こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

リンドベルイ&ノールショピング響によるアラン・ペッテションの交響曲シリーズ最新作!交響曲第12番“広場の死者”(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2020年11月24日 00:00

アラン・ペッテション

ノーベル文学賞を受賞した
パブロ・ネルーダの詩にのせた
ペッテションの交響曲第12番「広場の死者」!

クリスチャン・リンドベルイがノールショピング交響楽団と録音を続けている現代スウェーデンの作曲家アラン・ペッテションの交響曲シリーズ。
当ディスクには交響曲第12番「広場の死者」を収録しております。この作品はパブロ・ネルーダ詩に基づく合唱を伴う交響曲です。
ネルーダはチリの詩人、外交官、政治家。彼の詩と政治的行動の両方において、貧困層、抑圧された人々を突き動かす非常に影響力のある人物でした。1971年にノーベル文学賞を受賞しています。
恵まれない人々への同情とともにペッテションがもつ暗黒で暴力的なパッセージが随所にあらわれますが、この作品でも一方で澄みきった弦の響きや天国を夢見ているかのような美しい旋律も印象的です。強烈なインパクトの中に祈りも感じられる唯一無二の世界が広がります。
(キングインターナショナル)

【曲目】
アラン・ペッテション(1911-1980): 交響曲第12番「広場の死者」(詩:パブロ・ネルーダ)

【演奏】
クリスチャン・リンドベルイ(指揮)
ノールショピング交響楽団
エリク・エリクソン室内合唱団
スウェーデン放送合唱団

【録音】
2019年3月&2020年1月(セッション録音)
ルイス・デ・ギア・コンサートホール(ノールショピング)