こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

INTERVIEW(2)――自分の素直な気持ち

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2011年02月23日 18:01

インタヴュー・文/柴 那典

 

自分の素直な気持ち

 

――この曲の歌詞を書くのは難航したということですけれど。まず、もともと歌詞には苦労するほうだったんでしょうか?

蒼山「それまでは、そんなに苦労したことはなかったですね。オケを作ってる段階でメロディーも出てきて、その時に言葉もいっしょに浮かんでくるという作り方だったんで、そこまで悩んだことってなかったんです。でも“カロン”で初めて悩みました」

――それまでみたいにイメージを膨らませるような言葉を並べるだけじゃなくて、どうすれば伝わるかということを意識したことで、歌詞の書き方が変わったんじゃないか、と。

蒼山「そうですね。いつもだったらオケを聴くと歌詞のイメージが湧くんですけど、オケ自体が新しいこともあって湧きづらいというのもあったし。あと、その時はプロデューサーのいしわたり淳治さんと作業をしていて。いしわたりさんには〈いろんな人に聴いてもらうためには、わかりやすい言葉を使ったり、物語にしたりして、みんなが想像しやすいようにしたらいいんじゃないか〉という提案をもらったんです。いろんなヒントもくれて、それによって自分の幅が広がったとは思ったんですけど、でもやっぱり自分の表現したい言葉はそうじゃなかった。そこでの意思の疎通が上手くいかなかったというのもあったし。気負っちゃってたんですよね。これでデビューするんだっていうことがあったから、〈上手く書かなきゃ〉っていう気持ちがあって」

――なるほどね。

蒼山「で、結局レコーディングの日になって。時間がなくなって、またミーティングになったんです。みんなはずっと待ってる状態だったから〈書きたいのを書けばいいんじゃないか〉って話になって。実際、歌詞はもう書いていたんですよ。いろんなパターンはあったんです。自分が納得いってなかっただけで。でももう時間もギリギリだから、それでいくかもしれないって状況まで追い詰められて。そこで初めて〈自分の素直な気持ちを書くしかない〉って思ったんです。曝け出すしかないなって。単語とか情景とか、上手く書こうとか、そんなこと言ってられない。下手くそでもいいから、自分の素直な気持ちを書こうって。そう思ったらすごくスッキリして。次の日の朝、スタジオに向かう電車のなかで歌詞が書けたんです」

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!