こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第68回 ─ LITTLE BROTHER

連載
360°
公開
2005/07/21   17:00
更新
2005/07/21   18:07
ソース
『bounce』 266号(2005/6/25)
テキスト
文/キング数、森 杜夫

12人目の選手はキミだ!! リトル・ブラザーが開幕する〈俺たちのJリーグ〉

代表戦もいいけど、Jリーグにも注目だよ!!
リトル・ブラザー(以下LB)を中心に組織されるノースキャロライナのクルー=ジャスタス・リーグ……つまりJリーグは、日々そのサポーターを増殖させている。と書けば大袈裟だが、彼らのファン基盤が日増しに強固になってきているのは確かだ。そもそも9thワンダーがジェイ・Zのトラックを制作したことに端を発するこの〈Jリーグ・バブル〉だが、その9thはJリーグの同胞たちはもちろん、ブート・キャンプ組やメジャー作品などでその豪腕を振るっている。で、ついにはメジャー契約を果たしたLBのストリート・アルバム『The Chittlin Circuit 1.5』が登場した。既発曲~リミックス~未発表曲などを自由に編んだミックス仕立ての今作は、入門用としても重宝されるだろう、まさに濡れ手にバブル……じゃなく粟な仕上がり。とにかくそんなバブルに乗じて、レガシー、メディアン、アウェイ・ティーム、スプラッシュらこのページで紹介した以外のJリーグ選手たちも続々とアルバム・デビュー。注目のシーンなのだ。(森)

CESAR COMANCHE
9thワンダーの名前がアナログ・リスナーの間でにわかにブームになっていた2002年(つまりは彼がジェイ・Zに歩み寄る前)、彼がプロデューサーとして参加したMC/トラックメイカーのアルバムが密かに話題となっていた。それがJリーグに所属するセイザー・コマンチのデビュー・アルバム『Paper Gods』だった。この作品を未入手の方はぜひとも手に入れていただきたいのだが……もはや入手困難か?ともかく、同リーグからいち早く名を上げたこの〈思慮深い系ラッパー〉が、9thワンダーやニコレイ、クライシス&ショーン・ブーグ(アウェイ・ティーム)らチームメイトたちを招聘して作り上げたのが、このたび登場するニュー・アルバム『Squirrel & The Aces』。コモンの新作『Be』などと同列で語られるべき、このソウルフルな快作で〈Jリーグ・バブル〉の一端を担うことになった。それにしてもJリーグは層が厚いな。なんだか最盛期のジュース・クルーみたいだぞ!(森)

THE FOREIGN EXCHANGE
ネットの掲示板で知り合った他人同士(ラッパーとプロデューサー)がメッセンジャーで〈あーでもねえこーでもねえ〉とやり取りしながら作り上げたのが、フォーリン・エクスチェンジのデビュー・アルバム『Connected』だった。先頃そのインスト盤がリリースされたわけだが、それもオランダ在住の新鋭トラックメイカー=ニコレイの素晴らしい楽曲制作手腕があってこそのものだ。もちろん、その相方であるフォンテ(リトル・ブラザー)のラップだって素晴らしいわけだけど。ソウルフルなサウンドにちょっぴりエレクトロニカ風味を混ぜ込んだようなニコレイのプロダクションは、浮遊感と清浄なヴァイブレーションに満ち溢れており、まるで靄がかった早朝の空気の中で若い男女がキスしているような光景をイメージさせる。『Connected』の完成がその後のJリーグ・バブルに拍車を掛けたといっても過言ではないだろう。ニコレイは初のソロ作もリリース予定!(森)

LITTLE BROTHER
LITTLE BROTHER The Listening ABB(2002) レガシーらJリーグの仲間たちも引き連れたファースト・アルバム。ピート・ロックのお株を奪うかのようなソウルフルなトラックを披露し、9thワンダーの名を一気に広めた名作。ステレオラブにまで至るネタ選びの妙も話題になりました。どの曲にかぶりついてもJビーフばりの旨味が滲み出てくるのです。(数)

RAPPER BIG POOH Sleepers 6 Hole(2005) LBのストライカー、プーさんの初ソロ・アルバム。シングル“The Strongest Man”を手掛けた9thワンダーはもちろん、クライシスやニコレイなど近しい面々がビートを提供し、フォンテやメディアンらJリーガーに加えてマースも登場。躍動感がゴール前でタイトに炸裂する逸品です。(数)

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る