こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

INTERVIEW(3)――説明しきれないような曲

カテゴリ : .com FLASH!

掲載: 2010年09月29日 18:00

更新: 2010年09月29日 19:33

インタヴュー・文/柴 那典

 

説明しきれないような曲

 

Яyo_A

 

――今回のシングルについても訊いていければと思うんですけれども。まず今回の“イノチノキ”という曲はどういうイメージから作っていったんでしょうか?

「前回のシングルの“COLOR”と同じ時期にデモは出来ていました。これはいい曲だから一度録っておこうということになって。そのときは普通のバラードだったんです。ヘヴィーなリフもなければ打ち込みも入っていないような。それから夏のツアー中にギターとドラムが中心となってアレンジを重ねて、いまのダンス・テイストも入ったりして。そういうふうにして出来ていきましたね」

――前のシングルの“COLOR”もこの曲も歌のメロディーが強く前面に出ている印象もありますけれども。そういう意識はありました?

左迅「ありましたね。“COLOR”の時からそういう方向に持って行こうという話をしていたんです。いつもよりキーを下げて歌のニュアンスで曲を聴かせるというのを挑戦していこうと。カラオケで自分の得意な曲を歌ったりして、自分のニュアンスを研究したりしての曲作りだったんで。歌ですべてを持っていくという意識は重要でしたね」

――ちなみにカラオケではどんな曲を歌ったりしたんですか?

左迅「中学の頃から聴いてたJ-Popを歌ったりしましたね。いままでは限界ギリギリのキーで歌っていたりしたんですけど、それをちょっと下げて、歌の色気を出していこうということになって。“COLOR”と“イノチノキ”にはそういう歌い方の変化があるんです」

――この“イノチノキ”は、ポップさとセンティメンタルさと激しさを、上手く足して割っている感じですね。最初はバラードだったところにいろんな要素が入っていったというのも、〈ギルガメッシュらしさ〉の現れだったんでしょうか?

「そうですね。プログラミングもあるし、ディスコ・ビートもあるし、でも歌で引っ張っている曲でもある。僕ら自身も出来上がった曲を説明しきれないような曲になったんで。バラードでもダンス・チューンでもない。これがギルガメッシュです、と言えるくらい僕らの持ち味を出した曲にはなったと思います。紹介しづらいですけどね(笑)」

インタヴュー(4)へ

 

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!