こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Valerie Joyce(ヴァレリー・ジョイス)|デビュー作『New York Blue』(2005年)がアビーロードスタジオ、ハーフ・スピード・マスタリング180g限定アナログで登場

タグ : ジャズ復刻&発掘 リイシュー リマスター

掲載: 2021年02月25日 17:05

Valerie Joyce(ヴァレリー・ジョイス)『New York Blue』

ヴォーカル&オーディオファン注目!!エンジニア、マイルス・ショウェルによるアビーロードスタジオ、ハーフ・スピード・マスタリング180g限定アナログ。

ヴォーカリストのヴァレリー・ジョイスは2005年チェスキー・レコードからデビュー作「New York Blue」をリリース。この作品はジャズ、スタンダード、ポップスなどの名曲を集めたもので、彼女の独特のスモーキーなヴォーカル・サウンドを披露。プロデューサーのデヴィッド・チェスキーは、"ヴァレリーは音楽に対する素晴らしいフィーリングを持っており、今まで聞いた中で最もユニークな歌声を持っている "と語っています。

ピアニストのアンディ・エズリンは、コール・ポーターやロジャース&ハート、マイルス・デイヴィス、ビートルズなどの曲を含むアレンジをヴァレリーと一緒に担当。このアルバムでは、サックスのローレンス・フェルドマン、ベースのユージン・ジャクソンとティム・ルフェーヴルが交代で参加しており、チェスキーならではのピュア・ライブ録音となっている。

輸入盤LP


【収録曲】
A1.It Never Entered My Mind
A2.Darn That Dream
A3.Fever
A4.Moon And Sand
A5.Golden Slumbers
A6.Oasis
B1.Baby Can I Hold You
B2.Little Wing
B3.Weaver Of Dreams
B4.I Fall In Love Too Easily
B5.Blue In Green
B6.Everytime We Say Goodbye

【メンバー】
Valerie Joyce(vo)
Andy Ezrin(p)
John hebert(b)
Tim lefevre(b)
Eugene Jackson(ds)
Lawrence Feldman(as,ts)