こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

旧東ドイツ放送局より“フルトヴェングラー生誕80年記念”として放送されたブルックナーの第9登場!

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ANTON BRUCKNER

掲載: 2020年05月21日 00:00

フルトヴェングラーのブルックナー第9

稀少! 旧東ドイツ放送局(Deutschlandsender DDR)より
“フルトヴェングラー生誕80年記念”として放送された
ブルックナーの第9登場!

制作者より
フルトヴェングラーが振ったブルックナーの交響曲第9番は、1944年10月に演奏されたベルリン・フィルとのものが唯一知られています。今回、当CDで復刻に使用したテープは1966年1月25日、旧東ドイツ放送局(Deutschlandsender DDR)より“フルトヴェングラー生誕80年記念”として放送されたものを使用しています(アナウンス付き)。伝えられるところによりますと、当時西ベルリン在住だった人物が旧東ドイツ放送局に出向き、その場でテープ(2トラック、19センチ、オープンリール)にコピーし、持ち帰ったそうです。演奏内容については、今さら繰り返すまでもありませんが、放送された当時、どれだけの数の人がラジオに耳を傾け、そして、どんな気持で聴いていたのか、それらを想像しただけでもワクワクしてきます。また、既存盤と比較すると、中低域のしっかりした、雰囲気の豊かな音場で再現されるのも魅力です。いずれにせよ、フルトヴェングラー・コレクターにとっては見逃せない珍品と言えるでしょう。(平林直哉)

“フルトヴェングラー生誕80年記念放送”(旧東ドイツ放送局、1966年1月25日)
ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調(原典版)
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1944年10月7日/ベルリン、ベートーヴェンザール
使用音源: Private archive(2トラック、19センチ、オープンリール・テープ)
録音方式:モノラル(放送用録音)