こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Placebo(プラシーボ)|鬼才マーク・ムーラン率いる伝説のプログレッシヴ・ジャズバンドの発掘ライヴ音源、国内盤LPリイシュー他が登場

タグ : ジャズ復刻&発掘

掲載: 2020年06月19日 16:53

更新: 2020年06月22日 16:00

Placebo (Marc Moulin)

マーク・ムーランが率いたベルギーの伝説的プログレッシヴ・ジャズバンド=プラシーボの発掘・秘蔵ライヴ音源や、71年にリリースした衝撃のデビュー作『Ball Of Eyes』の帯付きLPリイシュー、プラシーボの頭脳=マーク・ムーランが75年にリリースしたソロ・アルバム『Sam' Suffy』国内盤LPリイシュー等が続々と登場!

 

『ジャズ・イン・ベルギー:スリー・デイズ・イン・エイプリル(サディ・カルテット/ルネ・トーマ・トリオ)』

プラシーボをはじめ、70年代ヨーロピアン・ジャズの歴史的瞬間が収められた驚愕の1枚!1973年に放映された当時のベルギー・ジャズ・シーンの盛り上がりを伝える番組で披露された秘蔵ライヴ音源アルバムがリリース!プラシーボによる音源に加え、サヒブ・シハブやケニー・クラーク~フランシー・ボラン・ビッグ・バンドへの参加でもしられるファッツ・サディ率いるカルテット、またヨーロッパ最高のジャズギタリストと称されるルネ・トーマのトリオ編成によるライヴ音源を収録!

 

『ライヴ1971』

プラシーボ世紀の発掘ライヴ音源をまさかの日本限定CD化!臨場感溢れる極上のパフォーマンスはスタジオ盤音源にも勝るとも劣らない究極の1枚だ!世界三大ジャズ・フェスティバルのひとつ<モントルー・ジャズ・フェスティバル>開催中の1971年6月17日に<カジノ・クアザール>で行ったライヴ音源が遂にCD化!ファースト・アルバム『Ball Of Eyes』に収録の「Showbiz Suite」が収められた1枚で、7分半程度のオリジナルを時に静かに、時に荒々しく、26分を超える大作へと発展させたマーク・ムーランの鬼才っぷりが存分に発揮されたそのサウンドは壮観の一言!

 

『ライヴ・イン・ブリュッセル』

驚愕の秘蔵音源!プラシーボが1973年に放映されたベルギー・ジャズ・シーン特集で披露した極上のライヴ音源がヴァイナルでリリース!ベルギーのジャズに関するドキュメンタリー番組<Three Days In April>に記録されているライヴ音源で、ファースト・アルバム『Ball Of Eyes』からは「Planes」と「Showbiz Suite」を、そしてセカンド・アルバム『1973』からは「Only Nineteen」を披露!ここにレアグルーヴ~ジャズ・ロック・シーンに刻まれる名作が誕生した!

 

『ボール・オブ・アイズ』

プラシーボが1971年にリリースしたデビュー作にしてレアグルーヴ・シーンに燦然と輝く金字塔アルバム『Ball Of Eyes』が帯付きでLPリイシュー!漆黒のグルーヴとヨーロピアン・ジャズの洗練されたクールさを併せ持つ奇跡のバンド!マーヴィン・ゲイの名曲をクールなジャズ・ファンクに再構築した「Inner City Blues」、ヒップホップ・シーンが誇るカリスマ、故J・ディラがサンプリングしたことでも有名な「Humpty Dumpty」、プログレッシヴ・ジャズの素晴らしき極地を見せつけてくれる「Aria」など全編にわたり非の打ちどころのない完璧な内容!ジャズ、ファンク、ロック~ヒップホップ、クラブ・ミュージックまでをつなぐ究極の1枚!

 

『サム・サフィー』

プラシーボの頭脳として知られる鬼才マーク・ムーランが、そのプラシーボのメンバーを率いて1975年にリリースしたソロ・アルバム『Sam' Suffy』が国内盤LPとして遂にリイシュー!ジャイルス・ピーターソンがプレイしたことにより、世界中のコレクター達が血眼になって探し続ける激レア盤にしてプログレッシヴ・ジャズの一つの最終形が表現された1枚。プラシーボ・サウンドをさらに発展・深化させた作品で、後のテクノ~アブストラクト・ヒップホップそしてフューチャー・ジャズまで幅広く影響を与えたコズミックでアシッドなサウンドは聴く者全てを異次元の空間に引きずり込む!