こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第159回 ─ フィジェット・ハウスとは何か? ……今回はまだまだ序の口だぜ

2人しか写ってないけど……ドント・ケア!

連載
360°
公開
2008/10/16   22:00
ソース
『bounce』 303号(2008/9/25)
テキスト
文/石田 靖博


  大将のスウィッチと、クリック・ハウス寄りのフィールドで活動するジェシ・ローズの2人を除くダブサイデッド構成員によるクルー、それがマシーンズ・ドント・ケア(以下MDC)だ。写真に写っているのは、ザ・フーのサンプリングが鮮烈な“See Me”や、映画〈ロッキー〉などのネタに腰も抜ける“Cheap Thrills”でもっともフィジェット・ハウスらしい道を歩むハーヴと、最近ではサントゴールドを手掛けたシンデン(カウンターフィートをスウィッチと共同運営)の2人。カウント&シンデン名義による“Beeper”をスマッシュヒットを飛ばしたばかりのこのコンビがMDCと呼ばれる最小単位なのだが、2人による曲は超強力なオープニングの“Afro Jacker”のみ。他の曲にはダブサイデッドの仲間が入れ替わり立ち替わりで参加しており、まるで〈フィジェット界におけるレプラゼント〉のような最強集団となっているのだ。ここではその構成員を簡単に紹介していこう。

  まずは元ハウス・オブ909のトレヴァー・ラヴェイズ。UKディープ・ハウス畑にて長いキャリアを持つ彼は、もともとデイヴ・テイラーとスウィッチを組んでいたクリエイターでもある。ハーヴとはスピーカー・ジャンクなるユニットも組んでいる裏番的存在なのだ。また、ラヴェイズ同様にハウス・オブ909の一員だったアフィ・ユゼフは、過去にラス・ガブリエル主宰のフェロックスからリリースもある燻し銀のヴェテランだ。さらにはトリッキーやルーツ・マヌーヴァと仕事をしているグライムの新鋭、トドラ・Tにも注目だろう。他にもそのトドラ・Tのリミックスを手掛けたりスキントから自身のシングルを発表しているデットボイ、キッド606が主宰するタイガービート6を主戦場としてきたドロップ・ザ・ライム、といった面々が集う。残るひとりは元ワイズガイズ/現ブラック・ゴースツのDJトーシェことフェイク・ブラッド。彼はボンジ・ド・ホレのリミックスでも知られている。このように出自も人脈も音もバラバラな個性の結晶となるMDCは、地下ダンス・ミュージックのおもしろさを結集したフィジェット・ハウス自体の縮図なのだ。


トレヴァー・ラヴェイズの2004年作『Interstella』(Freerange)

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る