こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第11回 ─ ジャズる心

第11回 ─ ジャズる心(2)

連載
ライド音タイム
公開
2006/08/24   22:00
ソース
『bounce』 278号(2006/7/25)
テキスト
文/キャットフィッシュ久保田&ザ・ドンシャリーズ

達也パパが教えてくれる、ジャズる娘たちの名演集(規格外) 【A面】

“冬のアルバム” 
ジャズ・テイストを盛り込んだ80年代のアイドル・ポップってなかなかお目にかかれないけど、松田聖子はやっぱりやってました。ヒット・シングル“風は秋色”を含む80年のセカンド・アルバム『No-rth Wind』(ソニー)に収められたこの曲は、キュートなジャズ・ボッサ。季節はずれな曲だけどグー。


“謎のボーイフレンド” 
女優・藤真利子が84年にリリースしたアルバム『ガラスの植物園』(テイチク)は、フレンチ・ポップのスタンダードに自作の詞を乗せた創作集。フランス・ギャル“Jazz A GoGo”のカヴァーとなるこの曲のほか、ジェーン・バーキン“Da Doo Dah”など、ゲンスブール作品も調理してます。

“輪廻ハイライト” 
ナース姿のプロモ・クリップが話題となった椎名林檎のヒット・チューン“本能”(東芝EMI)。99年に発表されたそのシングルのカップリングには、こんなアダルトなジャズ・ナンバーが収められてました。東京事変でカヴァーした“ダイナマイト”など、なにげにジャズがハマる女性ですね、彼女は。

“わかってないじゃない” 
モーニング娘。のセカンド、太陽とシスコムーンのファーストと共に、ハロプロ作品における〈1999年の奇蹟〉と呼びたい、タンポポのアルバム『TANPOPO 1』(Zeti-ma)。石黒彩のソロ・ナンバーとなっているこの曲は、スウィンギーでお色気たっぷりのジャズ・チューンですぞ。


“Fly Me To The Moon” 
ひと昔前には〈エヴァンゲリオン〉のエンディングでお馴染みとなったジャズ・スタンダードだけど、ここで紹介するのは宇多田ヒカルによるカヴァー。2000年のシングル“Wait & See~リスク~”(東芝EMI)のカップリングとして収録されてます。HIKKIのジャズ物はもっと聴きたいなあ。

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る