こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第185回 ─ capsuleのベスト盤は思い出の詰まったタイムカプセル……じゃない!

capsuleの外の世界はどうなってる?

連載
360°
公開
2009/08/26   18:00
更新
2009/08/26   18:09
ソース
『bounce』 313号(2009/8/25)
テキスト
文/轟 ひろみ

  中田ヤスタカが自身にとっての刺激的なサウンドを自身の思うままに展開して作り上げていく音世界がcapsuleのおもしろさだとしたら、その手法やアイデアが何かしらの外因を受けた形で成立してくるところが外部プロデュース作品のおもしろさだろう。昨年後半からのSMAPのプロデュースや青山テルマ“リズム”のリミックスなどを除けば、近年はアルバムを丸ごと手掛ける機会が多く、MEGの最高傑作と言っておきたい『BEAUTIFUL』は、capsuleで試みているスタイルに半身を寄せながら歌い手のエゴに余白も残された素晴らしい出来だった。口溶けの良くなってきたPerfumeは次がいちばん気になるという人も多そうだ。一方では単発モノの仕事もまた増えてきていて、スウィートボックスのリミックス、Crystal Kayの“step by step”などは何を望まれたのかも明白な作りでおもしろい。現時点では未聴ながら、次はMGMTだって? 

▼最近の中田ワークスを含む作品。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る