こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

インタビュー

チャットモンチ―『共鳴』

カテゴリ : COVER ARTIST

掲載: 2015年05月10日 00:00

ソース: 2015/5/10

TEXT:本間夕子

          

midashi31-2

デビュー10周年のアニバーサリーイヤーに突入したチャットモンチーが放つ会心の一撃! 2年7ヵ月ぶりにして通算6作目、そして新体制で臨んだ初のオリジナルフルアルバム『共鳴』。5月13日にリリースされるこの唯一無二の音楽を紐解きながら、日々更新の勢いで加速度的に進化する彼女たちの今とその充実に触れてみたい。

やりたいことはなんでもやってみようって。そういう自由な雰囲気の中で作れていたから、このアルバムも伸び伸びしてる

言葉としては矛盾するが、これほどに力みを感じさせない力作もない。これからがあまりに楽しみに過ぎるため、あえて<現時点で>と前置くことにするが、これはもう最高傑作と言っていいだろう。アルバムをリリースする毎に彼女たちの音楽に向かうアプローチは自由度を増してきたが、自由度という言葉さえ不自由に感じてしまうくらい、今作は軽やかだ。

福岡晃子:実際に曲を録り始めたのは去年の6月頃やけど、曲作り自体はもう少し前からやってたから、1年近くかけてるんですよ。普通、アルバムを作るとなったら、スケジュール的にもっとギュッとするんですけど、今回はアルバムを作っているというより、やりたい曲をその時その時に仕上げていくみたいな感覚で、いろんなことを考えながらやれたのが大きいかも

橋本絵莉子:やりたいことはなんでもやってみようって試しながら。今思うと、自由な雰囲気の中で作れていたから、このアルバムも伸び伸びしてるんやなって。だけど今年に入ってからの後半の畳み掛けはすごかったね。いつまでに録らなきゃっていう目標が見えてるのに、まだ<この音はどうだろう?>って粘って絞り出すあの感じは

今回、もっとも特徴的なのは、楽曲に対して可変的なメンバー編成。昨夏の活動再開以降、リリースされた2枚のシングルですでにご存知の男陣(サポート・メンバーに恒岡章[Dr.:Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE]、下村亮介[Key.& G.:the chef cooks me]を迎えた男女混成)、乙女団(サポート・メンバーに世武裕子[Piano, Synthesizer]、北野愛子[Dr.:DQS, nelca / ex. your gold, my pink]を迎えたオール女性)による両極の4人編成を筆頭に、ふたりと恒岡の3ピース編成、ふたりだけの2ピース編成と、実に4形態にも及び、そしてどれもが<この曲にはこの編成でなければ>と頷かせる説得力を持っている。しかも、これだけバラエティに富みながらチャットモンチーという軸がまったくブレていないのだ。



chat1



福岡「それは最初に男陣と曲を作り始めたときに学びましたね。ただ一緒にやってるだけではサポートがいる意味はないんだって気づかされて。私たちふたりがチャットモンチーとしてどうしたいのか示さないと先に進まないっていう経験が初めてだったんですよ。そういう意味ではすごく頭を使いました。そうか、今まで肉体派だったんやなって(笑)」

橋本そうだね(笑)。今まではただ弾いていたらよかったけど、今回は引き算だけでは済まされないというか、<音を扱う>っていう感覚がすごくありました。この音の扱いは慎重にやらないと、みたいなのが。でも、いっぱい頭は使ったけどよかったです。面白かった

結果、新たな試みがたっぷり詰め込まれた12曲が生まれた。生命力に溢れたチャットモンチー流応援歌“きみがその気なら”に始まり、エレクトロ全開の衝撃ラップチューン“ぜんぶカン”、タイトルからしてキャッチーな“楽園天国”はロカビリーサウンドに乗せて死後の世界をハッピーに歌い上げ、キラキラと壮大な“最後の果実”では<目指せ! 昭和のアイドル>を朗々やってのけるなど想像をあっさり超えて上をゆく、その音楽的進化に目をみはらずにはいられない。メンバー以外で初めて作詞を手がけた直木賞作家の西加奈子氏“例えば、”も歌詞先行で曲を作るチャットモンチーであればこそ画期的な1曲だろう。もちろん、ふたりが各々に綴るセンテンスのひとつ一つにもいちいちハッとさせられる。前述した“ぜんぶカン”に発揮された橋本の押韻センスなどその最たるものだろう。

福岡「韻っていうかもう、なんかすごいのきた!って感じ(笑)」

橋本「<ぜんぶ勘><ちょっと運><それと円>ってなんだか為替の歌みたい(笑)。でも<ぜんぶ勘>は言いたくて、そこから韻を踏みだしたらそうなったっていう」

たくさんの人たちや音楽と向き合い、共鳴し合ってできたアルバムだから『共鳴』。この秋、デビュー10周年を迎えるチャットモンチーが鳴らすその音色は大きな輪となってどこまでも広がって、聴く者に新鮮な風景を見せ続けてくれるに違いない。

■Album…『共鳴』……5/13 on sale!!

■Songlist

01. きみがその気なら

02. こころとあたま

03. ぜんぶカン

04. 隣の女

05. 毒の花

06. 私が証

07. 楽園天国

08. 最後の果実

09. 例えば、

10. いたちごっこ

11. ときめき

12. ドライブ

【初回生産限定盤DVD】

『共鳴なう』

01. こころとあたま

02. いたちごっこ

03. ときめき

04. 隣の女

特典映像

05. 男女六人ないものねだり~『共鳴』完成パーティー~
tower31mini
記事内容:TOWER+ 2015/5/10号より掲載

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!