こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

...and the beat goes on! これぞハウス・ネイション!? この秋のスタイリッシュな定盤を一気に大紹介!! その5

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2007年09月27日 02:00

更新: 2007年09月27日 17:31

ソース: 『bounce』 291号(2007/9/25)

文/大原 かおり、出嶌 孝次

FreeTEMPO 『SOUNDS』 ClearSound(2007)
この界隈のオリジネイターが、別掲のミニ・アルバム『HARMONY』からおよそ半年で発表した2枚目のフル・アルバム。いつもの美メロ天国をbirdやarvin homa ayaらと展開していて、その心地良さはもうスタンダード! paris matchのミズノマリを迎えた初の日本語詞曲が新鮮です。
(出嶌)

arvin homa aya 『Amazing』 GATE(2006)
Reggae Disco RockersやJazztronik、KENTARO TAKIZAWA、DAISHI DANCEらの楽曲で重宝されてきたシンガーの2作目。STUDIO APARTMENTや福富幸宏らが関与し、ロックやR&B調も含むヴァーサタイルな内容です。
(大原)

MAKAI 『Stay True』 GATE(2007)
問答無用の“Sunrise”を収録したヒット作です。arvin homa aya、有坂美香、井出麻理子らの歌唱と、オシャレな前作『Frontier』をさらにグレードアップしたピアノ・ハウスの出会いに心が躍らされること必至! MAKAIの手捌きはdorlisやLISAの諸作でも楽しめますよ~。
(大原)

Jazztronik 『Grand Blue』 KnifeEdge/ポニーキャニオン(2007)
広義の和製クロスオーヴァー~ハウス界隈の活況を生む原動力となったのはやはり彼の活躍でしょう。そんな先駆者らしく、大貫妙子や今井美樹も迎えた本作ではポップス方面への横断も図っています。
(出嶌)

ROCKETMAN 『THE SOUND OF MUSIQUE』 sunset/コロムビア(2007)
KARINやeicoらを迎え、ボサノヴァやエレポップをスパイスに加えた爽快な〈サンセット・ハウス〉作品。ジャクソン・シスターズをネタ使いしたディスコな“FLY AWAY”など、あっけらかんとしたポップさが痛快なのです。
(出嶌)

『Lovebeat Disney』 Walt Disney/avex trax(2007)
メロディーのしっかりしたディズニー・ソングは、パンク以上に爽快なハウス~ブレイクビーツと相性抜群!ってことで、CargoやA Hundred Birds、中塚武、Q;indiviらの職人がLoveをbeatさせまくったウキウキの一枚です。
(大原)

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!