こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

NEWS & COLUMN ニュース/記事

第15回 ─ マヌーシュ・スウィング

麗しきマヌーシュ・スウィングの名盤選! その2

連載
Discographic  
公開
2003/06/12   16:00
更新
2003/06/12   17:45
ソース
『bounce』 243号(2003/5/25)
テキスト
文/田辺有朋、牧野孝彦、吉村 健、乱いっけい


ROMANE & STOCHELO ROSENBERG 『Elegance』 Iris(2001)
現役マヌーシュ・スウィングの双璧、ロマーヌとストーシェロ・ローゼンバーグの共演作。ベースを加えたトリオ編成で、瑞々しくもスリリングなサウンドを展開。2人のオリジナル曲を中心に、伝統的ながらノスタルジック過ぎない、新鮮なマヌーシュ・スウィングを聴かせる。(田辺)

BIRELI LAGRENE 『Gypsy Project』 Dreyfus(2002)
ジャンゴの精神を現代に受け継ぐギタリスト、ビレリ・ラグレーンが自己のルーツに回帰した〈ジプシー・プロジェクト〉での作品。抜群のテクニックをもって繰り広げられるジャンゴ直系のプレイは圧巻。天才ギタリストの本領発揮。(吉村)

MARK O'CONNOR'S HOT SWING TRIO 『In Full Swing』 Odyssey(2003)
ブルーグラスを出発点としながらも幅広い音楽性を備えたフィドル奏者、マーク・オコナー。そんな彼もこの最新作でウィントン・マルサリス、ジェーン・モンハイトら一流のジャズ・ミュージシャンを招いてスウィングを取り上げた。現代的スピード感を加えたスリリングなプレイは圧巻! (牧野)

DAVE BILLER 『LeRoy's Swing』 Buffalo(2003)
テキサス・オースティンのキーマン、デイヴ・ビラー。当地随一の腕前を誇る彼のギターは、初期のジャズにあったリズムと旋律を抽出し、アメリカン・ルーツという観点からジャンゴへの愛情を表したものだ。(牧野)

THE ROSENBERG TRIO 『Gypsy Swing』 Verve(2002)
ジャンゴの遠戚にして優れたギタリストを多く輩出してきたローゼンバーグ家の家族バンド、ローゼンバーグ・トリオ。最高のテクニックでバリバリ紡ぎ出される 旋律は快感の一言。(田辺)

MARTIN TAYLOR 『Martin Taylor's Spirit Of Django ~Gypsy』 LINN(1998)
いまや売れっ子ギタリストである英国の名手マーティン・テイラーが、本格的にマヌーシュ・スウィングに挑戦したプロジェクト、スピリット・オブ・ジャンゴ。オーソドックスなジャンゴ・スタイルに準じつつ、アコーディオン、サックスを交えたアンサンブルがいい感じ。(田辺)

記事ナビ

NEWS & COLUMNニュース/記事

  • ニュース
  • 連載/コラム
  • メイキングレポート

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る