こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第43回 ─ 『Def Jamaica』に象徴されるレゲエとヒップホップのちょっとイイ仲

第43回 ─ 『Def Jamaica』に象徴されるレゲエとヒップホップのちょっとイイ仲(2)

連載
360°
公開
2004/02/19   11:00
更新
2004/02/19   18:08
ソース
『bounce』 248号(2003/10/25)
テキスト
文/大石 始、出嶌 孝次

てなわけで、レゲエとヒップホップの強烈なコンビネーション・プレイ!! 『Def Jamaica』登場!!

『Def Jamaica』なんて冗談みたいなタイトルだけど、要はデフ・ジャム所属アーティストとレゲエ・アーティストによる共演作品ということで、まあ説明不要のタイトルですな。ブジュ・バントン×キャムロン、DMX×ショーン・ポール&レクサス、タント・メトロ&デヴォンテ×ジョー・バドゥン、スカーフェイス&ノキオ(ドゥルー・ヒル)×T.O.K.……とこれだけでも凄いけど、加えてゴーストフェイス・キラー×エレファント・マンがネバネバした汗をまき散らすギャル・チューンや、CNN×ウェイン・ワンダー&レクサスがスムースに絡み合う先行シングル“Anything Goes”(日本盤ボーナス・トラックにはS-WORDも参戦!!)などが次々とブチこまれていたりで、これまたメンツのほうも冗談みたいな感じ。また、トニー・ケリーやデイヴ・ケリー、ドノヴァン“ヴェンデッタ”ベネット、レンキーといったレゲエ陣が各曲のプロデュースを手掛けていて、トラックはおしなべてダンスホール色強め。つまり、ヒップホップ/R&B陣営がスカスカ&ブリブリなダンスホール・リディムをいかに乗りこなすか?という楽しみもあったりするわけです。というわけで、上記の名前の羅列にピンとこなかったとしても、レゲエ&ヒップホップが絶妙なサジ加減で混合されたこの作品を楽しむことは十分できるはず!!(編集部)

▼『Def Jamaica』に参加したアーティストの作品を一部紹介。

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る