こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

インタビュー

Lamp(2)

カテゴリ : インタビューファイル

掲載: 2005年05月26日 15:00

更新: 2005年05月26日 20:32

ソース: 『bounce』 265号(2005/5/25)

――ネガティヴな発言が続くので、作品自体の話をしましょう(笑)。前作でも思ったんですけど、新作では2人のヴォーカルがさらに安定していると感じたんですよね。特にコーラスの高音部分なんか前作と比較してよく出ていると感じました。

永井 「技術的な面での向上もあると思うんですけど、コーラスのコツみたいなものをつかんだと思っているんです。これまでは自分の中にある理想になかなか近づけなかったけど、“夜風”の最後とかは満足できる内容で」。

――コーラスのバリエーションも増えましたよね。これまでは一つのラインに沿うようにコーラスが付くというパターンが多かったけど、新作ではスキャットっぽいものが増えたし。

永井 「多分、自分たちが思っているほどコーラスって注目されないんですよ。『このバンドコーラスがいいよね』って話はあまり聞かないし。だから、こんなにコーラスを真面目にやっているバンドは他にいないんじゃないかと思っているんですけど(笑)」。

榊原 「コーラスは録ってて楽しかった。凄くいいものができたと思うからその辺に注目して聴いて欲しいですね」。

――コーラスのバリエーションもそうだけど、1つの曲の中で音と音の重なりのグラデーションが凄い細かくなってきていますよね。ある楽器が入ってから出るまでの時間が短くなって、その細かい重なりで曲が出来ている感じがして。

染谷 「“紙魚だらけの唄”なんかは結構そういうつもりで作りました。あとは“夜風”のBメロとか。前作と同じことをやってもしょうがないし、挑戦してみようかと思って」。

――Lampってバンドというよりもプロデューサー・チームみたいなところがあるじゃないですか。別の人の演奏が良かったら別に自分が楽器を弾く必要はないと思っているところがある。その傾向がより強くなっているんじゃないかと思ったんです。曲に対して一歩引いているところがあるというか。

染谷 「そうですね。例えば自分のギタープレイをどう出したいとか、そういったプレイヤーとしての欲求は僕らにはなくて。一番重要なのはとにかく曲なんです。特にこのアルバムの制作時には、『自分たちの曲を世の中に出すときに、一番いい状態に仕上がるにはどうしたらいいのか』ということで全てが動いていたような気がします」。

――アルバムは音が厚いけど、音を抜こうという気持ちにはならないんですか? それぞれのメンバーが好きな作品でも音数が少ないものってあると思うんですけれど。

染谷 「僕らの音楽が、アコースティック・ギターとヴォーカルだけとか、そういうシンプルな音楽と同じことをして勝負ができると思っていないんですよ。歌の技術が特別高いというわけでもないし。どっちかというと、普通じゃないものを作って、その違和感を自分たちらしさにしたい」。

榊原 「演奏している人の人生観みたいなものが見えてくるとシンプルでも響いてくるけど、私たちみたいな若いミュージシャンがシンプルなものを作ってもピンとこないんじゃないかと思うんです」。

――そういう〈いい音楽を作ること〉に対するストイックな姿勢って、そのままLampというバンドが持っている〈音楽に対する誠実さ〉の表れなんじゃないかと思います。そこまで音楽に対してストイックであることの根源はどこにあると思っていますか?

染谷 「どこかにあるものを僕らがやる必要はないと思っているんです。もっと言えば、自分がいいと思っていることでも、誰かにやられたらもうやりたくない。僕らはよく70年代の日本のアーティストを引き合いにだして『~っぽい』と言われることがあるんですけど、Lampと同じような音楽をやっている人は今も昔もいないという自信はあるんです。他のミュージシャンに対して、僕らのセンスとか、音楽に対する姿勢なんかを提供したいという気持ちもあります。頑固な人間なんですよね。自分でもそれは思っています(笑)」。

永井 「もちろん70年代の音楽に好きなサウンドや音色があったりするんですけど、70年代っぽい曲を作ろうとして作ったものはないですね」。

――じゃあ最後に、『木洩陽通りにて』はLampにとってどういう位置のアルバムだと思いますか。

染谷 「本当にまだできたばっかりで客観的になれないところがあるんですけど、Lampとしてこだわりたかった部分。曲のコード進行とか、雰囲気なんかは確実にどれもやりたいことが出せていると思います。音楽を聴いた時に浮かぶ景色のようなものは、前作とも違うし、ほかの誰とも違うものを出せているという自信はありますね」。

▼Lampの過去作を紹介

特集

  • タワレコTV - TOWER RECORDS TV 2017/05/01 世界最大の360°エンターテインメント・ストア、タワーレコード渋谷店が発信する音楽ストリーミング・メディア<タワレコTV>、絶賛配信中!
  • LIVE! TOWER RECORDS TOPICS 2018/03/09 タワーレコードが企画するライブ情報はコチラ!!
  • Mikiki - music review site 2014/07/07 もっと聴きたい、知りたい、楽しみたい人のためのミュージック・レヴュー・サイト〈Mikiki〉、絶賛更新中!