こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第492回 ─ FACT

ホットな彼らの激アツなナンバーをさらに熱くしたリミックス盤も最高です

連載
NEW OPUSコラム
公開
2009/05/21   02:00
更新
2009/05/21   17:39
ソース
『bounce』 309号(2009/4/25)
テキスト
文/青木 正之

 時代の潮流を的確に捉えつつ、FACTとガッチリ呼応するリミキサーを揃えたリミックス盤『NIVAN RUNDER SOUNDRAGS』は、海外も視野に入れたバンドらしく国内外のエッジーなアーティスト――石野卓球、BOOM BOOM SATELLITES、DEXPISTOLS、ジャンキーXL、4ヒーローのマーク・マックらが集結。そのなかにあって勢いを感じさせるのが新世代エレクトロ組だ。キツネから参加のオートクラッツは“paradox”のメロディアスな部分を強調したアレンジで聴かせ、世界が注目する仏エレクトロ集団のヴァレリーからはアノラークがミクスチャー・ロックよろしく“reborn”をエレクトロ・ヒップホップに転換、また急成長を見せる80kidzは“why…”をフィジェット風へと変貌させてFACTの勢いと混沌感をよりパワーアップさせている。さらにノーマン・クックの一番弟子=スペース・カウボーイは“purple eye”をグルーヴが渦巻くエレクトロ・ハウスに仕上げ、他にもDragon AshのHIROKIによるドラムンベースあり、スティーヴ・アオキのブリブリ・エレクトロありと目(耳)が離せないアイデアが満載なのだ!
▼参加リミキサーの作品を一部紹介。

前の記事

記事ナビ

  • 第492回 ─ FACT
    • ホットな彼らの激アツなナンバーをさらに熱くしたリミックス盤も最高です

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る