています。
(タワーレコード)

【曲目】
1.「カラー・パープル」メイン・テーマ
2.「セント・オブ・ウーマン~夢の香り」より 「タンゴ(ポル・ウナ・カベーサ)」
3.「愛のイエントル」より 「パパ、見守って下さい」
4.「イル・ポスティーノ」のテーマ
5.「エイジ・オブ・イノセンス~汚れなき情事」のテーマ
6.「遥かなる大地へ」のテーマ
7.「シェルブールの雨傘」
8.「黙示録の四騎士」のテーマ
9.「サブリナ」のテーマ
10.「愛と哀しみの果て」のメイン・テーマ
11.「黒いオルフェ」より 「カーニバルの朝」
12.「シンドラーのリスト」のテーマ
13.「ニュー・シネマ・パラダイス」の愛のテーマ

【演奏】
イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)
ジョン・ウィリアムズ指揮
ピッツバーグ交響楽団

【録音】
1996年12月9~11日、ハインツ・ホール、ピッツバーグ
(デジタル・ステレオ)
* For the fisrt time on LP
* Vinyl cutting & mastering at Optimal Media Sector 5 Studio.
* 180 gram audiophile vinyl pressed by Optimal Media.
* Mastering from the original master tapes of Sony Music.