こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第4回 ─ TOWER RECORDS SHINJUKU 10th ANNIVERSARY〈タワレコ新宿10周年 vs 申し訳ないと11周年〉@ 新宿LOFT 2008年10月11日(土)

第4回 ─ TOWER RECORDS SHINJUKU 10th ANNIVERSARY〈タワレコ新宿10周年 vs 申し訳ないと11周年〉@ 新宿LOFT 2008年10月11日(土)(2)

連載
TOWER RECORDS SHINJUKU 10th ANNIVERSARY
公開
2008/10/16   09:00
更新
2008/10/16   18:25
テキスト
文/澤田 大輔

  午前2時を過ぎ、パーティーも深い時間へ入ったところで登場したのは、〈申し訳〉のロック担当、ギュウゾウ氏。Hi-STANDARD“My first kiss”などのバースト・チューンを主軸にしながらも、時折、クラブ仕様の四つ打ち曲を挟みこんで行く。カットイン・ミックスだけに留まらない流麗なDJっぷりには、ロックDJのネクスト・レヴェルを見た思い。

  そしてステージは再びヒップホップ・タイムに。ICE BAHNは、3MCによる怒涛のフリースタイル・ラップを展開。数々のMCバトルを制してきた、そのケタ違いのスキルをまざまざと見せつけられ、唖然。宇多丸氏の「50万枚は売れるべきアーティストですよ!」という賛辞を受けて登場したBOOは、代表曲“smile in your face”や吉田美奈子“恋は流星”のカヴァーなどを歌い上げ、とろけるようなメロウネスに会場をどっぷりと浸してくれた。

  時刻は早くも午前4時。ここからは宇多丸&ミッツィー申し訳のツー・トップDJによる〈純・申し訳タイム〉だ。中川翔子の新曲“綺麗ア・ラ・モード”でしっとりとスタートした宇多丸は、ゆったりとしたテンポのトラックを丁寧に繋いでいく。アコーディオンをフィーチャーしたBOOのメランコリック・ソウル“Caravan”がかかったところで、なんとBOO本人が再登場! DJ:宇多丸、ヴォーカル:BOOというレアなセッションに大歓声が上がった。

  そしてトリを務めるのは〈申し訳〉代表取締役のミッツィー申し訳。音のスタイルもBPMも自在に飛び越えながら、古今東西の邦楽曲を超スピーディーに繋ぐ〈オールジャンルJ-POPミックス〉で駆け抜けていく。一歩先の見えない予測不可能な展開に踊らされ続け、気がつけば終演の午前6時。ラストには中島美嘉の名バラード“STARS”が繰り出され、6時間を超えるスペシャル&アニヴァーサリーなJ-POPパーティーは幕を閉じた。

▼文中に登場した出演アーティストの作品

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る